宮城県牡鹿郡女川町からのブログ記事
出島大橋着工式(その2)
3/22の出島大橋着工式の追加画像です(宍戸さん本当にありがとうございました)。まさしく数十年ずうっと思い続けていた「宿願」だと思います。福島の原発被害含めて余り当事者意識のない、そして被災地の状況を全く理解していないたような復興大臣などの無責任なコメントは無視して被災地は被災地で頑張りましょう、みんな応援してます!
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島架橋事業 着工式
3/22に出島架橋事業の尾浦側着工式が行われました。架橋事業は着々と進んでいます。東京オリンピック2年後の2022年完成予定です。女川町建設課・宍戸氏提供の概要説明資料を紹介。
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
また311を迎えて改めて思うこと
本日はチョット仰々しいタイトルと画像ですが、東日本大震災だけではなくそれ以降世界各国で多発している自然災害に対して、それら災害を単発的に捉えるのではなく継続的に忘れなく「自然災害は人類は逆らえないので、そう言う状況を常に想定した準備が必要なのと継続的に支援する必要があると思います。その支援の仕方は時の流れと共に変わってきてます。被災地の方々の現時点で必要な支援と被災地以外からの支援者の…何...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島架橋プロジェクト推進〜女川町が宮城県に整備委託?
具体的に何がどう変わるのか分かりませんが、2月3日付け河北新報記事より、「宮城県女川町の離島・出島(いずしま)と本土を結ぶ出島架橋について、事業主体の町が架橋本体の整備を県に委託し、県が2017年度に詳細設計と建設工事を一括発注することが3日分かった。事業のスピードアップと経費節減を図る。架橋本体の建設費は約55億円と見込まれ、22年度内の開通を図る。県は17年度一般会計当初予算案に関連経...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【臨学舎】地元の高校生が「先生」デビュー
1月15日まで続いた、長い長い大槌町の冬休み。学校がお休みの間、臨学舎の朝は早くから始まります。朝8時。中学生より一足先に校舎にやってくるのは、たくさんの小学生。「...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【臨学舎】地元の高校生が「先生」デビュー
1月15日まで続いた、長い長い大槌町の冬休み。学校がお休みの間、臨学舎の朝は早くから始まります。朝8時。中学生より一足先に校舎にやってくるのは、たくさんの小学生。「...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】東北の高校生が熊本の中高生に伝えたかったこと~交流イベントin益城町テクノ仮設団地~
昨年末の12月29日に、益城町のテクノ仮設団地にて中高生による交流イベントを開催しました。東日本大震災を経験した東北の高校生たちの「熊本の中高生たちに会って交流したい」...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
世界で1つだけの「鳥」を描く!? 2017年の目標は・・
2017年を迎え、向学館でも新年最初の授業がスタートしました。「あけましておめでとう」「冬休みの宿題終わった?」「お年玉もらえた?」子どもたちの元気な声とともに授...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【レポート】「3.11を学びに変える旅」〜立命館高等学校の場合〜
はじめまして。現在NPOカタリバでインターンシップをしている高橋奎(けい)と申します。今回は、2016年12月22日に行った「3.11を学びに変える旅」に参加した立命館高...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
臨学舎1期生の成人式
2017年、あけましておめでとうございます。年が明けた1月4日、大槌臨学舎では毎年恒例となった、小鎚神社への初詣に行ってまいりました。小鎚神社の隣にあるのが、「上町ふ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
実践型
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
負けないで - Never Lose! by ZARD
もう本当に年の瀬も押し迫っていますが、自分も日常の慌しさに謀殺されつつも、最近またある曲に遭遇。タイトルが「負けないで」皆さんもご存知のZARDの曲です。東日本大震災直後に自分がまず被災地に届けたいと思ったメッセ―ジに近いものでしたが、その後悲惨な被災状況を目にする毎に躊躇。そのタイトルは自分にとっても心当たりがあり、今になって冷静に振り返ってみると、島を離れて生活するようになってからは常...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川の課題を解決!?女川の大人とプログラミング講座
12月9日・16日、奈良女子大学附属中等教育学校のご協力をいただきながら、ロボットを動かすプログラミング講座を実施しました!この講座での子どもたちのミッションは、女川の...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「震災があったから」そんな思いを子どもたちに抱かせたくない〜益城町立木山中学校・永瀨善久校長のお話〜
カタリバが自習支援を行っている益城町立木山中学校の永瀨善久校長に、地震発生当時から現在の子どもたちの様子についてお話を伺いました。2016年4月14日の余震と16日の本...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
大槌臨学舎開校5周年を迎えて
2011年12月13日。大槌臨学舎の全てはこの日からはじまりました。ちょうど今のように、寒さが身にしみて感じられる冬の日。コラボ・スクール大槌臨学舎は開校しました。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島ブログほぼ復旧しました
先日お知らせしましたが、何とか出島ブログほぼ復旧しました(9割方)。基本デザインは直ぐ直した(若干構成、見栄えも変更)んですが、細かな部分も色々とありまして、余り気づかない方もいたかもしれませんが、チョット時間掛かってしまいました。特に震災直後の投稿記事の数及び一工夫していたコマンド等もあり。。。 ところで、改めて修復作業中当時の皆様からのブログへの色々なご支援・応援のコメント記事を読ま...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
被災地の教育現場シリーズ2「3.11を無駄にしない」~私を突き動かす想い~
今回は女川町で長く教員として活躍されてきた佐藤敏郎先生から見た女川町の今をお伝えします。以前連載し、反響の大きかった「被災地の教育現場シリーズ」の第2弾として、今後定期的...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
仮設団地での夜間学習会を開始しました!
熊本・益城町から芳岡がレポートします。■益城町では8月から仮設住宅への入居が始まり、10月末日で町内すべての避難所が閉鎖されました。仮設住宅は1DK(20㎡)・2D...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島架橋関連陳情
本ホームページの基本的デザインが何の前触れもなく突然変更となったみたいで、何とか以前の状態に近づけるべく格闘中です。。。まさかハッカーではないとは思いますが。 今回画像はないですが、表題の通り地道な宮城県、女川町、出島の皆さんの、出島架橋関連で国土交通省への陳情継続。 関係者の話によると; 「先月下旬に架橋関連での出島と寺間を結ぶ幹線道路が完成し竣工式実施。」 「今月中に...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「おちゃっこ」で引き出す子どもたちのホンネ
「おちゃっこ」という言葉をご存知ですか?宮城や岩手など東北で使われる方言で、「おちゃっこしない?」と言えば、「お茶を飲みながら、おしゃべりをしようよ」という意味。ここ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】熊本県知事蒲島様より感謝状をいただきました
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。11月16日(水)、ホテル熊本テルサにて熊本県主催「熊本地震に係る感謝状贈呈式」が開催されました。対象団体は19...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【職員インタビュー】「女川町の子どもたち全員に知ってもらいたい」〜女川向学館スタッフ・井 優樹〜
震災から5年半が経ちました。今回は子どもたちに人気の向学館の先生にスポットをあててインタビューしました。認定NPO法人カタリバ東北復興事業部マネージャー井優樹(...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【熊本コラボスクール】中学2年生による人生初めての面接と職場体験3日間
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。前回のブログで、職場体験学習のキックオフ(説明会)を実施したことについてお伝えしましたが、今回はその続きです。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
町長、聞いてください!
冷たい風が身にしみるようになってきた11月のとある日のこと。臨学舎には朝から緊張感が漂っていました。いつも自習室として使われている廊下が会場用にセッティングされ、玄...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
町長、聞いてください!
冷たい風が身にしみるようになってきた11月のとある日のこと。臨学舎には朝から緊張感が漂っていました。いつも自習室として使われている廊下が会場用にセッティングされ、玄...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
学期末テスト前、秋の向学館
みなさん、こんにちは。秋深まる女川から、最近の女川向学館の生徒たちの様子をお知らせします。向学館の生徒たちは、11月中旬の期末テストに向けて、夜遅くまで自習室に残って...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
ようこそ、大槌へ〜感謝を込めて伝える私のこと、町のこと〜
短い秋が終わりを告げ、早くも冬の足音が近づく大槌町に、お客様がいらっしゃいました。2011年の開校当初から継続してコラボ・スクールにご支援をいただいている、サッポロホ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【念願の新校舎へ】仮設校舎からの引越し
9月下旬の土曜日。大槌学園には軍手を片手に、たくさんの人が集まっていました。その顔ぶれは、学校の先生や生徒のみならず、保護者、地域の大人たちなど様々です。&nbsp...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
チャリティコンサートの寄付金贈呈式(NECネッツエスアイ株式会社様)
こんにちは、今村亮です。普段は東京で、コラボ・スクール「ましき夢創塾」を応援してくださる皆様の窓口担当をつとめております。このたびNECネッツエスアイ株式会社様社(本...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
東北カイギ2016 ~自分と向き合い、仲間と出会う3日間~
秋の三連休、山形県山形市でマイプロジェクトスタートアップ合宿2016「東北カイギ」が開催されました。会場となった東北芸術工科大学には約70名の高校生たちと高校生たちをサ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】中学2年生が「働くってどんなこと?」を考える1ヶ月
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。熊本コラボ・スクール「ましき夢創塾」は、放課後の学習会だけでなく学校活動の支援も行っています。その一環として、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【インターン体験記】「僕と数学と子どもたちと」
2016年4月から、1年間のインターンシップで女川向学館にやってきた山田圭之進(やまだけいのしん)です。主に小学校高学年から中学3年生までの算数と数学の授業を担当してい...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましきのいま vol2】震災から約半年を経て
こんにちは。熊本・益城町からボランティアの木下加奈子がレポートします。■私は先月12日から、コラボ・スクール「ましき夢創塾」のボランティアとして熊本に滞在している大...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】高校生が考える、自分たちにできるアクション
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。9月17〜19日にわたって福岡県北九州市で開催された「全国高校生マイプロジェクトSTARTUP合宿2016九...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
大槌祭り2016〜「原点」に帰る人々の思い〜
大槌町が一年で一番熱くなる日。それが、大槌の誇る伝統行事「大槌祭り」の日です。***9月18日のお祭りが近づくにつれ、地に足がつかない様子の子どもたち。それもそ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
オフィス引っ越し準備進行中
何があったのか分からないが、なんとオフィス来週一杯で立ち退かなければならないみたい。新しいオフィスはほぼ決まっているようだが、契約&内装等が終わってないので、どれ位になるかわからないが、テンポラリーオフィスに引っ越しせねば。 そのため、本日出社しパッケージ等引っ越し準備をしていた所、以下の画像発見。思い出せば、これは震災後島の同級生が、わざわざ当時の写真をコピーしてくれて送ってくれたも...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】4ヶ月遅れの体育大会
こんにちは。熊本・益城町から芳岡孝将がレポートします。■9月17日(土)、地震の影響で延期されていた体育大会が益城町の中学校で開催されました。1学期中は時間が取れ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
夏休み特別授業「女川の良さ」を伝えるCMづくり
夏休み期間中のことになりますが、「女川の良さ」を伝えるCMづくりに挑戦する特別授業を行いました!授業初日は東京の広告代理店の方にご協力いただき、CMを作る際のポイントを...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
震災を学びに変える「教育旅行」とは?
はじめまして。カタリバ職員の林曜平です。今日から、このブログで、カタリバ教育旅行のご紹介をしていきます。よろしくお願いします。●なぜやっているのか「震災のことを、今...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ボランティア体験記】5年半が経った今こそ、必要なボランティアの力。
9月も中旬になり、大槌町には秋の訪れを知らせるやわらかな風が吹き始めました。大槌臨学舎でも夏休みを利用してボランティア活動に参加してくれた学生さんに入れ替わり、新しく4...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
国内留学2016 in 東京
今年で三回目の開催となる国内留学を、8月14日~17日の日程で行いました。参加したのは女川の中学校に通う2年生8名。昨年同様、東京にあるアメリカのテンプル大学ジャパン...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【参加者募集】10月23日(日)東北震災を“学び”に変える「教育旅行・校外学習」説明会開催!
「カタリバ教育旅行・校外学習」の説明会を10月23日(日)に実施します。=====================説明会のお申込みはこちらから※ご参加できない方には...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】ボランティアブログ vol.2:田島圭佑さん
こんにちは。田島圭佑と申します。私は今年の春に大槌臨学舎で1カ月間、8月にはましき夢創塾で1週間、大学生ボランティアとして活動させていただきました。二つの拠点での活動を経...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【支援の受け手から担い手へ】かつての「生徒」の現在地。
「先生、久しぶり!」この夏、大槌臨学舎には少し大人になったかつての「生徒」たちが何人も顔を出してくれました。佐々木咲弥さん(20)もその一人。高校生の時に大槌臨学舎で...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島大学秋期特別講座の開催
さて9月となりましたが、つい7月頃までは「今年は台風少ないな?」と思っていたところ、8月に入り立て続けに台風襲来。一か月で3つの台風通過や観測史上初めての東北地方上陸台風等により、また北海道、東北地方で甚大な被害が発生。改めて、改めて自然に対する人間の無力さを実感する次第。また12号が週明け位に九州地方を伺っている。 常日頃から自然災害に対する個人レベルでの認識を高めておくことや準備を...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
益城中学校卒業生によるカタリ場in東稜高校を実施しました
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。8月18日(木)に、夏季休暇中に開催していた学習会の出張版という位置づけで、「夏季学習会1dayイベントin東...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
自然から学ぼう。女川の山で遊ぶ夏休み
女川は海の町。そして、山に囲まれた町でもあります。夏の夕暮れ、保育所帰りの子どもたちが女川の山に集まりました。今日は向学館の教室を飛び出して、山の中で学びます。女...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましきのいま vol.1】仮設住宅での生活が始まる
熊本地震で2度の震度7を経験した益城町。日々変化する町の現状や子どもの生活を中心にお伝えします。 ■8月26日現在の写真▲大通りに面した建物は解体と撤去が...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【交流プログラム】自分とふるさとを見つめ直す
夏期講習真っ只中の臨学舎に、はるばる東京からお客様がやってきました。ご寄付をいただいている双日株式会社の社員の皆さんです。大槌臨学舎の中学生約50名と5名の高校生が、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【メディア掲載】「平成28年熊本地震 いまできること」に掲載~学習支援で子どもたちの「いま」と「未来」をサポート
2016年7月27日、公益財団法人日本財団と公益社団法人助けあいジャパンが運営する被災地支援情報サイト「平成28年熊本地震いまできること」に、熊本コラボ・スクールの活...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】ボランティアブログ vol.1:谷 美奈帆さん「東京と熊本。離れてはいるけれど、彼らと共に私も頑張ろう」
こんにちは。普段は東京都文京区にある中高生の秘密基地「b-lab(ビーラボ)」で、フロアキャストとして活動している大学3年の谷美奈帆です。7月31日から8月6日の約1週...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
受験に向かってがんばっぺ!中3夏の勉強合宿
受験まであと約半年。女川向学館の中学3年生向けに、夏の勉強合宿を行いました。会場は女川にあるお寺、照源寺。住職のご厚意でいつもと違う環境の下、子どもたちは一泊二日で...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ましき夢創塾】一泊二日の勉強合宿を開催しました
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。8月8日(月)・9日(火)、一泊二日の日程で木山中学校生徒を対象とした夏の勉強合宿を天草青年の家で開催しました...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【高校生マイプロ】夢を応援してくれる場所
小学生は夏休みの真っただ中。女川向学館では小学校4年生から6年生の子どもたちが、合同で苦手克服のための夏期講習に取り組んでいます。この中に、向学館のスタッフに混じって...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【元女川中学校教員・佐藤敏郎先生より】益城七夕会議
短冊に願いを書いたのは小学校のときが最後だった気がする。大人になってからも「今ならなんて書くだろうな」と思いながら、街角や教室の七夕飾りを眺めていた。今年の七夕の日、私...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【日々の様子】夏休みの一日
8月から暑さが本格的になり、ようやく夏らしい気候になってきた大槌町。7月下旬には大槌の小・中学校でも終業式が行われ、夏休みがスタートしました。大槌臨学舎では、小・中学...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
みんなの”居場所”としての向学館を作りたい
こんにちは。4月から実践型教育インターン生として、女川向学館で働いている清水葉月です。今回は、私が向学館で担っていることや、なぜインターンをしているのかに加え、現在ど...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【元女川中学校教員・佐藤敏郎先生より】「熊本に行って(7月)」
益城町は、震度7の地震が発生した日から3ヶ月が経とうとしていた。今回、2日間滞在したが、1日目はカンカン照りで暑かった。2日目は終日強い雨が降っていた。もろくなった地盤...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
大槌のみち〜町再生のスタートライン〜
7月2日。小さな町に、何やら大きな人だかりができていました。それもそのはず。この日は大槌町の「メインストリート」とも言える県道のお披露目式が行われました。雨の降り出...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
海釣り体験教室が行われました
5月25日(水)石巻~女川在住の精神障がい当事者のためのサロン「障がい者コミュニティサロンKai」の女川サロンで、町民ボランティアの指導による海釣りの体験教室が小乗浜の防波堤にて行われました。 ご協力いただいたボランティアさんは以前、障がい者の方々に釣りを教える活動を長年やっておられたこともあり、初対面ながら参加者の皆様と素早く打ち解けられ、的確に指導されていました。 サイズは小さくとも、ハゼ・ギ...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
着付け教室が二年目を迎えました
「着付けを学びたい、できれば何人かで一緒に学びたい」という住民からの相談を受けて、2015年3月に「着付け教室」が産声を上げました。着付け講師のボランティア2名の協力のもと、旧子育て支援センターを会場に毎月教室を行っていただくことが出来ました。 二年目の存続にあたって、新たな着付け講師ボランティアの方も見つかり、毎回7~8人のメンバーで楽しく着付けを学び合っています。
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【熊本・益城町】限られた環境の中での中体連予選
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。7月2日(土)~7月3日(日)の2日間、上益城郡の中体連郡予選が行われました。カタリバが昼と放課後に学習支援...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
養殖ホヤ~風評被害
韓国では東日本大震災での福島第一原発事故により、当該地域からの水産物輸入の禁止・制限を継続している。その関連で女川町の竹ノ浦地区での養殖ホヤの処分に関する記事を読んだ。 以下、6/30付け河北新報オンラインニュース記事から一部抜粋。 === <養殖ホヤ>苦渋の決断処分へ涙の水揚げ 韓国の輸入禁止(東京電力福島第1原発事故を理由に輸入を禁止)で生産過剰になっている宮城県産の養殖ホ...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ハワイ交流プログラム】続く交流と英語へのモチベーション
先日、昨年に引き続きハワイより、BrigeClubHawaiiに所属する中高生が「トモダチアロハリーダーシッププログラム」の一環として、向学館の子どもたちに会いに来て...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島架橋工事着工
出島架橋関連の進捗状況はどうなっているのか?具体的になかなか見えませんが(個人的にですが)、このところの女川町役場の話しによると; 「本年度(平成28年度)予算で架橋関連工事の着工が承認されたので、まずは橋げたの本工事の前に尾浦側接続ルート約2km区間(トンネルとか道路舗装等)工事に着手し、それと併せて出島側の約80mの接続ルート工事を進める予定。これらの工事だけでも約3-4年掛...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川町復興整備計画~出島関連編
またまた大変ご無沙汰です。今回は久々に女川町役場復興整備計画(最新版)からチャッカリ記事、データ等借用しました。その中から出島・寺間関連分をザックリと抜粋してみました。分かり辛いですが、主要な復興関連事業はほぼ平成27年度計画までで完了しているみたいです。 さて、今後はどう進めるべきなのか?改めて人を呼ぶためのアイデアとその実行が必要と感じています・・・出島架橋を視野に入ながら、色々...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【熊本・益城町】避難所の学習環境
熊本コラボ・スクールの芳岡が益城町の子どもたちの学習環境について、その現状をレポートします。■先日の熊本の記録的な大雨ついては、全国でもニュースになったので記憶に新し...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
地域と学校をつなぐ〜学校支援地域コーディネーターという仕事〜
コラボ・スクールという名前に込められた思い。それは、さまざまな立場の方々との「コラボレーション」を大切にしたいというもの。今回は、その重要な「コラボレーション」の一つ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【熊本・益城町】テスト前勉強会を開催しました
こんにちは。熊本・益城町から井下友梨花がレポートします。私は大分県出身です。2016年5月までは東京・札幌で広告関係の仕事をしていましたが、今回の熊本・大分地震を機に...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
子どもたちに「コラボ・スクール」という場を届けるということ
先日、女川向学館のスタッフが熊本へ旅立ちました。2012年から4年間に亘って、東北の子どもたちに関わってきた芳岡孝将さんです。子どもたちからは、「のぶさん」の愛称で親...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【熊本・益城町】学習会が始まりました。
こんにちは。熊本・益城町から芳岡孝将がレポートします。私は東日本大震災発生の翌年から4年間にわたり、宮城県女川町にある「コラボ・スクール」で子どもたちの学習支援に携わ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【メディア掲載】朝日新聞に掲載 〜被災地の子 学び支える 熊本地震〜
2016年6月17日付の朝日新聞に、カタリバが熊本県益城町で行う学習支援についてご紹介いただきました。安心して勉強できる場所を失ってしまった子どもたちを「学習機会」と「...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ボランティア体験記】出会いが、想像の何倍もの学びを与えてくれた
こんにちは。この春から大槌臨学舎でインターンをしている、上田利瑳子です。現在、私は大学を休学して9ヶ月間のインターンに挑戦中ですが、今回は、同じく休学して臨学舎で1カ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【緊急】「熊本地震子ども応援募金」へのご協力のお願い
NPOカタリバは熊本地震の影響で、安心して学ぶ場所を失ってしまった子どもたちをサポートする「熊本地震子ども応援募金」を開始します。4月に発生した熊本地震で甚大な被害を受...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【参加者募集】6月24日(金)・25日(土)、東北震災を“学び”変える「教育旅行・校外学習」説明会開催!
「カタリバ教育旅行・校外学習」の説明会を6月24日(金)・25日(土)の2日間実施します。=====================説明会のお申込みはこちらから※ご...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【新人スタッフの視点】5年目の挑戦と課題
こんにちは。4月から女川向学館のスタッフとなりました、鈴木胡美です。本日は新人スタッフの視点から女川町、そして女川向学館の近況をお伝えできればと思います。女川町では...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【新スタッフ紹介】臨学舎に吹く新たな風
「先生、初めて見た!」「名前なんて言うの?」新しい年度を迎えると、大槌臨学舎の廊下からはこんな声が聞こえてきます。初対面でも人見知りせずに、話しかけにいく生徒たち。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【元女川中学校教員・佐藤敏郎先生より】「熊本で考えたこと」
■始業式からの一週間はよく、「学級経営黄金の一週間」と言われる。新しい出会いの中で、掲示物を作ったり、係を決めたりしながら、どんどん学級の土台ができていく。今度の大地...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【大槌臨学舎】震災から5年目の心のケアとは
「城山!景色がいいんだよ」「でも、今は建物がない!」先日お伝えした、春のガイダンスで、生徒たちに大槌町の好きな景色を尋ねた時、こんな答えが返ってきました。何気ない会...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【山田高校カタリ場】震災から5年経った高校生たちのリアル
新年度も始まったばかりの4月12日、岩手県立山田高校の新入生オリエンテーション内でキャリア学習プログラム「カタリ場」を実施しました。大槌町の隣に面し、岩手県沿岸中部に位...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
障がい者施設「うみねこ園」で民話語り部を披露する会が行われました
うみねこ園に「桃太郎」の絵が飾られていました 女川小学校の子ども達にボランティアで民話を語り聞かせている「語りの会杉っこ」では、民話の勉強会を毎月行っておられます。このたび民話を勉強している初心者の方々3名の初めての実践として、地域活動支援センター「うみねこ園」で4月28日(木)民話の披露を行いました。 人前で披露するのは初めてのことで、それぞれかなり緊張されていましたが、ところどころつかえながら...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
表札について皆で考える表札づくりの講習会を行いました
町内最大の災害公営住宅である大原北区の見守りを担当されている民生委員さんより、「表札を付けておられない世帯が意外に多い」とのことで相談があり、4月28日(木)表札の意味を皆で考える講習会を民生委員さんと共に実施いたしました。当日は13名の参加があり、その中で表札を付けておられない方も2名ほどお越し下さいました。 前半の意見交換では、セールスや悪徳商法などの懸念もあって、特に一人暮らしの女性だと不安...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【春のガイダンス】新たな気持ちで、スタート。
4月。卒業生が旅立った臨学舎にも、新たな出会いの季節がやってきました。4月20日・21日、今年度のスタートとなる「春のガイダンス」が行なわれました。「え、お前も?」「...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
地域の学校消滅
被災地では今これが一番深刻な問題かもしれません。本日5/5はこどもの日ですが、島には子供は一人もいません。 ただ、簡単ではありませんが出島架橋実現、架橋後に向けてやはり皆で何とか知恵、アイデアを出し合って人を呼び戻す、呼び込む取り組みが必要だと思います(個人的意見ですが)。 2016/5/2河北新報電子版から。 <地域の学校消滅> 人口減が進む被災地では学校の統廃合が相次...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【インターン体験記】学びたいだけ学べる場所
4月。桜の季節になり、コラボ・スクールでも、新たな一年が始まっています。コラボ・スクールは、職員だけではなく、子どもたちに勉強を教える役割のボランティア(1ヶ月間)やイ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【参加者募集】5/17(火)〜5/18(水)女川向学館見学ツアー
※女川向学館の授業の様子普段からコラボ・スクールを応援くださり、ありがとうございます。最近、ご寄付をいただいている皆さまから、「被災地へ足を運んだことがないのですが...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
東洋経済新報社の学術書に、コラボ・スクールの実践が紹介されています。
『大震災に学ぶ社会科学第6巻復旧・復興へ向かう地域と学校』(東洋経済新報社)にて、コラボ・スクール女川向学館の実践が紹介されています。2年ほど前に、東北大学の調査...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
goo 3.11復興支援特集に掲載〜『安定した東京生活から女川町へ』〜
ポータルサイト「goo」の3.11復興支援特集に、コラボ・スクール女川向学館のスタッフ・川井のインタビュー記事が掲載されました。『安定した東京生活から女川町へ』〜かけが...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
27年度のボランティア活動報告
平成27年4月から平成28年3月末までの一年間で、231件のべ955人に及ぶ様々なボランティア活動を行っていただきました。その中から具体的な活動内容を紹介します。自分にも出来そうな活動はありませんか? 指導のボランティア 卓球指導・着付け指導・踊りの指導・体操指導 修理のボランティア 車イスの修理・おもちゃの修理 野外作業のボランティア プランターの植栽・苗木の植樹・木の伐採・鳴り砂の清掃・登山道...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川さいがいFMありがとう
***本日の東京新聞記事から***本当お疲れさまでした。 三月で閉局した宮城県女川町(おながわちょう)の「女川さいがいFM」が最後に流したリクエスト曲は、サザンオールスターズの「TSUNAMI」だった。「ずっと聴きたかった」「泣いた」「胸のつかえが取れた」。東日本大震災の後、自粛され続けた名曲を被災地の放送局が自ら放送したことに、静かな反響が広がっている。 きっかけは一年前のメ...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
3月29日(火)出島で住民による「かえりびな手作り講座」が行われました
「かえりびな手作り講座(仙台かえりびなの会主催)」に参加いただいた町内の災害公営住宅にお住まい女性より、自ら講師となって以前住んでいた離島出島でかえりびな作りを教えたいと相談があり、同行して実施をサポートいたしました。 必要な材料は仙台かえりびなの会から提供を受け、出島の高台に新しく建設された集会所に寺間区住民も含めた沢山の参加者が集まり、女性の手ほどきで全員がかえりびなを作り上げることが出来まし...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
3月26日(土)「女川町復幸祭2016」 会場巡回の「お助けボランティア」活動
復幸祭が「誰にとっても楽しんでいただける」バリアフリーのイベントになることを提案させていただき、そのための具体策として、会場内を巡回し、福祉的に困っている人を手助けするためのボランティアを配置いたしました。 参加予定者には事前研修も行い、車イスの操作やガイドヘルプの基本を学んでいただきました。また、車イスを押しながら会場の設備をあらかじめ確認して歩くことで、当日に備えました。 事前研修の模様 当日...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
3月26日(土)「女川町復幸祭2016」 会場巡回の「お助けボランティア」活動
復幸祭が「誰にとっても楽しんでいただける」バリアフリーのイベントになることを提案させていただき、そのための具体策として、会場内を巡回し、福祉的に困っている人を手助けするためのボランティアを配置いたしました。 参加予定者には事前研修も行い、車イスの操作やガイドヘルプの基本を学んでいただきました。また、車イスを押しながら会場の設備をあらかじめ確認して歩くことで、当日に備えました。 事前研修の模様 当日...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.24:最終回】 いろんな角度があっていい
先日、向学館に大学合格を報告しに来た生徒がいた。震災時は中学生だった。スタッフの拍手を浴びる生徒を見ていて、5年間のあれこれを想い、感慨深かった。今でこそ「防災」とか「...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【中高生も出店!】女川町復幸祭2016〜夢をかなえる町がある〜
3月26日(土)女川の一大イベント”復幸祭”が行われました。復幸祭は、2012年3月からはじまった、震災から新生女川へ向けて進む姿を全国の人に見ていただきたいという想い...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【大槌臨学舎】卒業、おめでとう。
厳しい冬の寒さも和らぎ、ようやくあたたかい風が吹くようになった大槌町。そんな、春を感じる3月19日、コラボ・スクールに通う中学3年生の臨学舎卒業式が開催されました。毎...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.23】 みあげれば がれきの上に こいのぼり
みあげればがれきの上にこいのぼり震災の年の5月5日子どもの日、その生徒はガレキだらけの道を歩いていた。ついついうつむいてしまっていることに気づき、下ばかり向いてな...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
大槌臨学舎中3生、第一志望校全員合格!
「せんせーーーーーーい!!!!!!!!!!」「受かったーーーーーーー!!!!!!!!!!」受験前、大槌臨学舎には毎日ほぼ全員の中学3年生が自習に来ていました。そんな...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
教育新聞に掲載〜被災地の放課後学校が特別賞 ICT夢コンテスト〜
2016年3月4日・5日に行われた日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)主催の「教育の情報化推進フォーラム」が「ICT日本どこでも生き生き授業」をテーマに...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
住民による「お寿司教室」
3月13日(日)宮ケ崎旧三保仮設住宅でお寿司手作り教室が行われました。現役の料理人である講師の山本進さんが仮設から被災前の地区に戻ることとなり、「お世話になった宮ケ崎に恩返しがしたい」とのことで区民に呼び掛けて実施されました。 山本さんの指導でいなり寿司・巻寿司・にぎり寿司の作り方を学び、さらしを使って外側がお米になる巻寿司の作り方やにぎり寿司のにぎり方など、ふだん習う事はなかなか無い職人料理の技...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
“支援”ではなく、パートナーシップを(女川向学館校長 鶴賀より)
2016年1月12日現在の宮城県女川町・中心市街地全景(女川町観光協会HPより転載)宮城県女川町は現在、公共交通機関が整備され、女川駅前の中心エリアには昨年12月に待望...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
5年
「5年」という月日が長いかあっという間か個人によって感じ方は違うと思いますが、事実としては今日で震災から5年が経過しました。 このところ311に関するメディアの報道が多く見かけますが、残念ながら時間の経過とともに被災地の復興状況とは別に、世間の関心が薄れてきているのは否めません。別に東日本大震災に限ったことではありませんが、全ての災害に関して。 目先の生活をどうするのかで目いっぱい...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【参加者募集!】震災から5年。東京・高円寺の会場から被災地の今をお伝えします。「カタLIVE」 ~被災地から生中継~ 3/14(月)・16(水)・25(金)19:30
東日本大震災から、ちょうど5年。 1995年の阪神大震災の時、被災した子どもたちのメンタルヘルスにおいて、5年後にあたる2000年になっても、震災直後と同じ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
かえりびな展示会の運営にご協力いただきました
このたび、3月3日(木)~3月8日(火)女川町地域医療センターの二階センターアトリウムにて、「東日本大震災の行方不明者が早く見つかって還ってきて欲しい」という願いが込められた「かえりびな」2600体の展示会(主催:仙台かえりびなの会)が6日間に渡って行われました。 会期中は事前に女川町地域福祉センターで行われた「かえりびなの手作り講座」に参加された方々のうち、28名に日替わりで会場常駐のボランティ...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
五部浦交流お茶会あっぺとっぺの助来たる!
平成27年7月より、国際的な支援団体オペレーションブレッシングのご協力で、看護師の健康相談付きの「かんたん体操お茶会」を五部浦地区の高白・横浦・飯子浜・小屋取で月一回のペースで行い、小規模仮設住宅における高齢者の集いの場づくりに取り組んできました。 平成28年3月をもってその活動が一端終了することとなり、活動の集大成と五部浦地区の交流を兼ねて、3月8日(火)に「五部浦交流お茶会」を行いました。 会...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.22】 3.11を学びに変える
震災から5年が経つが、連日メディアの取材を受ける。「5年」という区切りの数字のせいだと思うが、昨年までよりはるかにその数は多い。ほぼ100%「この5年を振り返ってみてど...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【英語スピーチ】スピーチコンテスト本番!”未来の自分に伝えたいこと”
2月27日(土)、臨学舎でコラボ英語スピーチコンテストを開催しました。当日は臨学舎に、地域の方々、生徒の保護者、コラボ卒業生がお越しくださり、また遠隔からオンラインで2...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「緊急時連絡先一覧表」を作り直しました ~もしもの時の連絡先を十分把握していますか?
2011年の12月末に支援物資に添えて仮設住宅に全戸配布した「緊急時連絡先一覧表」をご存じでしょうか?公共機関の休みの日程や電話番号を一覧表にして、冷蔵庫など目立つところに貼っていただき、少しでも不安なく仮設住宅で初めてのお正月を迎えていただくために作ったものでした。 この一覧表が現在も少なからず使われていることと、緊急時に適切な連絡先が判らず、パニックになってしまった、というケースも聞かれ、あら...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
お茶会の参加者を増やすために ~楽しいチラシと声掛けでお誘いのススメ
地区や仮設のお茶会は住民同士が顔を合わせて活き活きと交流するサロンとして、欠かせないものであり、介護予防の効果も高く、ボランティアセンターではお茶会の立ち上げをはじめ、出前講座や民謡団体の派遣やレクリエーション用具の貸出し等、内容の充実を様々な方法で支援してきました。 どうしても参加者が固定されてしまい、なかなか新しいメンバーが入ってこない、という状況はよく聞かれますが、初めて参加する方にとっては...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「自宅でかんたんレクリエーション」作りました
針浜仮設住宅の自治会長より、運動不足が懸念される高齢者が自宅で取り組める運動の手引書の要望があり、誰でも書いてある通りに読み上げるだけで様々な手遊びや準備運動などのレクリエーションが指導できる冊子「誰でもかんたんレクリエーション」を元に、自宅でも取り組めるようA3サイズの紙一枚にまとめた「自宅でかんたんレクリエーション」を作成しました。 深呼吸に始まり、手足の運動や口の体操など18種類のメニューに...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「自宅でかんたんレクリエーション」作りました!
針浜仮設住宅の自治会長より、運動不足が懸念される高齢者が自宅で取り組める運動の手引書の要望があり、誰でも書いてある通りに読み上げるだけで様々な手遊びや準備運動などのレクリエーションが指導できる冊子「誰でもかんたんレクリエーション」を元に、自宅でも取り組めるようA3サイズの紙一枚にまとめた「自宅でかんたんレクリエーション」を作成しました。 深呼吸に始まり、手足の運動や口の体操など18種類のメニューに...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【受験までカウントダウン】手作りのお守りを作りました
ある土曜日のコラボ・スクール。廊下や各教室には休日も自習にはげむ受験生たち。そして和室では・・・そんな受験生たちの保護者の皆さまの姿がありました。スタッフとともに作...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【英語スピーチ】英語で伝える”誰か”に届けたい思い
年度末のこの時期は、これまでの成果をあらわす季節。中学3年生の受験に負けず劣らず、大槌臨学舎では、高校生たちがある挑戦をしています。“Iactuallyusedt...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【受験目前】 高校生が臨時講師! 中3受験生を個別特訓!
前期試験まで、あと少しに迫ったとある土曜日。(宮城県では、前期試験・後期試験と、2月と3月に計2回の高校入試があります。)今日は土曜日を丸一日使って、朝から晩で集中特...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
プリンセス・クルーズ様よりご寄付を頂きました。
2015年12月8日(火)株式会社カーニバル・ジャパンプリンセス・クルーズジャパン・オフィス様にて贈呈式を行い、本年は$19530のご寄付をいただきました。プ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【1,000円募金で、お子様の料金が無料!】オリエンタルホテル東京ベイ様のチャリティブッフェのお知らせ
2月15日(月)から、新浦安にあるオリエンタルホテル東京ベイ様にて、1,000円募金いただくと、お子様のブッフェ料金が無料になるチャリティ企画が始まります。*・ー*・...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.21】 2016年1月、成人式にて
懐かしい人に久しぶりに会ったとき、その間の時間がすっ飛んだみたいになる。華やかな晴れ着を着ているけど、会場は華夕美(女川のホテル)だけど、並んで座る様子を見ながら、制服...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【お知らせ】大戸屋の期間限定メニューを食べると、コラボ・スクールの支援に繋がります!
大戸屋ごはん処では、2月1日より「桃浦かきの仙台味噌鍋定食」、2月16日より「お店仕込みの炭火焼きハンバーグのデミシチュー定食」が販売されます。今年も、一食あたり20円...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【町のみんなで応援】 お母さんの手作りカレーライスで受験に備える!
受験勉強に励む生徒たちのために、生徒のお母さんたちがたくさんの手作りカレーライスを、お鍋で持って来てくださいました!少しお声掛けしただけで、たくさんのお母さんたちが、お...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
地域のお茶会立ち上げと活性化を支援しています
大沢区で高齢者の交流の場づくりとして、定例のお茶会を昨年9月から行うようになり、お世話役の方々のご尽力もあって、毎回楽しく有意義な集まりになっています。ボランティアセンターでは立ち上げの支援から、民謡団体や講師の派遣でお手伝いしています。 地域の高齢者が定期的に集まり、交流が出来ることでの見守り合いや介護予防の効果は計り知れません。また、ただ楽しむことばかりではなく、地域の中のひとつの有力なグルー...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【コラボ・スクール正職員 募集中!】 学校広報業務・地域コーディネート業務にチャレンジしたい方を募集しています。
認定NPO法人カタリバ東北復興事業部では、ただいま正職員を募集しています。★詳細はこちら→http://www.katariba.or.jp/recruit/st...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【事例紹介】参加高校生に大きな変化!3.11を学びに変える「教育旅行」
「生徒のため、学校のために何ができるのか」。この想いと真摯に向き合い、作りあげた新しい教育プログラムが2015年秋より始まっています。東北のいまを自分の目で見て、話を...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
屋根瓦キーホルダー
ご無沙汰しております。大変久しぶりのブログ更新となります。 震災直後、出島の実家捜索?に行った時に、津波で流された実家の屋根瓦の破片を何個か持ち帰っておりました。暫くどこにしまったのか忘れてましたが、先日偶然見つかりました。 さてそれを何とか活用できないか?と考え、ネット等で調べ近所の手作りショップに持ち込んで相談したところ、何と下の画像の様なとても素敵な手作りキーホルダーに変身し...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
株式会社楽天野球団 東北楽天ゴールデンイーグルス様より、ご支援いただきました!
一昨日、株式会社楽天野球団の立花社長以下、社員の皆様がコラボ・スクール女川向学館にいらっしゃいました。高校受験を目前に控える中学3年生の面々にエールをいただき、また、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【合格祈願】 お父さんお母さんの手作りの「お守り」。 そして、全国の寄付者の皆様からのビデオメッセージ…
受験当日は、自分一人の戦い。誰も力を貸してくれません。自分の力一つで臨みます。受験当日の会場で、一人静かに気持ちを整えて、開始のベルを待っている。そんな時に、手に取っ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【受験まで50日】応援してくれる人がいるなら、がんばるしかない。
岩手県高校入試まであと50日。1月19日、大槌臨学舎では、9年生たちとともに、受験に向けた決起集会を行いました。「先生たちは、君たちを絶対に合格させる。そういう強い気...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.20】 まちびらき花火大会
2015年12月24日、女川駅前の商店街オープンを祝う花火大会が行われ、2500発の大輪の花が冬の夜空に咲き乱れた。花火は海にも映って、とてもきれいだった。新しく出来...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【個別説明会・実施中!】 「東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間」  2016年度 NPOカタリバ『実践型教育インターン』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間NPOカタリバ『実践型教育インターン』個別説明会を実施中!━━━━━...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ある生徒の成長】ひとつの目標に向かってがんばる力
大槌臨学舎では、今年度からの新たな取り組みとして、「おおつち検定」という教材を使った漢字の勉強に力を入れています。日々の学びの中で、子どもたちが「できた!」「やればでき...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
東北福祉大学より、減災カルタを寄贈いただきました
震災から5年を迎えようとしていますが、災害発生から時間が経つにつれ、防災意識が低下することは否めません。防災教育の一翼を担うボランティアセンターでもお茶会等、住民の皆様が集まる場に出向いて、防災や減災の啓発を行う必要性に思い至り、楽しみながら学べる啓発グッズを探していたところ、東北福祉大学地域減災センターで製作された「減災カルタ」の存在を知り、このたびご好意により、1セット寄贈いただくことが出来ま...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間】 2016年度 NPOカタリバ『実践型教育インターン』説明会!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間NPOカタリバ『実践型教育インターン』説明会━━━━━━━━━━━━━...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【平成28年 女川町 成人式】 「涙とともにパンを食べた者でなければ、人生の味はわからない」
本日1月10日(日)、女川町にて成人式が開催されました。新成人の皆様は、中学3年時の卒業式の前日に被災。2名の同級生を失っています。あれから5年が経ち、凛々しい晴れ姿...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【高校合格 第1号】 目指せワールドカップ! 女川から栃木のラグビー強豪校へ!
女川向学館から嬉しいお知らせです。高校合格第1号が決まりました!小学生の頃からラグビーに励んできた生徒が、栃木のラグビー強豪校への進学を決めました。多くのラグビー...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【中央大学の広報誌に掲載されました!】 東北で活躍した大学生の”その後”
女川向学館で活躍してくれた越智さんの様子が、大学の広報誌に掲載されました。彼女が初めて女川向学館に来てくれたときは、緊張しっ放しで、「ちゃんと生徒たちと話せるのだろうか...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
~防災グッズ手作り講座~ 「いざという時のために、身近なもので作れるように」
ボランティアセンターでは、各地区のお茶会を出前講座やボランティアの派遣で支援していますが、防災や福祉等の学びのメニューにはなかなかリクエストが挙がらない為、皆で楽しみながら学んでいただけるメニューをあらためて検討し、このたび「防災グッズ手作り講座」を企画いたしました。 10月27日(火)行われた清水仮設住宅のお茶会での初めての実施は、どこでも手に入りやすい日用品を使ったいざという時の防災グッズ作り...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間】 2016年度 NPOカタリバ『実践型教育インターン』説明会!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間NPOカタリバ『実践型教育インターン』説明会━━━━━━━━━━━━━...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
2016年もよろしくお願いします!
2016年。大槌臨学舎では恒例のスタッフ全員での初詣から始まりました。以前は教室として使わせていただいていた小鎚神社で、今年1年、事故なく、子どもたちが夢に向かってたく...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
『大槌の学生を支えてくださり感謝しています』 〜サッポロホールディングス様よりご寄付いただきました〜
2011年の大震災以来、毎年ご寄付をいただいているサッポロホールディングス様から、今年も9,000,000円のご寄付をコラボ・スクールへいただきました。12月22日に大...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【高校生プロジェクト】 大儀見選手と永里選手に”女子高の魅力”を伝えながら、”ホヤ”を振舞いました。
サッカー女子日本代表の大儀見選手と、プロサッカー選手の永里選手が、コラボ・スクール女川向学館に今年も来てくださいました!「世界で活躍するお二人がいらっしゃるこんな機会は...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
皆様へ大事なお知らせ
【女川福幸丸より皆様へお知らせ】福幸丸を立ち上げてから基地と倉庫代わりに私たちに場所を提供して頂いた、女川コンテナ村商店街さんが造成工事の為に役目を終えました。コンテナ村の皆さんには本当にお世話になり、とても感謝しております(;_;)コンテナ村の皆さんは新しく女川駅前にできたシーパルピア女川に移転されております!本当におめでとうございます!それに伴いまして、女川福幸丸の住所(牡鹿郡女川町鷲神字堀切...
記事のページを見る
Facebook復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ご協力のお願い】中学3年生を応援するメッセージのお願い
いつもコラボ・スクールの活動を温かく応援してくださっている皆さまへ、まもなく受験に挑む子どもたちへの応援メッセージのお願いです。コラボ・スクールの中学3年生102名は、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
福祉講座「車イス体験お茶会」を行いました
12月22日(火)清水仮設住宅の高齢者向けお茶会の中で、車イス体験を実施いたしました。まずは操作方法の説明書を元に各部位を説明してから、広げ方と折りたたみ方にチャレンジいただきました。参加者のほとんどの方が初体験だったため、説明がなければ開くことすら難しい、ということがよく判りました。 次に最も重要なブレーキの取り扱いを説明の上、乗る人と操作する人でペアを作って室内を回り、役割を入れ替えて繰り返し...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【震災5年目のクリスマス】 女川駅前のイルミネーションと、いっぱいのプレゼント
女川駅前もクリスマスのイルミネーションに飾られ、とても綺麗です。そんな中、女川向学館では、みんなが待ちに待ったクリスマス会!たくさんのプレゼントやケーキに、子どもたち...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「おらが江島」の踊りの講座を実施しました
江島の伝統芸能「おらが江島」を踊ってみたい、という要望を聞かされることがこれまでしばしばありましたが、このたび11月30日(月)新田仮設住宅自治会からの要請を受けて、江島出身のボランティアさんにお越しいただき、ボランティアセンターとしては初めて貴重な指導の機会を設けることが出来ました。 頭に載せた桶が落ちないように繰り出されるボランティアさんの柔らかな踊りはうっとりするほどの美しさで、決して簡単な...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間】 2016年度 NPOカタリバ『実践型教育インターン』説明会!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━東北地方の教育課題にとことん向き合う1年間NPOカタリバ『実践型教育インターン』説明会━━━━━━━━━━━━━...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【コラボ・スクール卒業生の今】大切な人にクリスマスプレゼントをあげたい!
とある休日。久しぶりに、大槌臨学舎卒業生のゆきさんに会いました。ゆきさんは震災のあった年に中学3年生で、2011年の12月、臨学舎が開校した当初から通い始めた臨学舎1期...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.19】 すべては五七五の中にⅡ
人は強い衝撃を受けると言葉を失うものだ。嬉しすぎても、悲しすぎてもそうだ。大会で優勝したときなども、すぐは実感がわかず、後からああ現実だったんだと喜びに浸ったりするものだ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島体験ツアーについて
東日本大震災の被災地、宮城県女川町出島は依然として復興途上ではありますが完全復興に向け皆頑張っています。今回、島の良いところを体験して頂くためにも、来年の夏休み時期に体験ツアー(一泊二日か二泊三日)を企画しようと考えています。スケジュール、料金等詳細はまだ決まってませんが、概要は以下の感じです(あくまで現時点でのアイデアです)。 ご興味のある方は是非本ブログまでお問い合わせください。 ...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【日々の学習の様子】漢字検定に初挑戦!?
とある土曜日。コラボ・スクール大槌臨学舎で、小学生約30人が漢字検定に挑戦しました。いつもは元気いっぱい、ワイワイとにぎやかな小学生たちも、今日だけはみんなそろって緊張...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.18】 すべては五七五の中にⅠ
震災の年の5月に、女川の中学生に俳句を作らせようという企画があった。被災地の学校には、様々なプロジェクトや取材が殺到した。とても対応しきれず、ほとんど断っていたのだが...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.18】 すべては五七五の中に!
震災の年の5月に、女川の中学生に俳句を作らせようという企画があった。被災地の学校には、様々なプロジェクトや取材が殺到した。とても対応しきれず、ほとんど断っていたのだが...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
永楽会おながわで「ビューティ・ボランティア」を実施しました
ボランティアセンターだより8月号に掲載した「高齢者メイクアップボランティア募集」に手を挙げていただいた山本勝行さんご夫妻とご友人のアロマセラピスト遠藤由紀さんの3名で、11月30日(月)依頼元である永楽会おながわにて初めて「ビューティ・ボランティア」を実施いたしました。1名あたり15分ずつお化粧を施して髪を整えて写真撮影まで行い、合計11名の入居者に素敵な記念写真をプレゼントすることが出来ました。...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【マイプロジェクト紹介】 吉里吉里アートプロジェクト
今回は、”マイプロジェクト”3期生のミーティングの様子をご紹介します!———————...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
八神純子
本日付けの読売新聞の記事を拝借(画像省略)。東日本大震災以降の八神さんの積極的な被災地支援活動が垣間見れます。乞うご期待を・・・ 日課は朝のジョギング…八神純子さん 2015年12月01日 家族の住むアメリカと日本を行き来する生活を送っています。 日本滞在中は東日本大震災の被災地を必ず訪れ、歌っています。 震災の年の3月は、日本での活動再開に向け、準備をしていた時期...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【緊急】12月31日まで:ストーブ灯油募金のお知らせ
2011年の震災当時、小学4年生だった子どもたちがこの冬、高校受験に挑みます。東北の寒い冬、子どもたちが集中して学習に打ち込めるように…「ストーブ灯油募金」の募集を開...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「”ナナメの関係”ってなんだろう?」 インターン生たちの試行錯誤の日々
女川向学館は子どもとの対話を大切にし、日々、児童・生徒と試行錯誤しながら向き合っています。子どもたちとの“ナナメの関係”を増やしていくために、女川向学館では大学生インタ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【転職インタビュー】 「”ナナメの関係”を、東北の町に残したい」
震災から5年が経とうとしています。被災地では、震災前から存在するものと、震災後に発生したもの、2つの教育課題が混在しています。NPOカタリバが運営してきたコラボ・スク...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【新しい教育の形】ICT夢コンテスト 特別賞を受賞
情報通信技術を使いながら、子どもたちにこれからの社会を活き活きと生きる力を身につけてほしいーーそんな思いのもと、毎年行われている日本教育情報化振興会主催の「ICT夢コンテ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「あっぺとっぺの助」が女川町に帰ってきました!
雄勝町出身で仙台市在住の一人座『おだずもっこーズ』の「あっぺとっぺの助」こと山崎孜さんは2007年から3年間かけて女川町内の全地区を社協事業で回っていましたが、最後の江島行きを残して東日本大震災で中断となり、それ以来5年ぶりとなる女川公演を11月24日(火)、清水仮設住宅と運動公園住宅で行っていただきました。 震災で女川と渡波に嫁いだ姉二人と実家の兄を亡くし、「もう舞台でおだっていられないな…」と...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.17】 青空バレーボール部Ⅱ
バレー部の練習は、校庭の隅に作った手作りコートで連日行われた。その日は男女一緒のレシーブ練習をしていたのだが、一人ボールを追いかけない女子生徒がいた。ちょっと来い、と...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【日々の学習の様子】友達と勉強するって楽しい!「チーム自習室」始動!
大槌臨学舎では、11月上旬から新たな取り組みが始まりました。その名も【チーム自習室】。受験まであと4ヶ月を切った中3生ですが、毎年この時期はなかなかエンジンがかかりき...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【女川町民弁論大会】 「いつの日か 私が作った 家に住む」
文化の日の週末土曜、11月7日。女川町では、町民弁論大会が開催されました。「小学生の部」、「中学生の部」、「一般の部」の三部構成での実施です。町民が見守る中、子ども...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【高校生による英語ガイド】”大槌のいいところをたくさんの人に知ってほしい”
2015年11月1日、大槌ツアーを開催しました。2012年から開催している英語ツアー、今回でなんと6回目!今回は、司会進行や企画も生徒自身が行い、彼らの経験や想いを伝え...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
浦宿二区の実践に学ぶ地区運動会のススメ
女川町内では珍しい地区ぐるみのミニ運動会「浦宿二区健康祭り」が11月8日(日)行われ、ボランティアセンターでは地区内の交流をさらに深めるものとして、地区内事業所の永楽会・向学館の職員の方々をお連れして、共に競技に参加いたしました。あいにくの雨模様で集会所に会場を変えて行われましたが、老若男女50名に及ぶ参加者の距離が近く、かえって一体感のある楽しい運動会となりました。 総合体育館から借りられたレク...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.16】 青空バレーボール部Ⅰ
2011年3月11日は金曜日で、翌日が卒業式。女川第一中学校男子バレー部は、その翌日の13日に、練習試合を組んでいた。眼下を町が流されていき、生徒を誘導して高台の浄水場...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
一人暮らし高齢者宅の家具移動ボランティア活動(地区内の支え合いにボランティア登録でご協力をお願いします)
このたび一人暮らしの高齢者女性から自宅内の家具を少しだけ動かしてもらいたいと相談があり、お住まいの地区にいるボランティア登録者にお声掛けをして、応じてくれた3名の男性に活動していただきました。作業自体はすぐに済ませることが出来ましたが、地区内の住民だけあって全員が顔見知りで、お礼に入れていただいたお茶を飲みながらの談笑で住民同士の交流を深めていただくことも出来ました。 地区内の住民同士で支え合って...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
8、9基目の「いのちの石碑」-1000年後の出島へのメッセージ
毎日新聞地方版11月1日付けの記事を紹介。この様な地道な活動を継続している女川中卒業生たちに感謝。 あとはこういう石碑などを目にすることにより、日常から個人個人の津波含めた震災に対する意識を高めていくことが必要だと思う。 東日本大震災:女川中卒業生、離島に初「いのちの石碑」「津波の記憶伝え続ける」出島の2地区/宮城毎日新聞2015年11月01日地方版 東日...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.15】 さんまdeサンバ
♪歌え踊れ今日は秋刀魚の祭り♪女川では、今年も秋刀魚収獲祭が開催された。今年の会場は震災前と同じ魚市場。町は、秋刀魚を焼く煙と、4万人以上の人で溢れた。収獲祭のテー...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
~防災グッズ手作り講座~ 「いざという時のために、身近なもので作れるように」
ボランティアセンターでは、各地区のお茶会を出前講座やボランティアの派遣で支援していますが、防災や福祉等の学びのメニューにはなかなかリクエストが挙がらない為、皆で楽しみながら学んでいただけるメニューをあらためて検討し、このたび「防災グッズ手作り講座」を企画いたしました。 10月27日(火)行われた清水仮設住宅のお茶会での初めての実施は、どこでも手に入りやすい日用品を使ったいざという時の防災グッズ作り...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
敬老会アトラクションボランティア派遣報告
9月~10月に永楽会や地域医療センター等、各所から敬老会のアトラクション要請をいただき、昨年の実績を大きく超える合計20コマに町内外の8団体でお楽しみの時間を提供することが出来ました。 中でも印象的だったのが、昨年に引き続きご協力いただいた富谷町の民謡愛好家グル―プ「響和会」の代表者による居合道の演舞でした。居合切りの型の披露を参加者の皆様が固唾を飲んで見守り、居合「抜き打ち」が決まった瞬間、皆様...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ボランティア体験談】現役教員がボランティア参加!
コラボ・スクールにはこれまでも、様々な立場の方々が”ボランティア”として関わってくださいました。海外や日本の大学・大学院で勉強している大学生(高校生も…!)、全国各地の社...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
離島なお不安@出島
数日前の河北新報記事の一部抜粋。震災からの復興もさることながら、島民の間ではやはり原発事故に対する不安がまだまだ解消されていない。 <検証避難>退避施設整備離島なお不安廃校の教室を改修した屋内退避施設の内部。町職員(左)から住民が説明を受けた=14日、宮城県女川町の出島
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川民謡歌集「みんなで民謡」作りました
女川のご当地民謡の歌詞を求める声が多く寄せられ、これまでボランティアセンターで収集してきた歌詞を一冊の歌集にまとめました。誰でも親しめる民謡入門歌集ということで「みんなで民謡」と名付けました。 郷土愛にあふれる女川民謡の数々をぜひ皆で覚えて、お茶会やお祭り、または高齢者施設で披露する等、ご活用いただければと思いますので、希望者はお気軽にお申し出ください。 また地区や仮設等のお茶会で歌集を活用した民...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.14】 新学期は中島みゆきからⅡ
平成23年度4月、国語の教科書の最初の教材、中島みゆきの「永久欠番」の授業をどうするか。私は悩んでいた。去年も一昨年も教科書はこの詩から始まったが、今年は事情が事情だ。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【特別授業】”アニメ”の仕事につくということ
10月に入った月曜日。ハタチ基金の寄付企業である株式会社トリガー様が大槌臨学舎に来てくださいました。2012年に女川向学館でも特別授業をしてくださり、アニメ好きな子ども...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.13】 新学期は中島みゆきから
震災後、災害対策会議や校長会が連日開かれ、町の方針が話し合われていた。目的地が決められれば、そこに向かう道を作らなければならない。町が壊滅状態なのにも関わらず、新学期...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
映画『みんなの学校』の木村校長先生と、”これからの教育”について語り合いました。
映画『みんなの学校』をご存知ですか?大阪市住吉地区にある公立学校、「大空小学校」を舞台にしたドキュメンタリーです。全校児童220名のうち、特別支援の対象となる児童数が...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島にシカ?
とても久しぶりのブログ更新となります。自分自身で、忙しさ等言訳こいています。 今回は、「出島にシカ?」との数日前の河北新報記事。ちょっと信じられませんが、もしそうだとしたら、やはり震災以降の島及び周辺の生態系が大きく変化しているのかもしれません。でも、どのようにして出島に渡ったのだろうか?考えられるのは本土からか、金華山辺りから泳いで渡るしかない筈。 人間もそうであるが、動物も生き・・・
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【体験授業】1000キロ先に、絵本を届ける!私たちにもできる国際協力って?
2015年9月初旬。こんな告知チラシを見て、中学生たちが集まりました。「絵本を届ける運動」って、どんな運動なんでしょうか。どこの、誰に、どうやって、届けるんでしょうか。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
9月23日(水)大崎市災害ボランティア派遣の活動報告
9月の豪雨災害による河川氾濫で浸水被害が発生した大崎市で、災害ボランティアセンターが立ち上がり、女川町社会福祉協議会におきましても、災害支援協定の枠組みの中で大崎市社会福祉協議会に派遣した職員から、「現地でボランティアニーズが多数生じており、ボランティア活動者が不足している」という報告が入りました。 このことを受け、女川町ボランティアセンターでは町民の登録者に働きかけ、参加を希望したボランティア3...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
AERAに掲載〜子どもに居場所を 大人にたまり場を〜
2015年9月14日のAERA「現代の肖像」に元女川中学校教員でもある佐藤敏郎先生の記事が掲載されました。「小さな命を中心に考える」「何かが始まる予感」様々な活動...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.12】 カタリバがやって来たⅢ
23年度の学校は、すでに出来上がっていた年間行事計画の見直しを余儀なくされた。できないことはもちろん、やる必要ないものはやらない。逆にやるべきことは多少無理してもやると...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【国内留学2015】 「外国人のお宅に泊まる。外国の大学に通う。 in 東京」
 女川の中学2年生が、8月15日~19日の期間に、東京研修旅行へ行ってきました。彼らが参加したプログラムは、その名も「国内留学」。外国人家庭にホームステイし...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【震災から4年半】 地元職員インタビュー 「ようやく出口が見えてきた」
2015年9月11日、本日で東日本大震災から4年半が経ちました。今回、女川町に住む方たちの”実際の声”を掲載しようと、地元スタッフへのインタビューを実施しました。女川...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【大槌町を英語でガイド】イスラエル・パレスチナの方々へ被災地を案内しました。
2015年8月1日、今年度初となる英語での大槌ツアーを開催しました!お相手は、イスラエルとパレスチナから来た11名の方々。今回のツアーは、聖地の子どもを支える会の皆さ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.11】 カタリバがやって来たⅡ
学校はよく言えば安定しているが、逆になかなか変化できない。20年ほど前から「開かれた学校づくり」が話題になってきたが、長年にわたって構築されてきた学校のシステムに、外部...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
サンマでサンバお教えします
身体を動かすレクリエーションとして「さんまでサンバ」をとり入れたいと考えたが、振付が判らない、という住民からの相談を受け、「さんまでサンバ」の振付を担当された方に繋がり、当時振付けを引き受けた経緯と原点の振付を快く教えていただきました。 現在女川中学校で伝承されている振付と少し異なる部分もありましたが、両方の振付を兼ね備えた形でマニュアルも整備いたしましたので、地区の健康づくりにとり入れてみたいと...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
夏祭り機材貸出し報告
7~8月行われた地区・仮設の夏祭りで20か所に機材を貸し出しいたしました。どうしても機材の数に限りがあるため、先着優先としながらも、なるべく機材が平等に行き渡るように皆様には譲り合いに快く応じていただきました。 高齢化が進み、担い手不足はどこの地区でも共通の課題となっておりますが、住民同士の支え合いは普段の繋がりがあってこそですので、地域の絆を確かめ合い、新たに繋がり合う大切な機会としてボランティ...
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ふるさとの魅力を伝える】 ハワイ在住・日系アメリカ人との交流
女川より暑い常夏の国、ハワイよりBrigeClubHawaiiに所属する中高生が「トモダチアロハリーダーシッププログラム」の一環として来てくれました。海の向こう...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
岩手日報に掲載〜宿題はかどる学習会〜
2015年8月6日の岩手日報に大槌臨学舎で開講している、夏休みの学習の様子を掲載いただきました。小学生向けの「夏休み学びの場」に通っている小学3年生の生徒さん2人が、感...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
高校生3名が、震災後からの自身の成長について話しました。
継続的にご支援をいただいているサッポロビール、ポッカサッポロフード&ビバレッジをはじめとしたサッポログループの社員の皆様37名が、被災地の復興を応援する「東北復興応援ツア...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【高校生の手紙】 大槌からネパールの児童養護施設へ “ You are not alone. ”
「私も津波で家を失った、でも苦しい時期はやがて過ぎます。ほんの少しずつでいいから共に前に進もう。私も応援しています」“4yearsago,myhousewas...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.10】 カタリバがやって来たⅠ
先日、テレビを見ていたら、「復興は何パーセントくらい進んだと思いますか」という質問があって、地元の人が困惑しながら答えていた。私たちは何かというとすぐに数字にしたがるも...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【夏休み企画④】 自動車メーカーによる鋳物づくりワークショップ
今日の授業はいすゞ自動車株式会社の皆様による「ものづくり体験ワークショップ」。普段触ることのない”スズ(錫)”という金属を使ってのワークショップです。今回は小学1年生...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【夏休み企画③】 兵庫県宝塚市の中学生と海鮮BBQ!
6月16日に女川の海辺にオープンした漁業体験施設『あがいんステーション』。今日はそのあがいんステーションで、宝塚市の中学生と女川の中学生が交流。女川の中学生にとって、他...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【夏休み企画②】 Global企業と英語交流の一日
今日の英語授業のテーマは『女川マップ英語版の作成』です。ゴールドマン・サックス証券のボランティアメンバーの皆様が女川向学館に来てくださり、中学生と一緒に作成する授業です...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【プレスリリース】「教育の地域格差を解消したい」岩手県大槌町で一流カリスマ先生のオンライン授業開講 〜勉強サプリ×認定NPO法人カタリバがコラボレーション〜
2015年7月29日【プレスリリース】企業との共同プロジェクト開始のお知らせ認定NPO法人カタリバ(本部:東京都杉並区代表理事:今村久美)が運営する被災地の放課後...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ボランティア体験記】 ~1ヶ月でも短くない!自分を見つめ直すことができた子どもたちとのふれ合い~
コラボ・スクールの授業は、職員だけではなく、子どもたちに勉強を教える役割のボランティア(1ヶ月間)やインターン(3ヶ月間以上)など、自分に合ったさまざまな関わり方で参画し...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ボランティア体験記】 ~1ヶ月でも短くない!自分を見つめ直すことができた子どもたちとのふれ合い~
コラボ・スクールの授業は、職員だけではなく、子どもたちに勉強を教える役割のボランティア(1ヶ月間)やインターン(3ヶ月間以上)など、自分に合ったさまざまな関わり方で参画し...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
夏期休業のご案内
2015年夏期につきましては、以下の期間中は休業とさせていただきます。【休業期間】・女川向学館:2015年8月8日(土)〜2015年8月16日(日)・大槌臨学舎:...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【ボランティア・インターン体験記】水谷美絵さん 〜1ヶ月でも短くない!自分を見つめ直すことができた子どもたちとのふれ合い〜
コラボ・スクールの授業は、職員だけではなく、子どもたちに勉強を教える役割のボランティア(1ヶ月間)やインターン(3ヶ月間以上)など、自分に合ったさまざまな関わり方で参画し...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
<夏休み企画①> ペットボトルロケット!
夏休み企画第1弾!今日の授業は『ペットボトルロケット』です。ロケットを作成して、、、空気を満タンにして、、、装填完了!いざ!思った以上のロケットの威力に、大は...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.9】 2つの校歌
23年度は出島(いずしま)の女川第二中学校の生徒たちが、第一中学校の校舎で学校生活を送っていた。4月から一緒だった女川第一小学校は、7月に、それまで第二小学校に入っていた...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【高校生による大槌ガイド】 大槌臨学舎訪問ツアーを開催しました。
2015年6月25日、26日の2日間、大槌臨学舎訪問ツアーを行いました。今回のツアーは、日頃、なかなか直接活動を見ていただくことができない個人の寄付者の皆さんに大槌町に...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
コラボ・スクール 幼児クラス開講!
7月8日、女川向学館で幼児クラスをスタートしました!女川駅も開通し、町は復興を急いでいますが、小さな子どもたちが安心して遊べる場所は、まだまだ整っていません。また震災後...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
コマツ様より、プレハブ4棟を寄贈いただきました。
この度、コラボ・スクール大槌臨学舎にて教室として使わせていただいているプレハブ4棟を大槌町に寄贈いただく運びとなり、6月19日(金)に贈呈式を執り行いました。2011年...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.8】 お昼ごはんの思い出
震災後しばらくの間、給食はパンと牛乳だけだった。時々それに支援物資のゼリーやお菓子が一品つくことがあったが、成長期の中学生には到底足りなかった(成長期の大人にも)。ズ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川の小学生の七夕の願い。「まずしい人をたすける仕事につけますように」
今年も七夕の季節がやってきました。女川向学館でも、昇降口に笹の木を用意しました。子どもたちは思い思いの願いを込めて、短冊を笹に結い付けています。児童たちはいろいろな...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
サッカー日本代表の川島永嗣選手が、大槌町で”特別ゼミ”!
サッカー日本代表の川島永嗣選手が大槌臨学舎に来てくださいました!!!震災から4年が経ち、メディアでの情報が少なくなる中、実際に何が求められているか。ぜひ自分の目で確かめ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.7】 おたがいさま
女川第一中学校(現在の女川中学校)は高台にあったので、津波の被害は免れたものの、地震で体育館と理科室、美術室、音楽室、格技室などいくつかの教室が使えなくなった。そこに出...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
被災地での “ナナメの関係”
NPOカタリバは2001年11月、当時大学生だった今村久美と三箇山優花が立ち上げた。その時から明確な事業計画を持っていたというよりは、「今、動き出したい」という思いから...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.6】 復興絵はがき
女川町には『復興絵はがき』というものがある。二枚一組で、はがきになった絵は、女川一中(現女川中)生が描いたものだ。一枚は震災前の美しい海の絵。平成22年度の海の絵コ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【参加者募集】6/27(土)〜28(日)大槌臨学舎高校生による大槌町ガイド
※画像はイメージです普段からコラボ・スクールを応援くださり、ありがとうございます。ご寄付いただいている皆さまから、「これまで被災地へ足を運んだことがないのですが、そ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【目指せ!視聴回数1000回!】『女川町の紹介動画』について、中学生が新聞に投稿しました!
先日お知らせしました、生徒たちが作成した『女川町の魅力を紹介する英語動画』。実は、動画作成時に「YouTubeの”視聴回数1000回”を目指そう!」という目標を立て...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川向学館『保護者だより』のご紹介
保護者のみなさんとの協力なくして、児童・生徒たちの成長をサポートすることはできません。子どもたちの一番身近な存在である保護者のみなさんの負担を少しでも軽減しようという想い...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
ちょっと前ですが出島の状況・・・
お彼岸の頃の出島の光景です。大きな変化のないですが、今回はこれまで踏み入れてない、田ノ尻、殿浜地区?の状況をいくつか紹介。 残念ながら自分自身はどれがどの地区の画像なのか認識できませんが、でもやはり出島浜と大きな違いは無いとの印象です。 ”きらきらいきいき港?・・・災害公営住宅付近道路上のマンホール
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.5】 春休みのピアノ
先日、ポール・マッカートニーが来日し、ビートルズファンを大喜びさせた。72歳だという。彼には借りがある。震災直後の春休みのことだ。3.11は卒業式の前の日で、当然、式...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.4】 居場所Ⅱ
4年前、ガレキだらけの女川町にあって、高台(通称まるこ山)に建つ学校は別世界だった。女川町は、4月下旬に始業式を行った他の地区と違い、例年と同じ時期に新学期が始まった。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
朝日新聞に掲載〜地域ぐるみで子どもを支える仕組み『女川子ども応援団」』〜
2015年5月8日の朝日新聞に掲載されました。統廃合により小学校と中学校1校ずつになった女川町で、地域ぐるみで子どもを支えようという試みを始めています。「女川子ども応...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
寺間お祭り-その2 お神輿中心編
昨日5/17は寺間のお祭りに引き続いて、出島でお祭りが行われたようですが、天候にも恵まれ恙なく終了したことと推察します。 今回は、5/10の寺間お祭りでのお神輿中心の画像を一挙に紹介します。
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【映像】震災5年目のメッセージ。「東北を応援してくれている全ての方へ」高校生2名が町民200人のダンスリレー映像を作成
女川向学館の2名の高校生が、地元に根づく『さんまdeサンバ』という曲を使い、町民200人のダンスリレーを映像に収めました。「震災から3日後、母と歩きながら帰っ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.3】 居場所
避難所そばのコンクリートに寝そべって宿題をやっている子ども。向学館初期のホームページで紹介されていた写真だ。2011年7月、向学館が作られた一つの理由がその写真に明確...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
寺間お祭り
前日の肌寒さも和らぎ、ちょっと風がありましたが昨日晴天のもと寺間のお祭りが開催されました。今年は新潟からのボランティアグループの方々以外にも、伊豆諸島・神津島から松江さんのご支援があり、サザエの壺焼きとホタテ焼きを振る舞って頂きました。 昨年よりちょっと人が少ない感じだったみたいですが、盛況でサザエもお昼前に完売(完食?)となったみたいです。松江さん、本当にありがとうございました。今後も色々・・・
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【動画】中学生が伝える”復興する女川町の魅力”(英語編)
”女川町の魅力”を紹介する英語動画を作成しました。作成したのは、女川向学館・英会話クラスの中学生です。「自分たちが自慢したいことを、自分の言葉で、世界に発信する」学...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.2】 スタートは熟議から
夕方、学校を終えた小学生が向学館にやってくる。昇降口では、スタッフみんなで出迎えだ。ハイタッチする子、元気にあいさつする子、無言で教室に向かう子、上靴を忘れスリ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.1】 新学期によせて
はじめまして。佐藤敏郎です。今年度より、週2回ほど向学館に通うことになりました。学校現場の視点、そして、保護者の視点でコラボスクールの価値と可能性についてつぶやきます...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【被災地の教育現場 vol.0】 元教員のブログ開設 「これから数年、被災地の子どもたちに必要なこと」
認定NPO法人カタリバ女川向学館ディレクターの鶴賀康久です。日頃より、コラボ・スクールにご支援をいただいておりますこと、この場をお借りして深く感謝申しあげます。こ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
遠くからの応援を力に。
臨学舎では、新たに今年度から入会した生徒も迎え、2015年度の授業がスタートしました。その始まりの日となった20日、21日。生徒向けのガイダンスを行いました。今年度のテ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
<こどもの日> 東松島の青い鯉のぼりの大群
見上げればガレキの上に鯉のぼり女川第一中学校(当時)の生徒が、2011年5月に詠んだ俳句です。この句に、私が初めて出会ったのは、6月でした。ガレキに埋もれる町で...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
被災地に”子どもの居場所”が必要な理由
小学校低学年の児童たちは、バスが到着すると、学校が終わった解放感からか、多くの子が、走って校舎に駆け込んできます。教室についてから、静かに本を読むような子は少なく、ラン...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
日本教育新聞に掲載 ~教育活動にNPO学校「講師」加わる~
2015年2月23日の日本教育新聞に掲載いただきました。(ウェブ掲載が遅れまして失礼いたしました)コラボ・スクール女川向学館に通学しない生徒にも、支援が必要な生徒がい...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川小学校PTAより表彰いただきました。
女川小学校PTA総会にて、表彰いただきました。教育行政、学校だけでなく、PTAの保護者の方々からも改めて表彰いただけましたことを大変感謝いたします。今年3月に女川駅...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
全員合格!大槌にサクラサク。
大槌臨学舎では、2015年度の授業が来週から開始します。町内では、菜の花が満開!一気に春を感じる季節になってきました。ご報告が遅れましたが、2014年度中学3年生50...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
新小学1年生の初登校!
女川向学館に、新小学1年生が初登校!挨拶のお辞儀も1回では揃いませんでしたが、3回目で揃うことができました。現地講師から、きっちりとサポートを受けて、積み木を使った空...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
4月から、新しいスタッフが加入しています!
コラボ・スクールには、多様なスタッフが在籍しています。震災を機に、東北に移り住んだスタッフもいれば、「今こそ地元のために」とUターンしたスタッフ、そして、震災前から女川...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
NPOカタリバ、宮城県女川町とパートナーシップ協定を締結
2015年4月15日【プレスリリース】自治体との協定締結のお知らせ認定特定非営利活動法人カタリバ(以下『NPOカタリバ』、代表理事今村久美)と宮城県女川町教育委員...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
日経新聞に掲載〜守る すべての命を 避難促す木碑 住宅地に〜
2015年3月11日の日本経済新聞に復興木碑プロジェクトが掲載されました。代表の吉田優作くんが木碑を建てるに至った経緯をインタビューいただきました。※クリックすると大...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
読売中高生新聞に掲載〜復興担う誓いの門出 故郷に笑顔と希望を〜
2015年3月6日の読売中高生新聞に復興木碑プロジェクトを掲載いただきました。代表の吉田優作くんのインタビューが掲載されています。※クリックすると大きく表示されます。
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
朝日小学生新聞に掲載〜忘れないため「木碑」建てる〜
2015年3月3日の朝日小学生新聞に掲載いただきました。復興木碑プロジェクトについて、代表の吉田優作くんにインタビューいただきました。ぜひご覧ください。※クリックす...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
女川に桜が咲きました。
東京から10日ほど遅れて、女川に桜が咲きました。写真奥の校舎1階が、向学館が居を構える旧女川第一小学校校舎となります。手前は、旧グラウンドに建つ”一小仮設住宅”と呼ば...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
出島架橋実現へ大きく前進!
今期通常国会で数日前に表題の出島架橋の予算案が承認されたようです。40年以上に渡る女川町、出島の島民の悲願が実現される方向で動き出しました。 現状100名程度の島民にこのような国家予算を拠出することの是非は承知しますが、ただ島の存続及び周辺地区の将来を考えた場合、復興促進含めひとつの起爆剤およびモチベーションになると思います。震災復興関連予算を全く関係ないプロジェクトに使うよりは、本当の意味・・・
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
朝日新聞に掲載〜学びのハンディ解消を 校外の教育環境づくり〜
2015年4月3日付の朝日新聞(岩手県版)に大槌臨学舎の取り組みを取り上げていただきました。「臨学舎がなかったら、集中して勉強できなかった。夢はイラストレーター。もっと...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
NHK総合「あさイチ」にて放映 〜復興にかける高校生〜
復興が進む宮城県女川町で、町づくりのために活動をする、コラボ・スクールに通う高校生たちを取材いただき、3月31日(火)にNHKの番組で放映されました。また、子どもたちを...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
高校合格! たくさんのありがとう
女川向学館の生徒が高校に合格しました!合格発表の日。生徒から合格を報告する電話が入りました!みんな、女川向学館へ報告に来てくれました!!思わず先生に抱きつく生徒も...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
復幸祭が終わりました!
朝に投稿なんてステキ♡副船長です。まちがひらきましたー!女川駅洒落乙になってしまってちょっと寂しいけど、でも汽車走ってるって凄いな!これからやっと我歴STOCKの準備を本格的に進めなければなりません!頑張らねば(´・_・`)
記事のページを見る
Facebook復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
皆さまからのご厚意により、2月25日を持ちまして寄付金額が2,525,869円となり、目標達成いたしました。多大なるご支援、誠にありがとうございます。〜2011年...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
What I really want to tell is…
2015年3月7日、臨学舎で英会話クラスを受講していた高校生を対象に、英語スピーチコンテストを行ないました。高校1年生から3年生まで、総勢13名が参加。フィリピン、ア...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
TBSテレビ「NEWS23」にて放映 〜岩手・大槌町 女子高生が撮り続けた “町の現実” 〜
東日本大震災の発生から4年を迎えた3月11日(水)に、コラボ・スクール1期生の活動がTBSの番組で取り上げられました。ご覧いただけなかった皆さまにも、その内容がお伝えで...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
NHK Eテレ「エデュカチオ!」にて放映 〜学び 夢をはぐくむ 被災地の子どもたち〜
2011年から被災地の子どもたちへ継続して教育支援に取り組むNPOカタリバの「コラボ・スクール」や、そこで学ぶ生徒たちの様子が、3月7日(土)にNHKの番組で取り上げられ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
あの日から4年
あの未曾有の大震災から4年の月日が過ぎました。あっという間、またはまだ・・・と人によって感じ方が異なるかと思います。ただ、現実は復興はまだ道半ば、遅れていると思います。 時の経過と共に東日本大震災に対する世間の意識、関心が薄れていくのもある意味事実。東日本大震災だけでなくほとんどの自然災害に関しても同じではあるけど。 一方で最近、復興に向けて女川町頑張ってるなと感じています。各地で色々なイ・・・
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
読売新聞に掲載~心の傷 増える不登校~
2015年3月9日、読売新聞に掲載いただきました。女川中学校に別室登校する生徒と対話を続ける、女川向学館職員の言葉が紹介されています。「震災後、女川町は小中学生が4割...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
河北新報こども新聞に掲載~減災は自分の行動から~
2015年2月15日、河北新報こども新聞に掲載いただきました。紙面では、女川向学館の授業の中で実施した「減災アクションカードゲーム」の様子をご紹介いただいています。「...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
岩手日報に掲載〜学ぶ意欲応えたい〜
2015年3月3日付けの岩手日報に、代表今村久美のインタビューを掲載いただきました。「行政、学校、住民、支援者ら、大人がどう手を取り合い、足し算でなく(より効果的な)か...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
復興予算インフラ加速、本当?
お久しぶりです。大分ブログアップデートサボっておりました。 ところで数日前の朝日新聞一面にタイトルのとおり、出島の記事が載っていました。 記事の内容・意図は微妙ですが、出島架橋等含めた震災インフラ復興推進の記事でした。 確かに住民100人ほどの島に架橋の為に100億円もの国家予算を投入して良いのかとの 意見はあるかとは思うが、復興推進及び島そのものの将来的な存続を考慮するならば 何とか・・・
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【お知らせ】サーバー障害によるホームページ一時停止に関するお詫び
平素は、コラボ・スクールのサイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。この度は、ホームページの閲覧が2015年3月6日(金)午後4時半頃から3月7日(土)午前...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【3月31日(火)まで】進級・進学応援募金月間のお知らせ
〜2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちが、この春高校へ進学します〜「震災後の風景」が「日常」となって成長してきた子どもたち。未だに4割の子どもたちが、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
お久しぶりでございます
お久しぶりでございます。副船長でございます。皆様に一つお知らせを…船長変わりました初代船長殿は、錨上げと船内恋愛し、結婚。昨年11月に元気な男の子が生まれ、現在は育児休暇の為に役職を退き、女川福幸丸ご意見番の任務に就いております!二代目船長殿は、わたくし副船長の妹でございます!皆々様におかれましては、隅から隅までずずずぃーーっと宜しくお願い申し上げますー(._.)よっ!家庭内下剋上そんな我々クルー...
記事のページを見る
Facebook復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
それぞれの道。
こんにちは!高校3年釜石望鈴です。高校生レポート、久々の投稿!!高校生Myprojectのメンバー6人とこれからの進路についてお菓子を食べながらトークする機会がありま...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
JICA「クロスロード」に掲載〜被災した子どもたちの放課後学習を支援〜
2015年3月号のJICAボランティア向け実践ガイド「クロスロード」に大槌臨学舎の北見のインタビューが掲載されました。北見は2011年9月より、青年海外協力隊員としてベ...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
毎日新聞に掲載〜建て直すから風化させない〜
2015年2月20日付けの毎日新聞に、大槌町の高校生マイプロジェクトの一つ、「復興木碑プロジェクト」を取り上げていただきました。ブログ記事(第19回防災まちづくり大賞...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「あの震災を経験した自分だからできることを」第19回防災まちづくり大賞授賞式受賞レポート
先日もお伝えしましたように、大槌臨学舎から生まれたマイプロジェクト「復興木碑(ふっこうもくひ)」が、消防庁主催「第19回防災まちづくり大賞」にて日本防火・防災協会長賞を受...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
前期入試、合格発表
女川向学館の井上です。2月10日その日、職員室に入ってくる生徒は少し照れくさそうに、一言「先生、合格してました。」今までの緊張が、一気に解けました。普段以上の...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
岩手日報に掲載〜大槌のプロジェクト受賞 防災まちづくり大賞・協会長賞〜
2015年2月3日付けの岩手日報に掲載いただきました。高校生マイプロジェクトのひとつ、「復興木碑プロジェクト」が、この度、大槌町の推薦を受け、消防庁主催の「防災まちづく...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
仲間と共に壁を超える49日間。
岩手県高校入試まで49日と迫った、1月20日。臨学舎では、毎年恒例の「決起集会」を行いました。49人の中学3年生のうち、この日は44人が参加。同じ中学3年生の中にも、...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
受験目前!! 1日勉強会開催しました!!
1月24日(土)、中学3年生向けに1日勉強会を開催しました。「受験が近づいてきて、とにかく不安。」「何かやらなきゃと思うけど、不安ばかりが頭をよぎって、気がついたら何...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
目指せ、『教育長認定テスト』合格!
2015年1月13日〜16日の4日間、小学生向けの冬期講習『冬休み学びの場』を開講しました!大槌町の小学校は19日、20日が始業式。冬休み最後の週に集中して勉強に取り組...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
大槌町広報紙「広報おおつち」に掲載〜地域コーディネーターとして〜
2015年1月号の広報おおつち内の教育委員会だより「城山の風」に掲載されました。臨学舎代表の菅野が「地域コーディネーター」として、紹介されています。※クリックすると大...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【1/22で受付を終了しました】ご協力ありがとうございます:中学3年生の受験を応援するメッセージのお願い
※1月22日(木)をもちまして、応援コメントの受付を終了いたしました。たくさんの皆さまから、子どもたちへのあたたかいメッセージをいただきました。ご協力、本当にありがと...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【1/22(木)まで受け付けます!】中学3年生の受験を応援するメッセージのお願い
いつもコラボ・スクールの活動を温かく応援してくださっている皆さまへ、まもなく受験に挑む子どもたちへの応援メッセージのお願いです。コラボ・スクールの中学3年生は、2月から...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「2015年もがんばっぺし!!」
女川向学館の今年最初の授業は、1月5日からスタートしました。中学生の授業から始まり、続いて小学生の授業もスタート。毎日、寒い日が続いていますが、みんな元気いっぱいで...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
年末年始の恒例行事?!
2015年も半月ほど経ちました。大槌中学校では昨日、吉里吉里中学校は今日が始業式です。臨学舎では、先週から中学生、今週から小学生の授業がはじまっています。最近の自習室...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
本年もありがとうございました
本年も色々とご支援ありがとうございました。後半はブログ投稿も尻すぼみで申し訳ありませんでした。来年はもっと出島の情報発信したいと思っていますのでご協力&更なるご支援よろしくお願いします。 大晦日久々に紅白歌合戦見ていますが、MayJ.と長渕剛の歌が良かったですね。 皆様良いお年をお迎えください。
記事のページを見る
復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
「北海道新聞に女川向学館職員が登場~コラボ・スクールにかける想い~」​
​2014年11月22日、北海道新聞に女川向学館職員の芳岡のインタビューを掲載いただきました。「学力の問題を解決しなければ格差社会は広がっていく。思いを持てば負の連鎖か...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
臨学舎、3周年によせて
臨学舎も4年目を迎えることができました。「もう」3年たったと表現すべきなのか、「まだ」3年しかたたないと表現すべきなのか。「まだ」という気持ちもたしかにあります。...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
日経新聞に掲載〜企業・NPO 広場や体験施設作り〜
2014年12月24日付けの日経新聞夕刊に、臨学舎の取り組みが紹介されました。※クリックすると大きく表示されます。
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
2014年 最後の授業が終了!
女川ではここ数日寒い日が続き、粉雪が舞っています。12月28日、中学3年生の授業を最後に、2014年の女川向学館の授業が終了しました。今回は、寒さに負けず頑張る冬休み...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
朝日新聞に掲載 ~土曜放課後の教育 あり方考えるシンポ~
2014年12月20日付けの朝日新聞夕刊に、大槌臨学舎の山田が参加したシンポジウムの様子が掲載されました。本シンポジウムは国立教育政策研究所主催で、放課後や土曜の教育に...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
岩手日報に掲載 ~被災地の高校生が課題共有 7市町の30人集う~
12月22日付けの岩手日報に臨学舎で行なわれた高校生主催のイベントの様子が掲載されました。この会は、大槌臨学舎と女川向学館の高校生が中心となり、企画・準備・運営を行ない...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
子ども達からのメッセージ【がんばれ○○】
前回から引き続き、小学生の特別授業の紹介です。今回も私、井上から紹介させていただきます。今回は、いすゞ自動車株式会社様の協力で、『ものづくり体験ワークショップ』を...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
コラボ・ゼミ「後悔しないために、今できることを」
臨学舎で、今年度から新たな取り組みとして始まった「コラボ・ゼミ」。今回は、インターンスタッフとして11月から3月まで英語を教えている中村先生に、地元東京で暮らしてきた1...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
年末年始の休業のお知らせ
年末年始の業務につきまして、下記のようにお知らせいたします。【休業期間】・東京事務所:2014年12月30日(火)〜2015年1月4日(日)・女川向学館:2014...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【緊急】12月31日まで:ストーブ灯油募金のお知らせ
※12月15日をもちまして、募金額が739,000円に達しましたため、ストーブ灯油募金の受付を終了いたしました。多大なるご支援、誠にありがとうございます。子どもたちの学...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
【緊急】12月31日まで:ストーブ灯油募金のお知らせ
2011年の震災当時、小学5年生だった子どもたちがこの冬、高校受験に挑みます。東北の寒い冬、子どもたちが集中して学習に打ち込めるように…「ストーブ灯油募金」の募集を開...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
話せない悔しさと、もっと話したい気持ち。
12月に入り、大槌町では、雪がちらつく季節となりました。年末に向けて、生徒もそわそわし始める時期。中3生は来年3月10日の受験まで、残り100日を切りました。自習室では...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
『女川向学館で、小学生がプログラミング!?』
向学館では、通常の授業以外に特別授業も行っています。今回あった、特別授業の講師は、SCSK株式会社の『CAMP』の方々です。それでは特別授業の内容を、新人スタッフの井...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)
コラボ・ゼミ★「かわいい!」の裏側って・・・?
臨学舎では、今年度からの新たな取り組みとして、「コラボ・ゼミ」を開講しています。コラボ・ゼミは、ゼミ形式で生徒たちに色々な大人の話を聞いてもらう特別授業です。目的は、”...
記事のページを見る
ボランティア募集情報募金復興状況マップ(宮城県牡鹿郡女川町)