山形県西村山郡朝日町からのブログ記事
☆★津波から復活した鈴木酒造長井蔵~避難者支援事業で講演を聞く
<鈴木さん(左)と進行役の村田さん> 予定していた葉山への登山を、悪天候の予報だったために中止したおかげで、参加できないはずだった講演会に参加することができました。 長井市社会福祉協議会主催の「避難者支援事業」として行われた秋の交流会が11日午後、市内の宴会場で開催されました。 前半の講演は、いわき市から長井市に家族で移住されて活躍しておられる村田孝さんが進行役となって、鈴木大介さんの「長...
記事のページを見る
☆★変わる風景と変わらない思い~久々の沿岸部訪問
<車に積んだラフランス> 久しぶりに陸前高田まで行ってきました。 2012年12月に初めて陸前高田へボランティアに出かけてからもう6年になろうとしています。 山形の名産ラフランスは、リンゴでお世話になっている白鷹町の平井さんから調達しました。 注文したよりも多く持たせてくださったおかげで、陸前高田や東松島のみなさんにお分けする分も多くなったのはありがたいことでした。 <吉田さんご夫...
記事のページを見る
☆★閉所直前の小野仮設住宅~「感謝祭」用のもち米を運ぶ
<9月30日に「感謝祭」の小野仮設住宅> 東松島市の「小野仮設住宅」が、いよいよ閉所されることになり、この30日に「感謝祭」を開くと聞いていました。 30日は「葉っぱ塾」の大朝日岳登山を予定しているために、26日にお伺いしてきました。 ここに仮設住宅ができて6年。 私がここに通い始めたのは東松島のKさんの紹介で、仮設開設まもなくのころでした。 <山形から運んだもち米とリンゴ> ...
記事のページを見る
☆★小野仮設住宅いよいよ閉所~30日感謝祭!
<小野仮設住宅閉所イベントのチラシ> 7日午後、東松島のKさんから連絡が入りました。 「小野仮設住宅」のお別れのイベントがこの30日に行われるとのことでした。 この春桜を届けたときに尋ねた際、「秋ぐらいまでかな」と代表の武田さんがおっしゃっていました。 高台などに新しい家が建てられ、それぞれそこで新しい生活が始まっていました。 仮設住宅のいくつかが取り壊された跡に、復興住宅が建ち並んで...
記事のページを見る
☆★「おのくん」が里親探しています!~早い者勝ち!
<我が家で里親待機中の「おのくん」たち> 先日、久しぶりで東松島の小野仮設住宅に伺ってきました。 その際に引き取ってきた「おのくん」が二人、我が家で里親さんを待っています。 写真の手前のほうに置いた金麦の缶は、大きさの比較のためのもので、これは付属しているものではありません。 「おのくん」は大きさにかかわらず1000円です。 里親になりたいという方、ご連絡をお待ちします。 現地に行け...
記事のページを見る
☆★5か月ぶりの小野仮設住宅~にぎわう「おのくん」ハウス
<「おのくん」を訪ねて来られたお客様> 30日はほぼ5か月ぶりで、東松島の小野仮設住宅に伺いました。 2月に啓翁桜をお届けに伺って以来のことです。 山形道、東北道を経由し多賀城市から三陸道に入ると、東松島に通い始めたころとずいぶん道路環境が異なってきているのがわかります。 部分的にしか2車線ではなかった三陸道は、有料区間の鳴瀬・奥松島インターまで完全に2車線となりました。 <綿を詰...
記事のページを見る
☆★続けて重ねて60回!~週末保養「森の休日2017」第5回報告
<楽しかった川遊び> 15日~16日、福島の子どもたちと家族のための週末保養「森の休日」を開催しました。 福島からは6家族、20名のみなさんがおいでくださいました。 梅雨前線がこのあたりにかかっており、15日の午前中、一時激しい雨が降りました。 スタッフのみなさんの大部分は、会場の「Asahi自然観」に向かうときに、ワイパーも間に合わないほどの降雨に見舞われたそうです。 しかしその雨も...
記事のページを見る
☆★緑深まるブナの森で遊ぶ~「森の休日2017」第3回報告
<体育館で遊ぶ子どもたち> ☆「葉っぱ塾」では「前川前次官の証人喚問を実現させよう」というキャンペーンに賛同し、協力を呼びかけます。 福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日2017」は、今年3回目を10日、11日とで行いました。 一日目の昼前から天候が不安定となって、夕方まで雷雨となったのですが、その後は天候が回復しました。 雨のときには、「旧立木小学校」の体育館をお...
記事のページを見る
☆★『胡桃閑荘』、「繋ぐ人」から取材を受ける
<私には珍しく豪華なランチ> ☆「葉っぱ塾」では「安倍晋三議員をを国会議員から罷免しよう」というキャンペーンに賛同し、協力を呼びかけます。 「葉っぱ塾」が東日本大震災以降、様々な復興支援活動に関わるきっかけをつくってくださったキー・パーソンとも呼ぶべきお一人が、現在「復興ボランティア支援センター」にいらっしゃるTさんです。 「八木さん、陸前高田に行きませんか?」と、偶然お会いしたお蕎...
記事のページを見る
☆★「さようなら原発米沢のつどい」で「森の休日」の中間報告!
<27日の「つどい」のチラシ> ☆「葉っぱ塾」では「安倍晋三議員をを国会議員から罷免しよう」というキャンペーンに賛同し、協力を呼びかけます。 5月27日(土)、米沢市内で開催された「第45回さようなら原発米沢のつどい」で、この「葉っぱ塾」が取り組んでいる週末保養「森の休日」のことを報告してきました。 この1月、初めてこの集いに参加した際に、話題提起を依頼されていたものです。 この...
記事のページを見る
☆★「甦る」の田んぼで田植えにぎやかに!
<挨拶された鈴木さん(右端)> ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の衆議院通過に強く抗議し、「『共謀罪』を廃案にしよう!」キャンペーンへの協力を呼びかけます! 去る5月20日(土)、長井市内の田んぼで、にぎやかな田植え作業がありました。 6年前津波で全てを失った浪江町の鈴木酒造さん。 今は長井市内で「鈴木酒造長井蔵」として酒造りを続けておられます。 その酒蔵で作られるお酒の中に「甦る」...
記事のページを見る
☆★「さようなら原発米沢のつどい」で27日、話題提起します!
<5月27日のチラシ> ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します!賛同署名にご協力ください。 米沢で「さようなら原発米沢のつどい」という勉強会が毎月開催されています。 今月の集まりの中で、「葉っぱ塾」が取り組む週末保養「森の休日」のことを話題提起することになっています。 昨年、この会の代表の高橋さんから「ボランティア支援募金」とメールをいただき、こちらの取り組みに関心を持って...
記事のページを見る
☆★届いた! 吉永小百合さんから6回目のTシャツ~復興と平和への祈りのメッセージが!
<小百合さんの決意感じるメッセージ> ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します!賛同署名にご協力ください。 4日午前、大きな段ボール箱が2つ宅配便で届きました。 開けてみると、吉永小百合さんからのTシャツが50着入っていました! 吉永さんからTシャツをいただくのはこれで6回目となります。 販売して「葉っぱ塾」の復興支援活動に使うように、との変わらないご配慮に、胸が熱くなり...
記事のページを見る
☆★残雪、桜、新緑、青空~週末保養「森の休日2017」第1回報告
<残雪の上に咲くAsahi自然観の桜> ☆「葉っぱ塾」は「共謀罪」の成立に強く反対します!賛同署名にご協力ください。 福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」が今年も始まりました。 2012年5月に第1回を実施して、今年が6年目。 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して取り組んでいます。 今回は福島からは3家族13名のみなさんがおいでくださいました。 そのうち...
記事のページを見る
☆★南風が吹くと線量があがるのか!~原発事故は進行中!
<千歳山中腹から見た山形市内(4日)> 4日は昼近くなって、山形市に向かいました。 前日までの寒気が少し緩み始め、青空も広がっていたので、用事の合い間1時間ほど使って、千歳山に登ってみました。 わずかに汗ばむ程度のペースで登りました。 登山道脇に花でも見られるかと思ったのですが、私の目では見つけることはできませんでした。 下山の途中、山形市内の展望が開ける場所があって、写真を撮りました...
記事のページを見る
☆★大阪からの温かな手!~「第7回手をつなごうコンサート」報告
<第2部出演のみなさんと> 大阪の箕面市、「メイプル・ホール」で26日、「第7回手をつなごうコンサート」が開催されました。 2011年の大震災直後の4月に第1回目を開催して以来、毎年3月に、このコンサートを開いてくださっているのは、地元でリコーダー・アンサンブルの活動を展開しておられる皆さんです。 主に大阪周辺で活動している様々な音楽団体に呼びかけて、2部構成のコンサート会場で募金を集めて...
記事のページを見る
☆★雪景色の山形から大阪へ~明日、「手をつなごうコンサート」!
<明日26日開催のコンサート> 明日(26日)大阪の箕面市で開催される「手をつなごうコンサート」に参加するため、これから大阪に向かいます。 東日本大震災から6年が経過し、徐々に人々の関心も薄れる中で、変わらずに被災地を思い続けてくださる方々がおられることに、大きな力づけをいただいています。 このコンサートは大震災のその年に第1回が開催されていますが、2013年の第3回目からは、会場で集めら...
記事のページを見る
☆★陸前高田から届いた温かな思いやり
<昨年秋に訪れたときの「花っこ畑」> 去る3月11日は、東日本大震災から6年目の「震災の日」でした。 この冬は訪ねる機会がなかった陸前高田から、春を間近に嬉しいお便りと贈り物が届きました。 被災されたご自宅の跡地を「花っこ畑」として公開しておられる吉田正子さんから、3日前にメールをいただいていました。 「こんにちは。お元気ですか?いつもいろいろな支援ありがとうございます。桜は満開になり元...
記事のページを見る
☆★6年目の3.11、被災地で特別な時間を過ごす
<香積寺で咲いていた梅の花> 東日本大震災から6年の3月11日。 初めて被災地で「その日」を迎えました。 東松島でのボランティア活動の際、ひとかたならぬお世話になった川村さんに相談しましたら、石巻市郊外の香積寺(こうしゃくじ)で小さな慰霊祭が開かれると教えてくださいました。 三陸道を「桃生豊里(ものうとよさと)」ICで下りてまもなくの香積寺では、すでに梅の花が咲き始めていましたが、空から...
記事のページを見る
☆★まだまだ続けたいお手伝い~「葉っぱ塾ボランティア支援募金」第12次中間報告
<福島っ子からプレゼントされたアルバム> 葉っぱ塾ボランティア支援募金第12回中間報告 2016年8月5日 山形は7月末ぎりぎりに「梅雨明け宣言」が出されましたが、その後数日、不安定な空模様が続きました。暑さの中で、いかがお過ごしですか? 先の報告のあと、また3月11日を過ごしました。震災と原発事故からもう5年半になります。この間、参議院選挙、東京都知事選挙などがあったわけですが、震災復...
記事のページを見る
☆★必要な「長く続けるための仕組みづくり」~都知事選の結果を考える
<「おのくん」と新たに購入したTシャツ> 先日投開票が行われた都知事選挙の結果を見て思ったことは、多くの都民にとって、東日本大震災や原発事故のことはもう関係ないことになってしまっているのではないか、ということでした。 東京もあの日大きな揺れを体験し、事故を起した原発は、首都圏の電力をまかなっていたものだったのにもかかわらず、です。 7月28日のブログ記事で私は、福島から東京へと避難して暮ら...
記事のページを見る
☆★梅雨明けです!~梅雨空吹き飛ばしたれいちゃんからの応援
<長井葉山の上に入道雲!> 29日昼前、東北地方が梅雨明けしたとみられるとの発表がありました。 待ちに待った梅雨明けですが、どうもすっきりしない夏空です。 天気図を見ても、南の高気圧に覆われているというのでもないようなのです。 それでも昨日の午後には、長井葉山の上に入道雲が湧きたっていました。 <れいちゃんからの送金通知> 28日、山形市から帰宅して郵便受けを見ましたら、郵便振...
記事のページを見る
☆★都知事選で問われている憲法、原発
<2013年2月、伊達市内での放射線量表示> 今、東京都知事選挙が展開されています。 東京都のことではありますが、そこには福島のことも密接に関連しています。 原発の再稼働が必要だと明確に語る候補もいます。 福島から東京に避難して生活しておられる一人のお母さんの声に耳を傾けてください。 *********** 私は、6年前、福島から、この東京に避難してきました。幼い子ども達を被曝から...
記事のページを見る
☆★陸前高田、東松島へサクランボをお届けに~変容著しい津波被災地
<長井のサクランボを積んで> 昨年の秋以降伺っていなかった陸前高田に、28日行ってきました。 長井の菅野さんのサクランボ畑の「佐藤錦」も、今年は最終盤となっていました。 長井を出るときからずっと降っていた小雨が、国道343号線の峠道を陸前高田に向けて下り始める頃から止みました。 <海岸に築かれた巨大な防潮堤> もとの市街地があったところは、いったいどこにどんな建物があったのかわか...
記事のページを見る
☆★民間による放射能測定の努力続く~「支援者の集い」に参加
<27日の「支援者の集い」> 第54回となった「支援者の集い」が27日開催され、参加してきました。 行政や民間団体の関係者が情報交換する場です。 以前は夜に開催されていて、早寝早起きの私には厳しかったのですが、1か月置きに昼の開催となり、とてもありがたいと感じています。 山形県には4月段階でも3300人近い方々が避難生活を続けておられます。 そうした方々への支援ももちろんですが、避難生...
記事のページを見る
☆★「アウトドア義援隊」への支援と川内原発即時停止要求へのご協力のお願い
<東日本大震災支援の「アウトドア義援隊」の一場面> 熊本、大分などの地震の被害が広がっています。 犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げるとともに、いまだ行方不明の方々の一刻も早い発見、救出を願っています。 避難所での生活を余儀なくされておられるみなさん、ご自宅で不便な生活を強いられているみなさん、ほんとうに大変なことと思います。 東日本大震災のときに私も活動に参加した「アウト...
記事のページを見る
☆★2口の大口募金で、「森の休日2016」後半開催決定!~「葉っぱ塾ボランティア支援募金」これからも!
<昨年秋の「森の休日」で> 8日夕方帰宅したら、郵便振替の通知が届いていました。 封を切って中の用紙を取り出してびっくり! 10万円と、5万円あまりの2口の金額が振り替えられていました。 10万円の送り主は「曹洞宗福島県青年会のボランティア基金」からでした。 その2日前にお電話やメールをいただいていたのですが、カレンダーを販売してそこから募金を送ってくださったとのことでした。 その団...
記事のページを見る
☆★「胡桃閑荘」に申し込み第1号!~利用の準備も最終盤
<和室の正面> 福島のみなさんの家族単位での保養で使っていただこうと整備を進めてきた「葉っぱ塾」の小さな建物「胡桃閑荘(くるみかんそう)」に、昨日、第1号の申し込みが入りました! 手間暇かけて、どなたからも申し込みがなかったらどうしよう、と不安だったのですが、これで安心しました。 まだ整っていないものが少しありますが、なかなかいい感じになってきました。 和室の床の間に、先日、父が保管して...
記事のページを見る
☆★繋がる人の輪、続く支援~第6回手をつなごうコンサート報告
<第2部出演者の皆さまと一緒に> 3月27日、大阪の箕面市で「第6回手をつなごうコンサート」が開催されました。 東日本大震災支援のために音楽の力で被災地を応援しようということで2011年に始まったものです。 第3回目以降は、会場で集まった募金を「葉っぱ塾」が呼びかけて行ってきている福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」へと送ってくださっています。 このコンサートにお伺いす...
記事のページを見る
☆★「小さな森の休日」カレンダーを準備しました!~家族での保養にご活用を!
<「小さな森の休日」で使う「胡桃閑荘(くるみかんそう)」和室> 先日、このブログで、わが家の離れ「胡桃閑荘(くるみかんそう)」のことをご紹介しました。 一人で掃除したり、片付けたりしておりますので、なかなか一気にきれいにはなりませんが、およそ1か月後の4月25日以降から利用できるようにと考えています。 期日を外に向けて明言しないと、ずるずる先延ばしになりそうですから。 その申し込み状況を...
記事のページを見る
☆★福島のみなさん、「胡桃閑荘(くるみかんそう)」で、“小さな森の休日”いかがですか?
<「胡桃閑荘」の玄関(古い箒がそのまま!)> 福島のみなさんのための家族保養 「胡桃閑荘(くるみかんそう)で小さな森の休日」 2012年から福島の子どもたちとその家族のための週末保養「森の休日」に取り組んできた「葉っぱ塾」では、2016年春から、新たな保養の取り組みを行う準備を進めてきました。 「葉っぱ塾」の敷地内にある8畳2間(洋室1、和室1)、バス、キッチン、トイレ付の15坪の小さ...
記事のページを見る
☆★映画『首相官邸の前で』を見て、語り合う~震災メモリアルイベント2016
<3月の震災メモリアルイベントのチラシ> 3月5日、12日、19日と3週連続の土曜日、震災や原発事故に因んだ集まりを3つのグループが計画していましたが、19日はその最終回でした。 この日は「プラットホーム」という若者支援の団体が、ドキュメンタリー映画『首相官邸の前で』を上映し、参加者がそれぞれに思いを語り合うという集まりでした。 およそ30名ほどの皆さんが集まりました。 <ドキュメン...
記事のページを見る
☆★語る・聴く・学ぶ~「森の休日2016」に向け、スタッフ研修会を開催!
<スタッフ研修会に集まったみなさん> 福島の子どもたちやそのご家族を山形に招いての週末保養「森の休日」は、今年5年目に入ろうとしています。 2013年3月から毎年この時期、取り組みの振り返りと、スタッフの力量を高める目的で開いてきた研修会を、12日、山形市内で開催しました。 <「森の休日」の4年をDVDで振り返る> スタッフの一人である学生のYさんが昨年末作ってくれたDVDで、この...
記事のページを見る
☆★雪が舞う「文翔館」前に灯った鎮魂のキャンドル~3.11から5年
<キャンドルを作る> 大震災から5年目の3月11日。 今年も山形市の「文翔館」前で、県主催の追悼の集いが開かれました。 朝日町で蜜ろうそく作りを営んでおられる安藤竜二さんを代表とする「キャンドル・ライト・ネットワーク」のメンバーの皆さんと一緒に、この日のイベントをお手伝いしてきました。 準備中の午後2時46分。有志で黙とう。 一般の方々の受け付けは午後4時ごろから開始。 時折、5年前...
記事のページを見る
☆★大震災から5年、これからも続ける小さな取り組み
<大震災直後の新聞> きょうは3月11日金曜日。 5年前のあの日も金曜日でした。 おそらく多くのみなさんが、あの日のことをまだ鮮明に記憶しておられることと思います。 きょう夕刻から山形市の「文翔館」前で行われる追悼キャンドル・イベントのお手伝いをしながら、犠牲になられた多くの皆さまのご冥福を祈りたいと思っています。 「葉っぱ塾」の活動に専念しようと仕事を辞め、3年が経過しようとしている...
記事のページを見る
☆★3.11キャンドルナイト、山形市で開催~今年もお手伝いします
<5回目の3月11日、追悼イベントチラシ> 今年の3月11日は、あの大震災が起こった年と同じ、金曜日になっています。 みなさんそれぞれに、「あの日」の記憶がおありになり、その災害のことをまだ鮮明に思い起される方も多いと思います。 あれから5年が経過するわけですが、被災者の方々と様々な形で繋がり合いを紡ぎ続けてきた「葉っぱ塾」としては、特にこの日だからという強い思いはありません。 しかし、...
記事のページを見る
☆★「甦るプロジェクト」から今年も募金届く!~まだまだ続けるお手伝い
<わが家のお雛様。あれ?> きのうは3月3日。「ひな祭り」の日でした。 もっとも、昔使われていた月の暦では、今はまだ「睦月」で、ひな祭りは、太陽暦では4月9日になっています。 娘が生まれたときに、まだ存命だった母が少しずつ買い集めてくれたお雛様が、今年もその一部だけ、座敷に飾ってあります。 先ごろ訪問した東松島の「小野仮設」で生まれた「おのくん」二人が、「お雛様になってみたい」というもの...
記事のページを見る
☆★あれから5年、今なお仮設住宅~大防潮堤の陰で
<震災前の野蒜海岸付近> 先日東松島のみなさんに山形の啓翁桜をお届けに伺いました。 その際、「小野駅前仮設住宅」の集会所にもお邪魔したのですが、出入口のところに2つの航空写真が並べて掲げてありました。 一つは震災前の野蒜海岸付近のもので、もう一つはほぼ同じところの震災後のものでした。 まず、写真で最も目立つのは、きれいに湾曲した海岸線です。 ここが、東北では有数の海水浴場だったところで...
記事のページを見る
☆★「花っこ畑」の吉田正子さんたちが漫画になった!
<『Eleganceイブ』4月号表紙> まもなくあの大震災から5年になります。 メディアのほうも様々な特集を組むようで、この小さな「葉っぱ塾」にも、このところお尋ねや取材のお電話をいただいています。 いつも遠くから「葉っぱ塾」を応援下さっているOさんから、「陸前高田の吉田正子さんたちがモデルになった漫画が出ていますよ!」と、コピーが届きました。 インターネットで出版社などを調べ、すぐに市...
記事のページを見る
☆★増える保養へのニーズ~福島の方からの声をお聞きした「支援者の集い」
<2月24日の「支援者の集い」> 24日、「第52回支援者の集い」が山形市内で開催され、参加してきました。 このところ、毎月1回のこの会合は夜開催されていました。夜9時ごろ会合を終えて、長井市まで帰ると10時を過ぎてしまいますので、早寝早起きの私にはつらいものがありました。 こうして昼間の開催は、ほんとうにありがたいです。 この日はゲストとして福島からお二人の女性が招かれていました。 ...
記事のページを見る
☆★被災地に5回目の「啓翁桜」~早目の春をお届けに!
<車に積んだ啓翁桜> 2011年4月、桜咲く被災地を訪れたころは、多くのみなさんが避難所におられました。 あの年の桜はどこも見事に咲いていました。 しかし、被災された皆さんにはなかなか目に入らなかったのではないか。 そんなことから、12年2月、山形県特産の「啓翁桜」を被災地に運んだのでした。 あれから5回目の桜を、今年も25日、東松島に届けてきました。 陸前高田の「花っこ畑」吉田正子...
記事のページを見る
☆★原子力問題からこの国のこれからを問う~まもなくあの日から5年
<2月17日付け山形新聞記事> 福井県敦賀市に設置されている高速増殖炉「もんじゅ」。 2010年に起こった事故で現在運転はされていません。 山形新聞の記事は、この「もんじゅ」を廃炉するとしたときの経費を試算したら3000億円だというものでした。 しかも廃炉の作業を30年かかると見ているとのことです。 運転休止中も、これを維持するためには1日当たり5500万円かかっていると言われています...
記事のページを見る
☆★「手をつなごうコンサート」今年も!~大阪から「森の休日」への応援続く
<「手をつなごうコンサート2016のチラシ> 大阪の箕面市で、今年も「手をつなごうコンサート」が開かれます。 このコンサートは東日本大震災直後の2011年から毎年行われてきたものですが、その場で集まった募金を、2013年からは、この「葉っぱ塾」が取り組んできた「森の休日」のために送ってくださっています。 音楽や踊りを楽しむいくつかのグループが、まさにボランティアで集まり、当日の入場者の方々...
記事のページを見る
☆★まだまだできることがある!~近づく5年目の3.11を前に
<合同チラシ表> 東日本大震災からまもなく5年になろうとしています。 隣県であるこの山形では、発災直後から多くの方々がボランティアとして様々な活動に携わってきました。 5年という時間の中で、活動の仕方は少しずつ変化していますが、そんな中で現在も活動を続けている県内3つのグループで、このたび合同チラシを作成しました。 「葉っぱ塾」では今年も、福島の子どもたちやその家族向けの週末保養「森の休...
記事のページを見る
☆★災害に備える小物をあなどらず準備
きょう1月17日は、95年に発生した「阪神淡路大震災」から21年目の日です。 あの日はどんな日だったか、データを調べてみました。 「成人の日」がまだ1月15日に固定されていて、95年は15日が日曜日でした。 したがって、16日が振り替え休日で、17日は連休明けの火曜日でした。 地震が発生したのは午前5時46分。まだ夜明け前でした。 ここ長井市では積雪が42センチほどあって、気温はー9.2...
記事のページを見る
☆★吉永小百合さんから届いたTシャツ~「朝日」山形版に記事掲載!
<13日付け『朝日』山形版記事> 13日の『朝日新聞』山形版に、年末に吉永小百合さんから届いたTシャツのことを記事にしていただきました。 原稿を担当して下さったT記者さんは、「森の休日」にも足を運んでくださり、さらには山形市内で開催される月例の「支援者の集い」などもていねいに取材してくださっていました。 この「葉っぱ塾ブログ」で12月30日にTシャツのことを紹介したことへの反応はそれほど多...
記事のページを見る
☆★ありがとうございます! ボランティア支援募金~第11次報告
<陸前高田、吉田正子さんの「花っこ畑」> 葉っぱ塾ボランティア支援募金第11回中間報告 2016年1月7日 山形は珍しく雪のない年末年始でしたが、みなさまはどのような年明けを迎えられたでしょうか? 震災と原発事故からまもなく5年になろうとしています。年末、わが家に福島の小学6年生の男子ばかり5人がやってきてミニ・キャンプをしたのですが、震災の時、彼らはまだ1年生でした!5年という月日はそう...
記事のページを見る
☆★吉永小百合さん、ありがとう!~4度目の支援Tシャツ届く
<吉永さんから届けられた色とりどりのTシャツ> クリスマスの翌日の朝、宅急便のお兄さんが玄関のチャイムを鳴らしました。 届いた大きなダンボールを開けると、たくさんのTシャツが! 吉永小百合さんの筆跡で「寄り添っていつまでも」と胸にプリントされた多彩な色のものが50着入っていました。 吉永さんからTシャツをいただくのはこれで4回目です。 これを販売して、「葉っぱ塾」の被災地支援活動に使う...
記事のページを見る
☆★福島原発爆発の映像を初めて見る~「転換点」はいつ?
きのう(21日)は、朝から夕方まで、“自分通信”の「LEAF」第176号の送付作業に費やしました。 毎日のように更新するブログとは違い、およそ2か月おきの不定期通信。 印刷にかけるまでに、何度も読み返し、修正を加えます。 今回の号の巻頭には、11月中旬に行った「森の休日同窓会」のことを載せました。 楽しかった「同窓会」の合い間に耳に入ってきた放射能への不安。 これまでの4年間にお会いした...
記事のページを見る
☆★福島の隣県だからできる「お手伝い」~保養の研修会に参加して
<グループで話し合う> 4回連続で開催されることになっている「災害ボランティア/コーディネーター育成研修会」の第3回に、コメンテーターとして参加してきました。 私が一般参加者でなく参加できたのは、今回のテーマが「保養」ということだったからです。 前回の別テーマのときは、一般参加者としての参加でしたが、集まった方々の顔ぶれと会の内容とがどうにも不一致な感じがしていました。 今回は山形市内の...
記事のページを見る
☆★にぎやかにアクセサリーづくり~福島っ子たちと遊ぶ
<クリスマスカラーのステンドグラスの照明> 福島で日頃いろいろなストレスを抱えておられる方や、福島から山形に移住されたり避難生活を続けておられる方々に呼びかけて、19日、ガラスアクセサリーづくりの体験会を開催しました。 山形市内でステンドグラス工房を開いておられる武田えり子さんにまたまたお世話になりました。 工房の入口には、大人の腰の高さほどもあるステンドグラス作品の大きなクリスマスツリー...
記事のページを見る
☆★先細らせてはならない「保養」の取り組み~支えてください! 週末保養「森の休日」
<12月1日付け「朝日」の記事> 福島の子どもたちの「保養」に対して、全国の様々な方々が、それぞれの方法で取り組んでおられます。 それはもちろん、放射能の影響から極力子どもたちを遠ざけたいという思いからです。 12月1日付けの「朝日新聞」に、“福島っ子の保養キャンプ先細り”と題する記事が掲載されました。 この記事で紹介されているような大掛かりなものではないにしても、同じような「保養」の取...
記事のページを見る
☆★支え続ける。小さく、しかし長く!~「支援者の集い」50回の節目に参加して
<28日「朝日」山形版の記事> 28日付「朝日新聞」山形版に、25日に山形市内で開催された「支援者の集い」の記事が掲載されていました。 この4年あまりの間に開催されたこの集まりが、この日ちょうど50回目を迎えたのです。 月1回の集まりがもう50回。 東日本大震災と原発事故から、それだけの時間が経過しているということです。 私が参加したのはこのうちおよそ半分ぐらいでしょうか。 この集ま...
記事のページを見る
☆★支えてくださいこれからも~「葉っぱ塾ボランティア支援募金」ご協力のお願い
支えてください!「葉っぱ塾」の被災地支援 福島の子どもたちのための短期保養プログラム 「森の休日2016」等へのご支援のお願い “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、山形県長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、震災直後から、アウトドアメーカーのモンベルが中心となって行なった緊急物資支援活動「アウトドア義援隊」に参加したほか、その後も個人として、あるいは山形から...
記事のページを見る
☆★福島の子どもたちの健康を気遣う~きょう明日、「森の休日同窓会」
<チャリティ公演会場> 数日前にお電話をいただき、13日夜、市内のホテルの宴会場で開催される東日本大震災支援チャリティの和太鼓演奏会の合い間に、「葉っぱ塾」の活動を紹介するようにとの依頼がありました。 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」は、200名を超える個人から継続的なご協力をいただいていますが、実は長井市内の方はほとんどおられません。 同じ東北ですから、親戚などがおられて、それなりの関わ...
記事のページを見る
☆★久々の陸前高田、東松島へラフランスをお届け!
<白鷹峠付近から見る4日の長井葉山と雲海> 3日の段階から、翌4日の好天が予報されていました。 3日夕方、葉山から下山してすぐに、白鷹町の平井さんにお電話して、旬のラフランスのご準備をお願いしていました。 4日朝にそれを受け取り、向かったのは陸前高田と東松島でした。 途中の白鷹峠で霧の上に出ると、雲海の上に大朝日岳や前日多くのみなさんとご一緒した長井葉山の連山が浮かんでいて、見送ってくれ...
記事のページを見る
☆★地域総合情報サイト「Yamagata1」に紹介された「葉っぱ塾」の取り組み!
山形の地域情報をまんべんなく網羅した「Yamagata1」というサイトに、「葉っぱ塾」が取り組む被災地支援活動のこれまでのまとめを、「やまがた避難者支援団体活動インタビュー」のコラムに掲載していただきました。 ★「葉っぱ塾」の活動紹介 8月下旬、ライターのたなかゆうこさんがわざわざ来宅され、2時間以上にわたって取材してくださいました。 お話しだけでなく、これまでの「葉っぱ塾」の膨大な関連資料...
記事のページを見る
☆★減少する避難者、膨らむ不安~第47回「支援者の集い」に参加して
<26日の「支援者の集い」> 震災後まもなくから月1回のペースで開催されてきている「支援者の集い」。 「復興ボランティア支援センターやまがた」が呼びかける第47回目の会合に、26日、しばらくぶりで参加してきました。 毎回この集まりで、県の避難者支援室から報告される県内への避難者の数は、3700人余りに減少していました。 もっとも多い時から比べるとおよそ1万人の減少です。 その減少が、福...
記事のページを見る
☆★まだまだ続ける「ボランティア支援募金」~第10次会計中間報告
■葉っぱ塾ボランティア支援募金第10回中間報告 2015年8月8日 冷夏の予報もあったこの夏でしたが、山形は猛暑の夏を迎えています。いかがお過ごしでいらっしゃいますか? 震災と原発事故から4年半の時間が過ぎました。津波被災地や放射能のことが報道されることも少なくってきています。しかし、当事者のみなさんとのつながりから聞こえてくる情報は、あまり芳しいものではありません。 1986年4月に...
記事のページを見る
☆★初めて「走る仙石線」を見た!~小野駅前に「空の駅」も!
<建設進む復興住宅> 久しぶりに東松島の「小野駅前仮設住宅」に行ってきました。 仮設住宅に近づいての一番の変化は、「復興住宅」の建設が進んでいることでした。 「朝一番で行きますから」と武田文子さんに連絡していましたら、仮設の集会所を早く開けて待っていてくださいました。 車に積んでいった旬の野菜とお米を手渡すと、喜んでくださいました。 「建っていますね。」と申し上げたら、「この2階屋、家...
記事のページを見る
☆★「森の休日」、モンベル フレンドフェアで報告!~新たな出会いも
<ステージで「森の休日」の報告(岡田さん撮影)> 6日、仙台市の「夢メッセみやぎ」で開催されている「モンベルフレンドフェア」で、「森の休日」のことを報告する機会をいただいていました。 朝8時過ぎに会場に着きましたら、なんだかVIPのように控室までご準備いただいており、恐縮しました。 私の報告は昼を挟んだ時間帯でした。東日本大震災直後の「アウトドア義援隊」の活動から現在進めている「森の休日」...
記事のページを見る
☆★温かな青梅からの「手」、今年も!~コンサート、バザーお力添えを!
<青梅での「葉っぱ塾応援コンサート」のチラシ(表)> 青梅の有志の皆さまが続けてくださっている被災地支援のコンサートやバザーが今年もまた開かれます! このイベントが「葉っぱ塾」とつながって、3年になります。 時間の経過に伴って、あの震災が、あの原発事故が、なかったかのように進められる政治にあらがうように、今年も多くの皆様の力を集めて募金や物資販売に取り組んでくださると連絡をいただきました!...
記事のページを見る
☆★鈴木酒造長井蔵田植えイベントお手伝い~長井葉山山麓逍遥
<葉山山麓を歩く参加者のみなさん> 津波被災を受けた福島県浪江町からこの長井市に移って酒造りを続けることになった「鈴木酒造長井蔵」さんの酒米の田植えが24日行われました。 その前日が長井の「黒獅子祭り」だったこともあって、全国各地から「田植え応援団」の方々が駆けつけたとのことです。 そのおよそ半数のみなさんが、25日まで残ってくださって、私が長井葉山山麓をご案内しました。 前夜は田植えを...
記事のページを見る
☆★「葉っぱ塾ボランティア支援募金」からネパールへ!
<30日の朝刊記事(「朝日」> 25日に起きた「ネパール大地震」の被害は拡大の一途をたどっています。 私たちの国よりも機械力がないということもあるでしょうし、山岳地帯ということもあるでしょう、被災の実情の把握にまだまだ時間がかかりそうです。 <送金伝票> この緊急事態にかんがみ、様々な団体が支援の意向を打ち出しています。みなさんのお近くのところで協力していただければそれでよいと思い...
記事のページを見る
☆★東日本大震災への山形からの支援~活動の記録まとまる!
☆本日(21日)正午からの『徹子の部屋』に、クミコさんと一緒に弟のやぎりんが出演します!ご覧いただける方、録画可能な方、お忘れなく。 <パンフレット表紙> 今月始め、「山形県復興ボランティアセンター」から『東日本大震災における山形県の協働、支援活動の記録』と題するパンフレットが届きました。 あの震災での揺れはかなりあったものの、深刻な被害を受けなかったここ山形は、太平洋岸の被災地への...
記事のページを見る
☆★原発、不穏な現象進行していないか!?~線量増加が記録されている!
<チェルノブイリ基準での避難区域地図> 先月の新聞記事に、宇宙線を透視することで福島の原発の内部を「見た」ら、原子炉内には解けた核燃料は「ない」ということがはっきりしたということが掲載されていました。 つまり、完全にメルトダウンして、土壌を融かしながら地下に潜り込んでいるということです。 そんなふうになった核燃料がいったいどうなるのか気になっていたのですが、4月に入ってからのツイッターやフ...
記事のページを見る
☆★「手をつなごうコンサート」、葉っぱ塾からの御礼
<ロビーに置かれた掲示板> 第5回手をつなごうコンサート 出演者、ご来場の皆さま、実行委員のみなさまへ 大震災直後に第1回目のコンサートを開催されて以来、毎年3月に続けてこられたコンサートが今年は5回目。そしてその応援の「手」が山形の「葉っぱ塾」に届くようになって今回が3回目。 今回のコンサートをずっと楽しみにして待っていました。そして初めてそのコンサートの場に伺うことができ、皆様の熱...
記事のページを見る
☆★つなぐ人がいて、人はつながる!~第5回手をつなごうコンサート報告
<第1部の出演者のみなさんと> 29日、大阪府箕面市の「メイプルホール」で、「第5回手をつなごうコンサート」が開かれました。 東日本大震災直後の4月に第1回目の被災地支援コンサートを開催して以来、毎年春に取り組んでこられたものです。 昨年1月、別の用事で箕面市を訪れたときに、このイベントの中心となっているお二人にお会いする機会はありましたが、コンサートそのものに伺うのは今回が初めてでした。...
記事のページを見る
☆★大阪での熱いコンサート
今、とても満ち足りた温かな気持ちで新幹線に乗ったところです。 昨日、大阪府箕面市の「メイプルホール」で、五回目となる「手をつなごうコンサート」が開かれたのです。 その会場で呼びかけられ集めらた募金が後日、「葉っぱ塾ボランティア支援募金」に送られることになっています。 コンサートは12時からの第1部と15時半からの第2部があり、合わせて15ものグループが出演しました。 被災地から遠く離れた大...
記事のページを見る
☆★大阪で「手をつなごうコンサート」29日開催!~遠くからの温かな手
<コンサートのチラシ> 震災から4年が経ち、少しずつ被災地への思いが薄れてゆく傾向にあることはやむを得ないことなのかもしれません。 ましてそれが被災地から遠く離れた所であればあるほど、その傾向は強いかもしれません。 29日に大阪の箕面市で開かれようとしている「手をつなごうコンサート」は、被災地からずいぶん遠いのですが、今年も開催されます。5回目になるのでしょうか。 そして、このコンサート...
記事のページを見る
☆★吉永小百合さん『第二楽章~福島への思い』に込められた静かな決意を受け止める
<『第二楽章』~福島への思いジャケット> 女優の吉永小百合さんが、福島の詩人たちの作品を読んだ朗読CD『第二楽章~福島への思い』(ビクターVICL-64292¥3024税込み)を、3月11日に出されました。 広島、長崎、沖縄と、朗読のCDはこれまで三作ありましたので、これが四つ目ということになります。 このCDには、福島在住の詩人和合亮一さん、佐藤紫華子さん、若松丈太郎さんの作品に加え、和...
記事のページを見る
☆★「未来への種」を蒔く~「森の休日」スタッフ研修会を経て4年目が始まる!
<「森の休日」スタッフ研修会に参加したみなさん> 2012年5月から取り組み始めた「森の休日」は、今年4年目に入ろうとしています。 放射線量が高い福島での生活のストレスを解放し、子どもたちに思いっきり遊んでもらいたいというのが、この週末保養の目的です。 その取り組みを、たくさんのボランティアスタッフのみなさんが支えてきてくださいました。 昨年、一昨年の3月に続き、今年も「ボランティアスタ...
記事のページを見る
☆★自分に何ができるか問い続けよう~3.11キャンドルナイト
<準備にあたる「キャンドルリンク」のみなさん> 今年の3.11も、山形市内の「文翔館」前で14時46分を迎えました。 山形県や県社会福祉協議会などが主催する追悼のキャンドルナイトのボランティアスタッフとして参加してきました。 山形でキャンドル、と言えば安藤竜二さんです。彼の呼びかけで、阪神淡路大震災の慰霊祭で使われるキャンドルを作っているつながり「キャンドルリンク」の皆さんと一緒に、明るい...
記事のページを見る
☆★大震災から4年~薄れる関心、遅れる「心の復興」
<大災害を報じる当時の新聞> 4年目の3月11日です。 あの日、山形は真冬に逆戻りしたような雪の日でした。今年は、つい二日前までは春を感じさせる陽気が続いていたのに、昨日から雪となり、昨夜からは強風も吹き荒れて吹雪です。 震災で亡くなられた多くの方々、またその後避難所や仮設住宅で亡くなられた方々のご冥福を、あらためて心からお祈り申し上げます。 昨日の新聞記事の中に、日本赤十字社に寄せられ...
記事のページを見る
☆★大震災から4年、山形市でのキャンドルナイトのご案内
<3.11キャンドルナイトチラシイン山形市> 明日3月11日はいうまでもなく、大震災と大津波、そして原発事故が起こった日です。4年になります。 亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。 山形市の「文翔館」前で、慰霊のキャンドルナイトが行われることになっています。 昨年同様、双子の蜜ろうそくを作り、一つは会場で点火、一つは各自が持ち帰りそれぞれお家で活用していただくことになりま...
記事のページを見る
☆★二本松へ「磐城壽」と酒粕を運ぶ~まだまだ続ける小さなお手伝い
<車に積んだ「磐城壽」と酒粕> 以前からわずかなお手伝いを続けている二本松市の「岳下住民センター仮設住宅」に、6日、今年初めてお伺いしてきました。 この仮設住宅では沿岸部の浪江町から避難しておられる方々が住んでおられます。 前回訪ねたときに、浪江にあった鈴木酒造が今は私が住む長井市に移って操業していることが話題となり、「今度来るときに、お酒を持ってきます」と約束したのです。 皆様からいた...
記事のページを見る
☆★『福島~いきものたちの記録』~野生生物に広がる放射能の影響
<会場入り口のポスター> 4日、天童市立図書館で、『福島~いきものたちの記録』という映画の上映会があり、行ってきました。 「復興ボランティア支援センター」のTさんがわざわざ紹介くださったものです。 人間に対する放射能の影響について語られることは多くても、その他の生き物にも及んでいることについてはなかなか思いが回っていなかったので、とてもいい機会をいただいたと感じています。 映画には、タン...
記事のページを見る
☆★「甦る」試飲会にぎやかに~募金へのご協力も!
<挨拶する鈴木専務> 震災と原発事故の後、福島の浪江町から長井に移り、酒造りを始めた「鈴木酒造長井蔵」。 ここで造られたお酒「甦る」の試飲会が1日夜、開かれました。市内外から70名近い方々が参加され、にぎやかな会となりました。 <「葉っぱ塾」の活動を発表するヤギおじさん> 鈴木専務のご挨拶に続いて「葉っぱ塾」から、被災地への応援について報告する時間をいただきました。 というのは、...
記事のページを見る
☆★変わる被災地へ変わらぬ思いを届けたい!~啓翁桜を積んで
<車に積んだ啓翁桜> 27日、今年も「啓翁桜(けいおうざくら)」をお届けに、東松島と陸前高田に伺いました。 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」でこの桜をお届けするのは4回目になります。 あの震災の春は、東北の桜はやけにきれいに咲いたのに、多くのみなさんは野戦病院のような避難所での生活のさなかで、ゆっくり桜を見ているような状況ではありませんでした。 山形で多く栽培されているこの桜を届けようと...
記事のページを見る
☆★遠く大阪から届くあたたかな「手」~今年も開催「手をつなごうコンサート」!
<今年のコンサートのチラシ> まもなくあの大震災と原発事故から4年です。 人々の関心が少しずつ薄れてゆくのは、どうすることもできない自然の成り行きかもしれません。 そんな中で、被災地から遠く離れた大阪の箕面市で、「手をつなごうコンサート」がこの春も開催されます。 そして、嬉しいことに、そこで集められた募金をこの「葉っぱ塾」が呼びかける「ボランティア支援募金」に送ってくださいます。 この...
記事のページを見る
☆★「おのくん」写真絵本、「空の駅」~東松島復興へまた一歩
<絵本、『おのくんとおさんぽ』> 先週、今年になって初めて東松島の小野駅前仮設住宅を訪ねてきました。「おのくん」の材料となる綿をたくさん持参しました。 仮設住宅は少しずつ居住される方が減っているようでした。まもなく4年になるのですから、当たり前と言えば当たり前です。 新たに写真絵本が出来上がっていました。『おのくんとおさんぽ』(税込¥1080)は、東松島の風景や産業の紹介を上手に織り込みな...
記事のページを見る
☆★週末保養「森の休日」サポーター研修交流会開催!~新たなボランティアも募集!
福島の子どもたちのための週末保養プログラム「森の休日」 サポートスタッフ研修・交流会2015 開催のご案内 “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、山形県長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、2012年春以降、県内のボランティア関係者のお力をお借りしながら、福島の子どもたちとその家族のための週末保養プログラム、「森の休日」を、朝日町にある宿泊施設「Asahi自然...
記事のページを見る
☆★『週刊女性』に吉永小百合さんと「葉っぱ塾」!~あたたかなまなざし
<『週刊女性』2月10日号表紙> 昨年2月にも「葉っぱ塾」と吉永小百合さんのことを紹介くださっていた『週刊女性』が、27日発売の最新号で再び「葉っぱ塾」と吉永さんとの交流を取り上げてくださいました。 吉永さんがライフワークとして継続的に取り組んでこられた原爆詩の朗読会を、山形県内では初めて「葉っぱ塾」が主催した経緯を、記事は丁寧にご紹介くださっています。 また、山形で昨年12月6日に開催さ...
記事のページを見る
☆★葉っぱ塾ボランティア支援募金 第9回中間報告
<「葉っぱ塾」から旅立っていったたくさんの「おのくん」たち> 山形は12月に入ってから早くも寒波が繰り返しやってきて、年末年始は例年の2倍から3倍もの積雪になりました。暖冬との予報は今のところ大はずれといったところです。 震災からこの3月で早くも4年です。長いと思われる方、短いと感じられる方、それぞれいらっしゃることと思います。 被災地の復興について、みなさんはどのように感じておられますか...
記事のページを見る
☆★「移住費用は国が負担すべき」~カルディコット博士からの提言
<カルディlコット博士会見映像2012年11月19日> 【ヘレン・カルディコット医学博士プロフィール】 1938年、オーストラリア・メルボルン生まれ。ハーバード大学の小児科でも教鞭をとり、2万3000人の医師を擁するPhysiciansforSocialResponsibility(社会的責任を果たす医師団)の創立会長となる。その傘下組織「InternationalPhysiciansfo...
記事のページを見る
☆★山形から福島を考える~第4回ボランティア・ミーティング
<開会行事で主催者あいさつ> 3人の女性たちが9月から開催してきた「ボランティア・ミーティング」の第4回が20日、山形市内で開催され、参加してきました。 過ぎ去ってゆく時間とともに、震災や原発事故のことも忘れられてはいないのか。そうであれば、それを少しでも食い止め、自分たちにできることを考え続けてゆきたい。主催者のそんな思いが伝わってくる集まりです。 <第1部は『内部被ばくを生き抜く』...
記事のページを見る
☆★子どもたち若者たちの未来のために投票を!
<日刊ゲンダイ記事2014年12月13日> 「アベノミクス解散」とも「大義なき解散」とも言われている衆議院の選挙は今日が投票日。 与党の圧勝だとの情報が早い段階から流布され、選挙への関心が低下しているとも言われています。 2年前の総選挙でも、与党に投票した人は全有権者の4分の1ほどしかいなかったのに、議席の大半を占めてしまうという選挙制度の問題点も指摘されてきました。 大震災と原発事故と...
記事のページを見る
☆★「災害ボランティアセンター運営者研修会」に参加
<研修会風景> 12日は、県の社会福祉協議会が主催する「災害ボランティアセンター運営者研修会」という集まりがあって、参加してきました。 震災直後の2011年から年1回行われているものですが、昨年夏の南陽市での豪雨災害の際、山形県内では初めて「ボランティアセンター」が設置されたときには、この研修が大いにその成果を発揮できたのではないかと私は考えています。 <ボランティアセンターで起こりう...
記事のページを見る
☆★まだまだできることがある~学んで一歩を踏み出そう!
☆昨夜長野県内で地震があったことを、災害ボランティアへの緊急メールで知りました。地震の規模は6.8とのことでしたが、震源が浅く、狭い範囲が大きく揺れたのかもしれません。被害が最小限であることを願っています。 <高校生も参加した集まり> 22日、山形市内で「ボランティア・スタディ~福島の現状と支援を知る」という集まりがありました。 私もその報告者の一人としてお招きを受けていました。 こ...
記事のページを見る
☆★「おのくん」がつないだ細いご縁~星野道夫さんにもつながっていた!
<名古屋に旅立った「おのくん」たち> 先月末に、東松島の小野仮設住宅の女性たちが作った「おのくん」を30体、名古屋に向けて送り出しました。 名古屋にある私立のN高校で開催された「復興支援チャリティコンサート」で里親を探してもらうことになったのでした。 仲立ちをしてくださったのは、その高校で講師を務めておられ女性ですが、その方が、コンサートのパンフレットを送ってくださいました。 その中に「...
記事のページを見る
☆★ボランティア・ミーテイングのこと~22日山形市で開催!
ボランティアでつながった若い女性3人組が、震災のことやボランティアのことをもっともっと多くの人たちと分かち合いたいと、素晴らしい集まりを企画してくださいました。 「ボランティアミーティング」と名付けられた集まりはすでに終わったものもありますが、22日(土)には私もお招きを受けています。週末保養「森の休日」のことなどを皆さんと分かち合いたいと考えています。 ぜひ多くのみなさんにご参加いただきたい...
記事のページを見る
☆★陸前高田、東松島へ
<12日の「花っこ畑」> 8月以降なかなか伺えなかった陸前高田の吉田正子さんをお訪ねしてきました。 途中の峠道の紅葉はもう終わりかけていましたが、陸前高田の海辺の森は今が紅葉の盛りといったところでした。 「花っこ畑」は、寒さに強い花が咲いていましたが、晩秋ともなれば春や夏の華やかさはありません。吉田さんとご友人が、畑の手入れをなさっていました。 <お届けしたラフランスと「つや姫」新米...
記事のページを見る
☆★4度目の冬間近の二本松の仮設住宅へ~ボランティア支援募金を活用
<集会室で作業する女性たち> 昨日(10日)は久しぶりに二本松市の仮設住宅に伺ってきました。 二本松インターに近いこの仮設には沿岸部の浪江町から避難しておられる方々がお住まいです。 ここの女性たちが、布地や端切れなどを使って様々な布製品を作り、販売しておられることを、少しだけお手伝いしています。 この日は先月知人から紹介された古い倉庫に保管されてあったニットの布地などの材料と、「ボランテ...
記事のページを見る
☆★焼きカボチャの香り流れる紅葉の森で~「森の休日2014」第12回報告
<紅葉の森に灯るカボチャランタン> 福島の子どもたちやその家族を招いての週末保養「森の休日2014」第12回は、1日、2日に開催し、福島からは4家族14名をお迎えしました。 1日目は「ハチ蜜の森キャンドル」が主催する人気行事「カボチャ・ランタン」の行事に参加していただきました。 毎年紅葉が見ごろの時期に開催されるこの行事は、蜜ろうキャンドルを作る作業と、カボチャをくり抜いてランタンを作る作...
記事のページを見る
☆★「おのくん」30人、名古屋へ!~若者と被災地の新たな絆を期待
<名古屋に旅立った30人の「おのくん」たち> 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」に毎月送金して下さる女性から、「講師として勤務する高校のイベントで「おのくん」の里親探しをしたい」と連絡をいただいたのは、たしか初夏のころだったと思います。 その高校は女子高で、このところ毎年11月に、腕に覚えのある先生方が「復興支援コンサート」を行い、そこで生徒たちから支援金を募って被災地などに送っているのだそう...
記事のページを見る
☆★リンゴと新米を小野仮設へ!~まだまだ続けるお手伝い
<リンゴと新米を積んで> およそ1か月ぶりで東松島の小野仮設住宅に行ってきました。 10月10日と言えば、そうです。ちょうど50年前、「東京オリンピック」の開会式があった日でした。 50年。半世紀。あれからそんな年月が経つのかと感慨深いものがあります。 ストーブがほしいと思うほどに冷え込んだ長井から、白鷹町の平井さんのリンゴと、新米の「はえぬき」を積んで出発。 朝方は曇っていた山形から...
記事のページを見る
☆★「甦るプロジェクト」からボランティア支援募金!
<募金に協力くださった「甦るプロジェクト」の皆様と> 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」に、このたび「甦るプロジェクト」の皆様からご協力をいただきました。 震災・原発事故後に福島県いわき市からこの長井市に移住し、農業に取り組み始めた村田さんからお電話をいただいたのは1週間ほど前でした。 「「甦るプロジェクト」関連商品の売り上げから募金に協力したいので都合は?」とのことで、25日お昼にお伺いす...
記事のページを見る
☆★待遠しい「モンベル山形店」の開店~10月2日オープン!
<山形駅近くに建設中の「モンベル山形店」> いま、山形駅近くに「モンベル山形店」の建設が進んでいます。 10月2日(木)午後1時オープンとの案内が届きました。 一足先にできた天童店は、イオンモールの中の小さなテナントでしたが、山形店は独立した建物の本格的な店舗です。 モンベル直営店としては全国で92番目ぐらいでしょうか。 このモンベルさんからは、「葉っぱ塾」が取り組んでいる福島の子ども...
記事のページを見る
☆★まだまだ続けたい「森の休日」~募金に頼るその理由
<9月10日付け「山形新聞」掲載の記事> ※写真をクリックすると拡大されます。 きょうは9月11日。あの大震災と原発事故から3年半。また、アメリカの同時多発テロから13年になります。 改めて、亡くなられた方々のご冥福を静かに祈ります。 昨日の山形新聞に、「森の休日」の取り組みを紹介する記事が掲載されました。 この記事は、共同通信社から配信されたもので、「東京新聞」にも掲載されていたとお...
記事のページを見る
☆★思い立って東松島へ
<「ジュリアン」さんでいただいたケーキ> ほとんど無職のような私にも、いろいろ用事というものがあって、一日まったく何も予定がないという日は多くはありません。 日曜日、南蔵王から帰る途中、8日がそんな一日であることに気づき、東松島に行くことを急きょ決めました。 帰り道の100円ショップで「おのくん」の材料の綿を買い求め、当日の朝はこれも急なことでしたが、「レインボープラン市民農場」のジャガイ...
記事のページを見る
☆★津波被災地へスイカを運ぶ~陸前高田、東松島へ
<「花っこ畑」は満開のカサブランカ!> 初めて陸前高田の吉田正子さんの花畑を訪れたのは2012年の1月下旬のことでした。 大雪の東北道を経由して、5時間以上もかかって現地に着いて、午前中のわずかな時間を使って取り組んだ作業が、カサブランカの球根を植えることでした。 今、吉田さんの花っこ畑の場所は少し移動しましたが、昨日(1日)訪ねたときには、見事なカサブランカがたくさん咲いていました! ...
記事のページを見る
☆★「森の休日2014」記念Tシャツ完成!~モンベルさんありがとう!
「森の休日」を支えるスタッフや「森の休日」に参加の福島のお父さんお母さん向けに、このたびTシャツを作りました! モンベルさんから多大なご支援をいただいて完成したものです。 モンベルさんでは「アウトドア義援隊」という活動を震災の直後に展開し、私もその活動に参加したボランティアの一人ですが、この活動は全国40万人を超える「モンベルクラブ」の会員によって支えられています。 今回のTシャツ制作にかか...
記事のページを見る
☆★青梅からのお客様~遠くからの応援に感謝
<新たな出会いの瞬間!> このたび東京青梅市のNPO代表のKさんご夫妻が、「葉っぱ塾」を訪ねてくださいました。 昨年の春、突然いただいたメールから始まった交流は、この1年あまりの時間の中で、大きな成長を遂げたと感じています。 「助成金に頼らず被災地への支援活動をしている葉っぱ塾を応援したい!」。 Kさんの声掛けで、たくさんの青梅市民の方々が行動を起こしてくださったのです。 <青梅の中...
記事のページを見る
☆★陸前高田、東松島へ被災地ミニツアー~深まる心の交流
<「花っこ畑」は花も草も人も元気!> 19日は、ガラスアクセサリーづくりでお世話になっている武田えり子さんたち三人と、「被災地訪問ミニツアー」へ。 陸前高田と東松島を訪ねてきました。 3月にこの「花っこ畑」で活動している方々3名を山形にお招きして保養していただいて以来ですから、3か月ぶりの訪問でした。 <植えられるのを待つたくさんの花々> 3月に訪ねたときは、まだ春の花が咲き始め...
記事のページを見る
☆★表情豊かな『子供たちの四季』~やなぎだ晶子さんからご支援
<左から順に1月~12月のポストカード> 「葉っぱ塾」の被災地支援の新たな活動をいただきました! 東京でグラフィック・デザイナーやイラストレーターとしてご活躍中のやなぎだ晶子(あきこ)さんから、「子供たちの四季」という12枚セットのポストカードをご提供いただきました。 やなぎださんは私がかつて酒田の高校に勤務したときの生徒だった方です。私の自分通信をずっと受け取ってくださって、この「葉っぱ...
記事のページを見る
☆★ひさびさに「おのくん」のふるさとへ
<わが家で待機中の「おのくん」> 4月20日の「おのくん2周年」イベントに行って以来なかなか行く機会のなかった東松島に、30日に行ってきました。 少しだけ買い集めていた靴下や綿のほかに、この日は長井の「九野本キュウリ」を持参しました。 色摩さんの農園でこの日朝収穫された新鮮なキュウリを20キロ。それにおまけまでつけていただきました。 小野仮設のみなさんで分けたら少しずつにしかなりませんが...
記事のページを見る
☆★夏至の夜の“さくらんぼプロジェクト”~青梅で「葉っぱ塾応援コンサート」開催!
<青梅でのコンサートチラシ表> 昨年6月、そして今年の2月、東京の青梅市で「葉っぱ塾応援コンサート」を開催してくださったみなさんから、新たなコンサートのチラシが届きました! このコンサートを主催してくださるのは「ノーサイドエコネット」というNPO法人と、青梅市総合体育館内にある「GAMBA!GAMBA!!」というレストランのみなさんです。 震災のあった2011年から5回目の開催で、前々回か...
記事のページを見る
☆★新緑まぶしい好天のブナの森に子どもたちの歓声~「森の休日2014」第2回終わる
<芝生の斜面が滑り台!> 前回からわずか2週間で、風景が劇的に変化したブナの森で、「森の休日2014」第2回(通算24回目)を開催しました。 福島からは4家族、14名が参加してくれました。初めて参加の一家族は、二本松から山形市に避難していた方のつながりでのご参加でした。 <残雪で雪遊び> 二日間好天に恵まれました。10日はちょっと風が冷たく感じられたのですが、子どもたちは元気いっぱ...
記事のページを見る
☆★「おのくん」満2歳のお誕生記念イベントに参加!
<会場入り口の「おのくん」のデコレーション> 20日は東松島市にある「小野駅前仮設住宅」で作られている「おのくん」の満2歳の誕生日を記念した大イベントが開催されました。 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」の一部で「おのくん」の材料の靴下や中に詰め込む綿などを時々仮設の女性たちに差し入れしてきています。 <勇壮な和太鼓でオープニング!> この日は山形市でガラス工房を開いておられる武田え...
記事のページを見る
☆★週末保養「森の休日」サポーター募集!~福島の子どもたちと遊ぶ!
<福島の子どもたちと一緒に遊ぶ!> 福島の子どもたちと家族のための短期保養プログラム 「森の休日2014」サポーターの募集! “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、県内のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、福島の子どもたちのための短期保養プログラム「森の休日」を、朝日町の宿泊施設「Asahi自然...
記事のページを見る
☆★続く「山形方式」の支援活動~31回目の「支援者の集い」に参加して
<第31回支援者の集いのレジュメ> 26日夜、山形市内で「第31回支援者の集い」が開催されました。 この集まりは、震災の数か月後から毎月開催され、行政、社協、NPO、個人ボランティアなど、様々な立場の人が自由に集まるスタイルで続けられてきました。 何かを決めるために集まっているわけではなく、それぞれの立場で、現在関わっていることの報告や、抱えている問題などを話題として提供する。言ってみれば...
記事のページを見る
☆★吉永小百合さんからの応援に励まされて~Tシャツ販売中!
このブログでも取り上げましたが、吉永小百合さんと瀬戸内寂聴さんの対談記事が話題になっています。 上の写真は、フェイスブックにこのことを取り上げた方の記事からコピーしたものです。初々しい小百合さんの表情がまぶしいです。 芸能界にあっては「脱原発」などと意志表明を行えば、仕事がこなくなるとも言われていますが、このお二人はそうした「原子力ムラ」の圧力をはねのけて、超然としておられます。 <吉永...
記事のページを見る
☆★モンベルの県内初出店に思い格別
<届いていた案内ハガキ> これまで山形県内にはなかった「モンベル」のお店が、本日、「イオンモール天童」にオープンします。 3年前の震災の直後、「モンベル」が呼びかける「アウトドア義援隊」という緊急物資支援活動に参加したことで、その後の「葉っぱ塾」の活動にとどまらず、自分の人生そのものにも大きな影響があったように感じています。 <プレオープンの日の「モンベル天童店」> そんなこともあ...
記事のページを見る
☆★「おのくん」の故郷の復興、なお途上
<大勢の「おのくん」> 東松島の小野仮設住宅に行ってきました。 皆さんから「葉っぱ塾」にお寄せいただいている「ボランティア支援募金」で、ソックス人形「おのくん」の材料の綿を買っていたのと、いただいていた靴下をお持ちしました。 靴下に比べて、中に詰め込む手芸用の綿はいつも不足気味のようで、喜ばれました。「4月20日には、「おのくん」誕生2周年感謝祭だから、来てね!」とお誘いをいただきました。...
記事のページを見る
☆★天童「アウトドア義援隊」記念日~人生が変わった日
<天童の「アウトドア義援隊」の居住区テント> 3年前の3月19日は、モンベルが呼びかけた民間の緊急物資支援活動「アウトドア義援隊」の天童市での活動が始まった日です。 山形のHさんの呼びかけに心動かされ、寝袋や非常食料、着替えなどをザックやバックに詰め込んで、長期の登山にでも出かけるような格好で家を出発したのが前日の18日でした。 その日から1か月、全国から集まる緊急物資をここで仕分けし、沿...
記事のページを見る
☆★大阪から力強い応援~「第4回手をつなごうコンサート」本日!
<会場で販売される小百合Tシャツなど> きょう(16日)、大阪の箕面市で「第4回手をつなごうコンサート」が開催されます。 このコンサーートは震災のあった2011年から毎年開催されているものですが、昨年は、会場での募金や物販の収益を「葉っぱ塾ボランティア支援募金」に送ってくださり、それが今回も継続されることになっています。 このコンサートの主催者のメンバーのお二人とこの一月、箕面市でスクール...
記事のページを見る
☆★街づくりに必要なコーディネーター~地域福祉の会合に参加して
<スクリーンに示された会合の名称> 「第2次長井市地域福祉活動計画策定委員会」という会合に13日参加してきました。市の社会福祉協議会が主催したものです。 教員を中途退職してまもなく6年になりますが、こうした類の会合に呼ばれたのは初めてです。 第1次の活動計画が2010年度から実施に移され、それが2014年度で終了することを踏まえ、2015年度から5年間の計画に今から取り組もうということのよ...
記事のページを見る
☆★出来たぞ! 世界に一つのガラスアクセサリー!
<力作勢揃い!(武田さん撮影)> 7日は陸前高田の女性たちと、また8日は「葉っぱ塾」が呼びかけて取り組んだガラス工芸作品作り。 お世話になったガラス工房の武田えり子さんから「素敵な作品が出来ましたよ!」と連絡をいただき、写真を添付していただいたものが上の写真です。 12日に工房に受け取りに伺い、みなさんの作品をじかに見せていただき、主なものを写真に撮ってきました。ミルフィオリというガラス素...
記事のページを見る
☆★「私たちは闘います!」~小百合さん、寂聴さん特別対談
<『女性自身』3月25日号表紙> 12日のフェイスブックの記事で、『女性自身』という週刊誌が吉永小百合さんと瀬戸内寂聴さんの対談を特集しているということを知り、妻に頼んで買ってきてもらいました。 少し前に別の雑誌に、吉永さんがこの「葉っぱ塾」にTシャツを送ってくださったことが掲載されましたが、あの記事とは比べものにならないほどに、大きく取り上げられていました。 なんと表紙がそのお二人でした...
記事のページを見る
☆★3.11追悼のキャンドルに参加して~「文翔館」前で
<スタッフの打ち合わせ風景> 3年目の「3.11」。山形はあの日と同じように、真冬の寒さが戻り、長井市内では昼過ぎまで雪が降っていました。みなさまはどのように過ごされましたか? 私は、朝日町の安藤竜二さんが代表を務める「キャンドルライト・ネットワーク」の一員として、「文翔館」(旧県庁)前の広場で開かれた追悼のキャンドル・ナイトのお手伝いに行ってきました。 打ち合わせの途中で地震発生時刻の1...
記事のページを見る
☆★「うさひ」も登場~「葉っぱ塾」提供のスノーチューブ in Asahi自然観
☆今日3月11日は、大震災から3年の節目の日です。犠牲になられた皆様のご冥福を心からお祈りいたします。 まだまだ「復興」には程遠い被災地の方々と共に歩み、微力ですがこれからも少しだけ荷を分かち合いたいと思っております。 <これがスノーチューブ> 9日の朝は気持ち良い青空が広がり、なんだかむずむず。 この日がAsahi自然観スキー場営業の最終日だったのでは、と思い出し、「葉っぱ塾」提供...
記事のページを見る
☆★世界に一つ! 手作りのガラスアクセサリー
<集中して取り組む参加者のみなさん> 郡山から来てくれたMさんと一緒に向かった山形市内は、大雪の長井市内とは打って変わっての穏やかな天候でした。 この日は「葉っぱ塾」としてガラス工芸体験への参加を呼びかけていました。初めての方も交え、7名のみなさんにご参加いただきました。 武田えり子さんの工房では、スタッフの方3名が集まってくださっていて、私たちの作品作りに手を貸してくださいました。 展...
記事のページを見る
☆★春の雪にもめげず、「甦るふぇすた2014」!
<8日朝のわが家の庭> 8日は、以前「子どもキャンプ」に参加したことのある郡山市の美少女Mさんが、日帰りで遊びにやってきました。 小学6年生の彼女はこの春から松本市の中学校に「留学」します。甲状腺に「のう胞あり(A2)」という判定だったことで、郡山を離れて生活することを選択したとのことでした。 大雪で新幹線が少し遅れましたが、元気にホームに降りてきました。1年数か月ぶりで会ったMさんは、身...
記事のページを見る
☆★山形の旅をプレゼント~大震災からまもなく3年
<「希望の庭」で咲いていた啓翁桜> 大震災からもうすぐ3年です。ずっと被災地の方々と関わってきて、心の中で思い続けていた新しい取り組みを、小さく小さく実行に移してみました。 陸前高田の吉田正子さんが取り組んでいる「花っこ畑」に関わっている方々を、山形にお招きしました。残念ながら吉田さんご自身はご都合がつきませんでしたが、今回は3名の方に1泊2日の山形の旅を楽しんでいただきました。 みなさん...
記事のページを見る
☆★天童温泉滝の湯ホテルから
天童温泉の老舗旅館「滝の湯ホテル」で朝を迎えました。 陸前高田の女性三人をご案内してきました。 昨日は低気圧の影響で天候が悪く、事故や工事による渋滞もあって、移動にずいぶん時間がかかってしまいましたが、夕方はゆっくり温泉に入り、素晴らしい夕食を堪能しました。 三人のうちお二人は仮設住まい、また、お二人が肉親を津波で亡くされています。 車中でいろいろなお話をお伺いしました。「あっという間の三...
記事のページを見る
☆★真央さんが目指しているもの~「LEAF」165号より
<『アエラ』2014年3月3日号表紙> 今年に入って初めての“自分通信”「LEAF」第165号を、2月28日付けで印刷しました。 オリンピックの期間中、いちばん注目していた浅田真央さんのことを、このブログには書きませんでしたが、今回の「LEAF」には拙文を載せました。それを転載します。 *********** 真央さんが目指しているもの☆☆☆ 2014年冬のソチ・オリンピックが終...
記事のページを見る
☆★読みごたえある原発事故特集~『Newton』2014年4月号
創刊号から定期購読していた『Newton』は、退職してからはやめていました。ですが、店頭で2014年4月号を見て、買ってきました。 表紙に「福島原発」の文字を見て、中を開いてみましたら、事故当日のことから、この先の廃炉などのことまで、86ページを割いての大特集だったからです。 新聞やインターネットなどで、できる限り原発関連の記事を読むようにしていますが、こうして1冊の雑誌の中にまとめてもらうと...
記事のページを見る
☆★「葉っぱ塾」3月の企画、参加者募集中!
<長井橋のたもとでの夕焼け> ずいぶん日が長くなってきました。写真は先日、山形市からの帰りに最上川にかかる長井橋のたもとまで来た時の夕焼けです。 長井市のご出身で、名誉市民でもあった長沼孝三さんの作品が置かれています。 春になると、「葉っぱ塾」の行事も多彩になってきます。これまで発表しているものを含め、まとめてみました。 みなさんのご参加をお待ちしています。 ■3月6日(木)紅花染め...
記事のページを見る
☆★きさらぎ二日、県民の森でスノーシュー!
<ちょっと休憩!> この冬最後のスノーシューは2日、白鷹山中腹に広がる「県民の森」で中級編を行い、5名の方にご参加いただきました。 日本列島の南岸を低気圧が進むとき、このあたりは比較的気温が高いので、雨が降るかと心配していましたが、朝からちらちら小雪が舞う程度。風も弱くまずまずの天候でした。 ただ、このところの暖気のために雪が湿って、夜の低温で固まりかけ、ちょっと歩きにくい雪ではありました...
記事のページを見る
☆★週末保養「森の休日」スタッフ研修交流会のご案内
<福島の子どもたちと一緒に遊ぶ「森さぽ」> 福島の子どもたちのための短期保養プログラム 「森の休日」サポートスタッフ 研修・交流会開催のご案内 “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、山形県長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、2012年春以降、県内のボランティア関係者のお力をお借りしながら、福島の子どもたちのための短期保養プログラム、「森の休日」を実施し...
記事のページを見る
☆★被災地に啓翁桜~陸前高田から東松島へ
<志津川の被災した庁舎> 陸前高田に「啓翁桜」をお届けした後、気仙沼、南三陸を経由して東松島へと向かいました。 国道45号線はこの区間はリアス式海岸の沿岸部を走りますが、次々に現れる大小の湾のそれぞれが津波の被災地です。 45号線が内陸部へと大きく方向を変えるところが南三陸町志津川です。ここにあった町の「防災対策庁舎」は、震災と津波の爪痕を記憶するために保存されることになったと聞いています...
記事のページを見る
☆★山形から春の贈り物~陸前高田に啓翁桜
<井戸の様子を見る吉田さん(右)> 前日は蔵王の山も春の陽気となったのですが、翌27日は山形の啓翁桜(けいおうざくら)をお届けするために、今年初めて陸前高田に向かいました。 啓翁桜は切り花のようにして飾られる栽培種で、山形が全国一の生産量を持っています。 震災の翌年の2月、初めてこの桜を運んだのは、震災の年の春は、被災地の方々がとても桜を楽しむどころではなかっただろうと想像したからでした。...
記事のページを見る
☆★春を感ずる蔵王温泉スキー場~樹氷満喫
<地蔵岳の斜面の樹氷原> 2月26日は晴れる!週間予報が出たときから予想していました。 強い冬型の気圧配置が長く続かなかったこの冬も、今日を境に「春」ではないかと思えるような天候でした。 一シーズンに一度は行う「スキー研修」を、この日に狙いを定めて待っていました。一人で行きますので、ほとんど会話することもなく、ただ黙々と滑るだけです。 蔵王の冬にこんな好天は何回あるのでしょうか?2月上旬...
記事のページを見る
☆★マイ味噌一緒に作りませんか?
<昨年の味噌づくり風景> 葉っぱ塾ちゑさんと味噌づくり2014 「葉っぱ塾」でお世話になっている「農家れすとらんなごみ庵」の菅野(かんの)ちゑさんのご指導で、味噌を作ってみませんか? 味噌の原料の大豆も、米も、菅野さんの田畑で作られたものを使用します。日々の食事で使われる大切な調味料であるだけに、安心安全なものを使いたいですね。ならば、自分たちで作ってみようというわけです。 味噌は発酵...
記事のページを見る
☆★福島のお母さんたちに聞く~重苦しい日常の中の子どもたち
<郡山市報にあったグラフ> 18日と19日に福島に行って、「森の休日」に参加くださったことがあるお母さんたちとお会いしてきました。 郡山のWさんは、わざわざ時間休を取って会ってくださいました。この前の週に、郡山にしては珍しいぐらいの雪が降って、道路にもお庭にもまだたくさんの雪がありました。 Wさんのお帰りを待つ少しの間、持参した線量計を取り出して、玄関前で測定してみましたら、0.34μSv...
記事のページを見る
☆★「空気神社」の森に子どもらの歓声!~スノーシュー&スノーチューブ体験
<Asahi自然観P4駐車場付近> 昨年初めて「葉っぱ塾」にスノーシュー体験を申し込んでくださった寒河江市内のスポーツ少年団の一行が、今年もお声をかけてくださいました。 ここ数日、ドカ雪とまではいかないまでも、少しずつ雪が降っていたAsahi自然観。今日は小雪がちらちら降るものの、風もほとんどなく、時折太陽も顔をのぞかせる穏やかな日和でした。 <ブナの林でひとやすみ> 「空気神社」...
記事のページを見る
☆★福島の「屋内遊び場」に思い複雑
<スーパーの店舗を改装した屋内遊び場> 先日福島に行ったときに訪ねた場所の一つに、郡山市内の屋内遊び場があります。 昨年伊達市を訪れたときにも、廃校になった小学校の体育館を転用した遊び場に案内していただいたことがあるのですが、今回訪ねたこの場所は街の中心部にある大規模な遊び場でした。 以前はあるスーパーマーケットの店舗だったところです。現在運営はNPOが行っているようですが、設置は市が行...
記事のページを見る
☆★未来の母親たちとの蔵王スキー
<蔵王ロープウェイ山頂線からの風景> 21日は、南陽高校のスキー授業のお手伝いの最終回。2年生最後のスキー授業は昨年度から「蔵王温泉スキー場」になりました。 山形に生まれ育ったからには一度は世界的にも有名な蔵王の樹氷を眺め、長いスキーコースを滑る体験をさせたいとの配慮があったと聞いています。 麓の大森ゲレンデの気温が―6℃。曇りがちの空から小雪が舞いますが、時々青空がのぞき、日も射すまずま...
記事のページを見る
☆★近づく「おのくん」2周年アニバーサリー!~東松島
<小野仮設に運んだ靴下と綿> 20日は1か月ぶりに東松島に行ってきました。 「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を使って買い置きしてあった「おのくん」の材料の靴下や綿を届けてきたのです。 仮設には2月上旬に降った雪がまだかなり残っていました。出迎えてくださった武田文子さんは、、「慢性的に綿が足りなくて・・・」とおっしゃっていましたので、ちょうどよいタイミングでお届けできました。 この日の新し...
記事のページを見る
☆★ふるさと浪江への思いこもった布製品~二本松の岳下住民センター仮設の女性たち
<仮設住宅にもたくさんの雪!> 二本松にある「岳下(だけした)住民センター仮設住宅」を初めて訪ねたのは昨年3月のことでした。 福島の避難者の方々の支援に関わっておられる千葉の女性のブログ記事を読んで、「何かお手伝いできることがありますか?」とお尋ねしたことがきっかけで、この仮設住宅に少しだけ支援の物資を運んだのです。 二本松には、海岸沿いにある浪江町から避難してきておられる方々の仮設住宅が...
記事のページを見る
☆★大雪の後の福島
昨日から福島に来ており、今朝は福島駅近くのホテルで目を覚ましました。 昨日は午前中は二本松の仮設住宅で浪江町から避難しておられる方々と久々に再会しました。 午後は郡山市、そして夜は福島市で、「森の休日」に参加してくださっているお母さんたちにお会いし、原発事故後の生活や子どもさんたちのことなどをお聞きしました。 今日は午前中、伊達市に伺うことにしています。 いたるところ先日の大雪がたくさん残...
記事のページを見る
☆★オリジナルのガラス作品作りませんか?~参加者募集!
<個性あふれるこんな作品、ご一緒に!> ☆さきほど、ソチオリンピックのジャンプ団体で、日本チームが銅メダル獲得の速報がありました! 3月8日に、また「ガラス工芸体験」をお願いすることにしました。 山形市内でガラス工芸の工房を開いておられる武田えり子さんのところにお邪魔します。ご希望の方がおられましたら、ご連絡ください。 キーホルダー、ネックレス、イアリング、ステンドグラス作品など、思い...
記事のページを見る
☆★深刻な大雪災害、少ない報道
大雪の被害が各地で起こっています。ただならない状況に、なんだか落ち着きません。 山梨県の情報(NHKまとめ) 富士河口湖周辺の状況 私もちょうど20年前の2月14日、勤務先の小国町から帰る途中で猛吹雪に巻き込まれ、普段なら50分で帰るところを6時間半かかって家にたどりついたことがありました。その日のうちに帰ることができたのはまだよいほうでした。 その吹雪の中で、車の中に待機していた方2人が...
記事のページを見る
☆★雪景色は美しいけれど・・・
<雪景色は美しいけれど・・・> 先週末に続き、この週末も南岸低気圧の通過で、ふだんは雪がそれほど降らない太平洋側の地域で、記録的な積雪になっています。 今月上旬にお邪魔した東京の青梅市では、本来であれば今日「青梅マラソン」の開催日だったのですが、中止が決まったそうです。 お世話になったKさんからは、先週は70センチ、今回は80センチもの雪だったと連絡がありました。私の家の周りで80センチほ...
記事のページを見る
☆★嵐の前の蔵王ライザ~浮き上がる大朝日岳
今朝起きたら、羽生選手の金メダルが決まっていました!おめでとうございます。 <高曇りの空に映える大朝日岳> 南陽高校のスキー授業も終盤となってきました。14日の蔵王ライザスキー場は、高曇りの空で、ブナの枝に霧氷ができるほどの気温。-8℃ほどだったでしょうか。 太平洋岸を発達しながら低気圧が進んでいて、すでに首都圏に朝から雪が舞っていたそうですが、こんなとき、日本海側はまだ「嵐の前のよう...
記事のページを見る
☆★一足お先に春の長井葉山へ!~参加者募集中
<ぞろ目になったアクセスカウンター> 昨日の夕方パソコンを開き、ブログを確認しましたら、アクセスカウンターが「222,222」を示していました。いつもたくさんの方々に訪問いただき、ほんとうにありがとうございます。 <早春の好天の葉山から飯豊を望む> 葉っぱ塾春の長井葉山を楽しむ2014 標高の割に雪の多い長井葉山ですが、3月になると雪が締まって歩きやすくなります。また立木が雪の下に...
記事のページを見る
☆★飯豊、朝日、月山の大展望~蔵王ライザでスキー
<飯豊連峰> 12日は、南陽高校のスキー授業のお手伝いで蔵王ライザスキー場でした。前日からの好天で朝は放射冷却。長井市の最低気温は―12℃ほどでした。 ライザスキー場に着きますと、雪質は上々のうえに、素晴らしい展望が待っていました。今シーズン5回目にして最高の天候に恵まれました。 上の写真の左端の方に飯豊本山、そして右端のほうに、連峰北端のピークである朳差(えぶりさし)岳まで...
記事のページを見る
☆★久々の長井葉山~穏やかな天候の下、雪山入門編、
<登山口の鳥居> 毎年2月中旬に企画している「雪の山入門編」を11日に実施しました。4名の参加者は3名が山形市から、そして1名は何と鶴岡市から早朝出発して参加くださいました。 勧進代集落から除雪されていない林道をゆっくり歩き始め、長井葉山の白兎登山口までおよそ1時間。そこにある鳥居にはたくさんの雪が積もっていました。 <穏やかな天候の白兎尾根> 葉山は元日以来40日ぶりでした。冬は...
記事のページを見る
☆★「森のようちえん」事業報告会に参加して
<活動報告の展示パネル> 今年度、山形県の村山総合支庁が主催して実施された「森のようちえん」事業の報告会が10日山形市内で開催され、参加してきました。 これは県が徴収している「緑環境税」を県民に還元する事業の一つで、管内の幼稚園、保育園、子育て支援施設などに自然体験活動の指導者を派遣し、子どもたちの体験活動を充実させようというものです。私も講師の一人として昨年度に続き、今年度も関わったもので...
記事のページを見る
☆★新雪ふかふかの縄文村スノーシュー・ハイキング
<新雪に自分のトレースをつけながら> 太平洋側を進んだ低気圧の影響で、雪があまり降らないところで大雪となった8日でした。このあたりは、いわゆる冬型の天候による雪とは異なったさらさらした雪が朝方まで降りました。 しかし、心配していた風もほとんどなく、9日は穏やかな朝を迎えました。小雪がちらちら降ってはいましたが、新雪上々のコンディションで、「縄文村スノーシュー・ハイキング」を実施できました。 ...
記事のページを見る
☆★サラサラの雪でスノーシュー&スノーチューブ!
<これだけ掘っても地面が出ない!> 今回初めて企画したAsahi自然観との連携による「空気神社スノーシュー・ミニ・ハイキング」は、2家族9名の参加を得て、8日に行いました。 サラサラの雪が降り始めていましたが、風はほとんどなく、スノーシューには絶好のコンディションでした。「空気神社」への登りの途中で積雪を測ってみましたらおよそ180センチありました。これでも例年に比べれば少ないほうです。 ...
記事のページを見る
☆★小国町の「ボランティア研修会」で講話
<震災や「森の休日」の写真を使って説明> ※写真はいずれも担当の阿部さんに撮っていただきました。 立春寒波が一段落した7日昼過ぎ、小国町に向かいました。小国町の教育委員会から「ボランティア研修会」での講話を依頼されていました。 児童生徒や学生向けにボランティアについて語ったことはありますが、社会人向けのものは初めてでした。 20名ほどの参加者がありましたが、みなさんは地域の中で学校支援の...
記事のページを見る
☆★立春寒波とオリンピック開幕
<蔵王ライザスキー場最上部で> 先週末は異常なほどの暖気に包まれたのでしたが、そう簡単に春はやってきません。「立春寒波」です。 4日午後から降り始めた雪は、長井市内ではせいぜい15センチから20センチほどでしたが、5日は風が強く、吹雪の一日でした。 6日は少し風はおさまりましたが、やはり雪。蔵王ライザスキー場にスキー授業のお手伝いに行ってきました。 せっかく出来上がった樹氷が暖気ですっか...
記事のページを見る
☆★田舎と都会のつながりの可能性
<冬空に伸びるブナの枝先> 先週末は雨が降るほどの暖気の中にあった山形は、「立春」の翌日から強い寒気団の中にすっぽりと入っています。 4日午後から降り出した雪は、ドカ雪にはなっていませんが、5日は終日降り続き、最高気温が―4.3℃でした。文部省唱歌『早春賦』に歌われている情景そのままです。 寒さは厳しいのですが、先週末の青梅でのコンサートの余韻が、心の中でまだ響いています。 「葉っぱ塾」...
記事のページを見る
☆★消えた蔵王の樹氷
<立春の日のスキー授業で> 4日は二十四節気の一つ「立春」。その前日の「節分」の日は、この時期にしては珍しいほど気温が高くなり、雪ではなく雨も降りました。 前回のスキー授業は31日。週末を挟んで4日ぶりに蔵王ライザスキー場に行きましたが、先週末見たあの大きな樹氷が、ものの見事になくなっていました! 写真は4日、このスキー場の最高点、標高1450m付近でのものです。生徒たちの背後のアオモリト...
記事のページを見る
☆★多摩川上流から東京駅へ快適ドライブ!
<都知事選のポスター> 青梅でのコンサートの翌日(2日)は、NPO代表の小鷹さんが青梅や奥多摩のほうをご案内してくださることになっていました。 朝はいつもより遅めに起きて、ホテル周辺を散歩しました。都知事選のポスター掲示板がありました。これまでにないほどにこの知事選への関心はあります。福島の方々と関わることが、私の関心を呼び起こしているのだと思います。投票できないのがはがゆい思いがします。 ...
記事のページを見る
☆★17年ぶりの青梅~温かだった「葉っぱ塾」応援コンサート
<17年前の青梅マラソンで> 2月1日、青梅で開催されるコンサートに立ち会うべく東京に向かう車中で、17年前のことを思い返していました。 1997年2月16日、私は「第31回青梅マラソン」に参加すべく、青梅市総合体育館にいたのです。そのときに、再び全く別の用事でその場に立つことなど夢にも想像していませんでした。 昨年の春、青梅市の「NPOノーサイド・エコネット」代表の小鷹さんからメールが入...
記事のページを見る
☆★東京都羽村市の朝
昨夜は、東京の青梅市で「葉っぱ塾応援コンサート」が開かれました。 詳しくは帰宅後に報告いたしますが、素晴らしいコンサートを作っていただきました。 出演した木星音楽団の演奏ももちろん感動的なものでしたが、主催してくださったNPOノーサイド・エコネットの皆さんの、ここ数か月の献身的なご苦労に、心からの感謝を申し上げます。 昨夜は、珍しく「シンデレラ」。就寝したのは25時過ぎ。羽村駅前のホテルで目...
記事のページを見る
☆★『ステキな詩に会いたくて』~水内喜久雄さんからいただいた本
<水内さんから送っていただいた本> 名古屋にお住いの水内喜久雄さんとはまだ直接の面識はありません。が、私は水内さんが編まれたたくさんの詩集のお世話になっています。 大好きな詩に出会うと、その詩を書いた人に会いたくなるとおっしゃる水内さんは、一人の詩人の選集や、テーマを決めての様々な詩集の編集で、たくさんの業績を残しておられる方です。 今回、水内さんから『ステキな詩に会いたくて~54人の詩人...
記事のページを見る
☆★吉永小百合さんと「葉っぱ塾」~『週刊女性』に記事掲載!
<掲載誌の華やかな表紙> 皆さん、「新年明けましておめでとうございます!」きょうは旧暦の元日です。正月早々、嬉しいニュースです! 女性週刊誌『週刊女性』の記者さんから電話をいただいたのは1週間前のことでした。 「葉っぱ塾」にどんな用事?といぶかしく思って対応してみましたら、年明けに女優の吉永小百合さんから「葉っぱ塾」に届けられた記事を見ての取材とわかりました。 「葉っぱ塾」としての取り組...
記事のページを見る
☆★樹氷がいいぞ、この冬の蔵王!
<樹氷の前でポーズ!> 29日、今シーズン初めて蔵王ライザスキー場に行ってきました。 3回目のスキー授業のお手伝いは、これから3週、ライザが続きます。 この日は明け方まで強風が吹いていたので天候が心配でした。スキー場に着いたときには気温はー10℃以下。全くの雲の中でしたが、風はずいぶんおさまってきていました。 1人欠席で5名の女生徒たちと極寒の中へ!ダウンをインナーに着込み、背中にホッカ...
記事のページを見る
☆★冬の野山で遊ぼうよ!~スノーシューのお誘い
<雪に埋もれたここが「空気神社」!> 27日、明け方まで降っていた雪が止んで、穏やかな好天になったので、Asahi自然観に行ってきました。 来月8日、15日、22日の3回、ここでスノーシューイベントを行うのですが、その下見でした。 前々から雪の多いここでスノーシューをしたいと考えながらも、なかなか実施に踏み切れませんでしたが、「森の休日」でお世話になっていることで協力関係が強まり、それを生...
記事のページを見る
☆★雪山に登ろう!~雪の山入門編参加者募集!
葉っぱ塾雪の山入門編2014 雪山というと「冬山→遭難」と連想する方が多いですが、雪のある山でなければ味わえない楽しさもいっぱいです。 長井葉山の中腹まで登り、ラッセルや雪洞づくり体験、そして冬の山ならではの展望を楽しんでみませんか。 雪のある山での経験は、残雪期の登山などでもきっと役に立つはずです。雪山初心者の方のための入門体験講座です。 【期日】2014年2月11日(祝) ※悪天の場...
記事のページを見る
☆★「森の休日2014」に素敵なプレゼント!
<贈られた2冊の絵本> 数日前、初めての方からお電話をいただきました。ご自身が絵本カフェを開いておられること、自分でも絵本を出版されたこと、3.11で考え方が大きく変わられたことなど、いろいろお伝えいただきました。 そして、ご自身が作られた絵本を福島の子どもたちのために役立ててほしいと、2種類の著書を30冊ずつ届けてくださいました。 弟たちのコンサートをこの『絵本カフェデミ』でも開いてくだ...
記事のページを見る
☆★春待つ思いを重ねて~ガラス工芸体験
<作品作りに取り組む参加者の皆さん> 厳しい寒さの翌日(25日)は一気に気温が上昇し、雨が降りました。 こんな日にふさわしいのが室内で取り組むことができる「ガラス工芸体験」です。ブログを通じて参加者を募っておりましたが、6名の方々にご参加いただき、武田えり子さんのガラス工房にお伺いしました。 小さなイアリングから、ペンダント、ピルケース、ストラップなど、各自が思い思いに作品作りを楽しんでく...
記事のページを見る
☆★厳寒の朝から素晴らしい冬晴れに!~2回目のスキー授業
<ガラスに育った氷の結晶> 寒気が南下していたところに高気圧が張り出し、23日夜から空が晴れていた山形は、放射冷却も重なって、24日はこの冬の最低気温を記録しました。 ここ長井市ではー13.8℃だったそうです。日中の気温が5℃ぐらいまで上がるという予報でしたが、結局24日の最高気温は0℃とのことで、凍った路面が溶けることはありませんでした。 <霧氷の木々と太陽> 樹木にはすっかり霧...
記事のページを見る
☆★裏方担う南陽高校生~「雪灯り祭り」キャンドル製作
<雪の上に「合格」の2文字> 23日は、県立南陽高校のJRC(青少年赤十字)部の生徒たちが取り組むキャンドルづくりのお手伝いで出かけてきました。そうです。リサイクル・キャンドルづくりも「葉っぱ塾」が得意とするものです。 南陽市内で開催される「雪灯りまつり」で使われるたくさんのキャンドルを、毎年この時期に生徒たちが作っています。 放課後の製作のための準備をしていましたら、6時限目のホムルーム...
記事のページを見る
☆★好天の七ヶ宿スキー場へ~スキー授業のお手伝い
<AKB48?> 今年で6年目になるN高校のスキー授業のお手伝い依頼をを今年もいただき、22日が第1回目でした。「葉っぱ塾」にとっては冬の大事なお仕事でもあります。 生徒たちのバスに乗って向かったのは宮城県の「七ケ宿スキー場」。県境近くにあるため、学校からはバスで50分弱です。 この日は気温はー3℃ほどでしたが風もほとんどなく、青空も時折見える絶好のスキー日和でした。 私が担当した班は1...
記事のページを見る
☆★大好きな詩人の旅立ち~吉野弘さん
<私が好きな、吉野弘さんの詩集2冊> 酒田市のご出身の詩人、吉野弘さんが亡くなられたことを20日に知りました。 吉野さんの詩と初めて出会ったのは25年ほど前のことだったと思います。理系人間ですので、文学にはあまり詳しくもなく過ごしていたころに、『祝婚歌』という詩を紹介され、その世界に傾倒していったのです。 なによりも平易な言葉で書かれていることが、私にはもっともありがたいことでした。そして...
記事のページを見る
☆★穏やかな大寒の初滑り~Asahi自然観で
<20日のAsahi自然観スキー場展望> 22日からここ数年続いたN高校のスキー授業のお手伝いが始まります。その前に初滑りをしたいと思いながら、なかなか出かけることができませんでしたが、20日、Asahi自然観スキー場に行ってきました。 たった一人で黙々と滑るだけですが、これも立派な「葉っぱ塾スキー研修」です。 予報は「曇り」でしたが、坂道を登ってAsahi自然観に着きますと小雪が舞ってい...
記事のページを見る
☆★冬晴れの山歩き~深山縦走ガイド山行
<山元町の山下小学校> 3日前に急な依頼があって、19日は仙台C社の「深山(しんざん)縦走」のガイドとして山を歩いてきました。 前日仙台市内の義妹夫婦のところに泊めてもらったので、ツアーの一行と合流する山元町の「少年の森」駐車場までは車で1時間足らず。朝がゆっくりできてとても助かりました。 震災から1か月半ほどした4月下旬、スクールインタープリターの仲間たちと避難所を訪問し、子どもたちのケ...
記事のページを見る
☆★福島の子どもたちのための冬の日帰り保養
「森の休日」にもご協力いただいている他団体から、福島の子どもたちのための日帰り保養の案内が届きました。寒さに縮こまらずに、思いっきり遊んでみませんか? 冬のワンパク広場ソドデアソビダイベシタ 雪国米沢で日帰り全力雪遊びツアー 参加者並びにボランティアさん募集のお知らせ いよいよ雪の季節も本番を迎えました。今年も昨年同様に冬の遊び場を開設いたします。 ソリやハンドメイドスノーボード、スノー...
記事のページを見る
☆★1.17に3.11の被災地へ
<おや、この人にも「おのくん」が!> 昨日1月17日は、1995年の阪神淡路大震災から19年目の日。早朝5時46分に、一人で黙とうを捧げました。 今年初めての東松島訪問がこの日だったのは偶然です。小野仮設住宅に、「おのくん」の材料の靴下や綿を届けに行ってきました。 平日とあって、比較的静かな集会所でしたが、1時間あまりお邪魔していた間に、何人もの方が「おのくん」の里親になってゆかれました。...
記事のページを見る
☆★初めての「ソーシャル・ランチ」
<こんなランチいただきました!> 16日は、初めて「ソーシャル・ランチ」なるものに参加してきました。一人で食べることの多い昼食は、簡単に済ませることが多くなりましたが、たまにはこんなのもいいですね! いってみれば、ある種の異業種交流会のようなもの。いろいろな方々が、それぞれの情報を携えて集まって来られました。 <仕掛け人、ご挨拶> 以前からこの行事にはフェイスブックを通じてご案内を...
記事のページを見る
☆★世界に一つのガラスアクセサリー作りませんか?
<こんな作品ご一緒にいかが?> まさに「寒中」。厳しい寒さが続きます。アウトドアが得意な「葉っぱ塾」ですが、ときには温かい室内での活動も計画します。 山形市でグラス・スタジオを開いておられる武田えり子さんに教えていただきながら、ガラス・アクセサリーを一緒につくりませんか? 世界に一つしかないネックレスやキーホルダーなど、個性を発揮してみましょう。女性はご自分のものを。男性はどなたかへのプレ...
記事のページを見る
☆★富士山1回500円~若者の新たな挑戦
<「富士山1回500円」の岩見さんと> 大阪での最後の夜はホテルではなく長男のところに泊めてもらいました。 一人で小さな会社を切り回している彼にも、寄り添って共に歩いてくれる人がようやくでき、新しい生活が始まろうとしていました。 その彼女が、翌朝新大阪で新幹線に乗る前の少しの時間、私に新しい人を引き合わせてくれました。静岡県にお住いの岩見昌樹さん。富士山の麓で育ち、おじい様が富士山の強力(...
記事のページを見る
☆★4日ぶりの帰宅~寒さが人を近づける
<講師として活動中のヤギおじさん> 11日~12日の「スクールインタープリター研修会」、そして13日は講師や顧問団合同の検討委員会。大阪での充実した3日間を終え、4日ぶりに自宅に戻りました。 雪のない大阪は少しは暖かく感ずるのかな、と思っていましたが、乾燥した寒風はやはりからだにこたえました。 しかし、素晴らしい出会いに恵まれて心はホカホカでした!星野道夫さんではありませんが、寒さが人を近...
記事のページを見る
☆★新たな学び~スクールインタープリター研修会2日目
大阪でのスクールインタープリター研修会2日目は午前9時から午後4時まで行われました。新たなスクールインタープリターが3名誕生しました。その中にはこのブログの熱心な読者でいてくださるきよこさんもいらっしゃいました。 昨年の夏山形で開催した講座に参加された方の感想に刺激を受けて参加を決められたそうです。この講座の意味を感じとってくださったことを喜んでいます。 講師の資格の一部を認定された方も3名お...
記事のページを見る
☆★「行動する仲間づくり」~スクールインタープリター研修1日目
大阪の箕面市で開催されているスクールインタープリター研修会には10名の参加者が各地から集まって来られています。近畿圏だけでなく、長野、静岡、そしてなんとソウルからも! 1日目の研修は午前10時から始まり午後7時まで、中身の濃い内容で展開されました。 スクールインタープリターの講座がユニークなのは、単に自然体験活動のノウハウを学ぶだけではなく、「行動する仲間づくり」という視点を強く打ち出している...
記事のページを見る
☆★雪の山形から大阪へ
今日11日と12日、大阪の箕面市で開催されるスクールインタープリターの研修会に講師として参加するため、昨日は雪の山形から新幹線で移動しました。 この冬一番の寒気が列島全体を覆っており、大阪も雪こそ降ってはいませんが、底冷えしています。 研修会の打ち合わせを夕方終えて、昨夜は大切な方々と待ち合わせしていました。昨年3月この箕面市で「手をつなごうコンサート」を開催して集まった募金をボランティア支援...
記事のページを見る
☆★2014年、葉っぱ塾ではこんなことできます!~ご活用ください!
<春の長井葉山登山での1コマ> ☆葉っぱ塾おとなも子どもも森で遊べ2014☆ ★葉っぱ塾は、自然と芸術に触れることによって、一人一人が地球に生きる人類の一員としての意識に目覚め、知性と感性と霊性を豊かに育むためのエコ&ネイチャースクールです。従来の学校教育を超えた、新しい時代に生きる人々のための自己教育システム、未来学校です。 (画家・詩人葉祥明さんより推薦のメッセージ) ■「葉っぱ塾」...
記事のページを見る
☆★葉っぱ塾のスノーシューイベント全日程!
<里山は絶好のスノーシュー・フィールド!> 葉っぱ塾スノーシューイベント追加あり! スノーシューは、北米で発達した「雪面を歩く」用具です。日本の「かんじき」にあたるものといえばわかりやすいかもしれません。 初めての方でも特別な技術は必要なく、楽しく雪の上の散歩を楽しむことができます。 「葉っぱ塾」では、初級者向けには長井葉山のふもと、長井縄文村で、中級者向けには白鷹山の中腹にある県民の森...
記事のページを見る
☆★吉永小百合さんから「お年玉」!~たくさんのTシャツ届く
<7日朝見えた飯豊連峰(白川橋から)> 7日は高気圧が移動してきて天候が回復するという予報のとおり、穏やかな夜明けを迎えました。 こんな日のジョギングは、どの方向に向かうかが大切です。まだ暗い中を南へ向かってゆっくり走るうちに空が明けてゆき、何かいいことがありそうな予感さえしてきました。 北の方角は雲で覆われていたのに南の米沢、福島方面は空が明るく見えてきました。この朝圧巻だったのは飯豊(...
記事のページを見る
☆★ボランティア支援募金協力御礼!
<ブナの森でのびのび遊ぶ子どもたち> 2011年5月以降呼びかけてきた「葉っぱ塾ボランティア支援募金」。12月31日現在での第7次中間報告は1月5日付の記事としてアップしました。 きょうは、ご協力くださっている皆様のお名前を紹介いたします。心からの感謝を申し上げます。 3歳のお孫さんのお名前で繰り返し送金くださっている方、毎月定額をもう何十回も送って下さる方、お父様のご葬儀のご香典の一部と...
記事のページを見る
☆★去年のカレンダーで作るモッタイナイ封筒
<去年のカレンダーで作った封筒> 年が改まるとカレンダーを交換します。お気に入りのカレンダーは、絵や写真が素敵なものですので、使い終えたものを捨てずに取っておいて、時間があるときに「モッタイナイ封筒」に作り替えています。 「葉っぱ塾」ではいろいろな行事のときに、必ずと言っていいほど集合写真を撮ります。その他のスナップと一緒に参加者にお送りするときに、こうして作った封筒を活用しています。 通...
記事のページを見る
☆★「ボランティア支援募金」第7次会計報告と御礼
<陸前高田の「花っこ畑・希望の庭」の吉田正子さん> ☆★葉っぱ塾ボランティア支援募金☆★ 第7回中間報告 2014年の年明けをどのようにお迎えになられたでしょうか?山形は珍しく雨の元日でしたが、翌日からは雪降りの冬らしい天候になりました。 2011年5月から皆様に呼びかけてまいりました「葉っぱ塾ボランティア支援募金」には、引き続き皆様から継続的なご支援をいただいております。ほんとうにあり...
記事のページを見る
☆★「憲法9条にノーベル平和賞を!」~広めたい賛同の輪
<運動を紹介する新聞記事> 3日のフェイスブックの記事の中に、意表を突くような発想の活動が紹介されているのを見つけました。 「憲法9条にノーベル平和賞を!」という呼びかけがなされているとのことでした。 記事によれば、もともとは神奈川県在住の一人の女性の発案で始まったものだということです。それが、ノーベル賞の推薦資格のある人たちも注目し始めて賛同者が集まり、しだいに現実味を帯びてきているのだ...
記事のページを見る
☆★雪空に思う福島の子どもたちのこと
<吹雪もようの日中、伊佐沢の「蔵高宿」> 2日朝は湿った雪が10センチほど積もっていました。 帰省していた次男が早くも東京に戻るというので、8時半過ぎに車で赤湯駅に送りました。明け方よりも気温が下がり、雪も粉雪となって、時折吹雪となりました。 帰り道で通る長井市伊佐沢に「蔵高宿(ぞうこうじゅく)」と名付けられた古民家が建っています。去年までは道路側に住宅が建っていてその背後に隠れていたので...
記事のページを見る
☆★途中で撤退、元日の長井葉山
<半分埋もれた登山道入り口の標石> 元日に仲間たちと共に長井葉山に登り始めて今年が20回目でした。「紅白」を見なくなってからの年数と一致します。 待ち合わせの午前5時に6人集まり、勧進代の集落から出発したのは5時26分。雨でした。 20回の中でスタート時に雨だったというのは初めてです。 前日までは気温が高めでしたが、西から寒冷前線が接近していました。歩き始めると雷鳴も轟きました。 登山...
記事のページを見る
☆★年末の素敵なコンサートを振り返る
<年末の弟たちのコンサートチラシ> 2014年の年明けは、毎年恒例となった長井葉山元日登山に出かけております。しかも昨年は伯母が亡くなり、喪主を務めたこともあって、年賀のご挨拶は失礼いたします。 年末に東京初台の「近江楽堂」で開かれた「たかこ・やぎりんバンド冬公演」には、「葉っぱ塾」でつながっているたくさんの方々にもご来場いただきました。 みなさんの感想を、それぞれのブログやフェイスブック...
記事のページを見る
☆★新たな出会いに満ちた二日間の東京
<東京の青い空> 弟たちのコンサートの打ち上げは楽しい飲み会になりました。会場の近く、歩いて10分もかからないホテルを予約していました。 ぐっすり眠りました。いつもよりも2時間以上も遅く目が覚めました。 まずは着替えて外に出てみましたが、前日同様、抜けるような青空が広がっていました。都会の高層ビルの間から見上げる空は直線で切り取られています。 西新宿は、私が学生だった頃に開発が始まり、京...
記事のページを見る
☆★新たな世界広がる予感!~たかこ・やぎりんバンド冬公演終わる
<天井が高い近江楽堂は音響が素敵!> 29日、朝一番の新幹線で上京し、「たかこ・やぎりんバンド」の冬公演のお手伝いをしてきました。 「葉っぱ塾」とご縁のある方もたくさんおいでくださって、ほんとうにありがたいことでした。 <協演の中村初恵さんは朗読と熱唱!> この日はソプラノの中村初恵さんも出演され、歌と朗読を披露してくださったのですが、詠まれた中に星野道夫さんの『旅をする木』のエッ...
記事のページを見る
☆★年末寒波がやってきた!
<赤湯駅駐車場に置かれた車~28日夕方> 27日の午後から降り始めた雪は28日も一日中降り続きました。やはり三度目の雪が根雪になりました。 28日は早朝6時前、午前11時過ぎ、そして午後4時ごろと3回家のまわりの除雪をしました。庭の積雪が夕方で40センチぐらいですので、昨年、一昨年のピーク時に比べるとまだまだですが、今年も年末寒波です。 夕方、東京に住む娘が帰省するということで赤湯駅まで出...
記事のページを見る
☆★太田渉子さん、ご活躍を!~ソチ・パラリンピック旗手
<太田さんを紹介する山形新聞の記事> 先日はフィギュアスケートの全日本があって、熾烈な日本代表争いが展開されました。応援している真央さんも、オリンピックへの出場が決まりました。 あれほどの華やかさはなかったのですが、山形県民には嬉しいニュースがありました。オリンピック直後に開催されるパラリンピックに、尾花沢市出身の太田渉子さんが出場を決め、しかも旗手を務めるとのことでした。 ネット版の記事...
記事のページを見る
☆★クリスマスプレゼント?~円形脱毛症になりました
<蔵王の「お釜」も円形です> 昨日(26日)朝、あまりに肩こりがひどいので、妻に肩をもんでもらっていたのですが、「あ!毛が抜けている!」との指摘。 合わせ鏡で見てみると、後頭部に直径3センチほどの「円形脱毛」がありました。 前の日に床屋さんに行ったときに何も指摘されなかったのは、気配りだったのでしょうか?髪の専門家なのですから言ってくれてもよさそうなものですが・・・。 自分がこうなるなん...
記事のページを見る
☆★一日遅れのクリスマスプレゼント
<子どもたちの作品> 先週末からの3連休で、福島の子どもたちを招いての「冬の子どもキャンプ」を行いました。その初日に、山形市内の武田えり子さんのガラス工房で作った作品が出来上がったと、24日に武田さんからメールをいただいていました。 子どもたちに早く届けたいと思い、25日の午前中、工房に作品を受け取りに伺ってきました。 ガラスのこうした作品は、炉で加熱してガラスを融かして完成させるのですが...
記事のページを見る
☆★“自分通信”「LEAF」第164号ができました
<今年最後の“自分通信”「LEAF」> きょうはクリスマス。小さな子どもたちのおられる家庭には夜のうちにサンタさんが素敵なプレゼントを運んできてくれたのではないでしょうか。 山形は昨日の夕方から降った新しい雪ががさらっと積もり、まさしくホワイトクリスマスです。 96年夏から書き始めている「LEAF」と名付けた“自分通信”の第164号を数日前に投函しました。今年は6回発行したことになります。...
記事のページを見る
☆★ピザづくり、スノーマンづくりを楽しむ!~冬の子どもキャンプ3日目
<「なごみ庵」の囲炉裏端で> 最終日の朝、子どもたちが起き出してきたのはもう8時を過ぎていました。少人数のときは、あまり時間にこだわらず、起きたいときが起床時間、食べたいときが食事時間です。 この日はいつもお世話になっている「なごみ庵」でピザ焼き体験をお願いしていました。「森の休日」サポーターのSさんが子どもたちに会いに来てくれました。またAさんは、ご自分のお友達家族に声をかけてくださり、総...
記事のページを見る
☆★雪の中でも心はあったか~冬の子どもキャンプ2日目
<雪に埋もれる「そら」> 「冬の子どもキャンプ」2日目の22日は冬至にあたっていました。その日の日の出は7時少し前でしたが、子どもたちはその時間帯はまだぐっすり。 ゆっくり起き、ゆっくりご飯を食べてから、「森の休日」でお世話になっていたAsahi自然観に向かいました。 長井市内ではさらっと雪が積もっただけでしたが、Asahi自然観に着いてみると、前夜から泊まっていた人たちの車が半分埋もれる...
記事のページを見る
☆★出会いは学び~冬の子どもキャンプ1日目
<「遊行庵」というお蕎麦屋さんで> 福島から3人の子どもたちがやってきました! 朝は降っていなかった雪が、3人が着いた頃からちらちら降り出しましたが、結局積もるほどにはなっていません。 国道348号線沿いにある「遊行庵」で昼食。ここはお蕎麦が出てくる前に出される蕎麦豆腐や蕎麦のから揚げなどがなかなか珍しく、しかもおいしいので、ファンになりました。お客への細やかな気配りも嬉しいお店です。 ...
記事のページを見る
☆★今日から「冬の子どもキャンプ①」!
<秋の「森の休日」で> 今日から3連休なので、福島の子どもたちに声をかけて「冬の子どもキャンプ」です。 3人の子どもたちが福島から新幹線に乗ってやってきます!ふだんは両親と車で移動している彼らが自分たちだけで新幹線に乗る。もうそれだけでも一つの冒険かもしれません。 わが家では特別何か準備するわけではありませんが、いろいろな方にお願いして子どもたちの活動を提供していただくことになっています。...
記事のページを見る
☆★知事辞職のかげにうごめく権力
<さらりと雪が降った朝の水田の夜明け> 「都知事辞任」というニュースが今朝の新聞の第1面に大きく出ています。 このところ毎日この問題についての報道がなされてきましたが、前知事の長きにわたる在任期間にはこうした問題が出ることはまったくありませんでした。しかし、就任1年もしないうちにこうした事態になったことが、どこか腑に落ちないと感じていました。 そうしましたら、ピアニストのウォン・ウィンツァ...
記事のページを見る
☆★週末保養「森の休日2014」へのご支援を!
<ブナの森でのびのび遊ぶ福島の子どもたち> 福島の子どもたちのための短期保養プログラム 「森の休日」へのご支援のお願い “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、山形県長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」では、震災直後から、アウトドアメーカーのモンベルが中心となって行なった緊急物資支援活動「アウトドア義援隊」に参加したほか、その後も個人として、あるいは山形からのボ...
記事のページを見る
☆★「森の休日2014」へ向けてサポーター募集!
<秋のブナの森でのたき火を楽しむ> 福島の子どもたちと家族のための短期保養プログラム 「森の休日」サポーターの募集! “おとなも子どもも森で遊べ”をテーマに、長井市及びその周辺の自然を活用して活動を行っている「葉っぱ塾」(http://blog.livedoor.jp/happajuku/)では、県内のボランティア関係者のお力をお借りしながら、2012年5月以降、福島の子どもたちのための短...
記事のページを見る
☆★「おのくん」の故郷へお届け物!
<16日朝の南陽市小滝付近> 15日から16日にかけても雪が降り続き、朝はがっちり除雪作業をしてから東松島に向かいました。出かけるころには雪はほとんど止んでいましたが、沿線の風景はなかなか見ごたえのある雪景色でした。 <「おのくん」のお母さんたち> この日は東松島の小野仮設住宅で「おのくん」を生み出しているみなさんに、お届け物を携えていました。 山形市でガラス工房をやっておられる武...
記事のページを見る
☆★新たなスクールインタープリター誕生!~雪の中での講座終了
<座学の様子> この2か月ほど、少しずつ準備をしてきた「スクールインタープリター養成講座イン山形2013冬」を、15日に山形市の「協同の杜」で、予定通り終えることができました。 12月もまだ半ばだというのに、前々日からかなりの降雪となり、この日の朝も、まずは家のまわりの雪かきをしてから会場に向かったのです。 豪雪地帯からの参加者はやはりだいぶ移動に時間がかかり、当初の予定から15分ほど遅ら...
記事のページを見る
☆★新しい柿の木との出会い
<風情のある柿の木~白鷹町で> この時期にしては雪の降り方がすごいようです。 14日の朝、この冬初めて「スノーダンプ」を使ったのですが、夕方までに30センチほどの積雪になってしまいました。夕方2度目の除雪をしなければなりませんでした。 14日は午前中山形市内まで行っての帰り道、白鷹町の国道沿いにこの秋見つけていた柿の木に会いに寄ってみました。枝振りが素晴らしい! まだたくさんの柿の実がな...
記事のページを見る
☆★カレンダーの購入、ご協力に感謝!~3団体へ送金しました!
<葉祥明「言葉」カレンダー2014表紙> 年末になって呼びかけてきました「葉祥明“言葉”カレンダー」及び「日本フィル“音楽猫”カレンダー」の購入については、たくさんの皆様からご協力をいただき、数日前に完売いたしました! 代金のとりまとめもほぼ終えて、送料を除いたお金を、以下のように配分し、それぞれの団体に送金しました。 ■「難民を助ける会」シリア難民緊急支援 ¥45000 ■「ペシャワー...
記事のページを見る
☆★「人類の幸福こそが環境の一番大切な要素」~ムヒカ大統領からのメッセージ
<冬の夜明け> 昨日(12日)の朝、フェイスブックの記事の中に、素晴らしいメッセージを見つけました。 昨年6月、ブラジルのリオデジャネイロで開催された「環境と開発に関する国際連合会議‎」における、ウルグアイのムヒカ大統領のスピーチの訳が、「転載自由」とのことでアップされていたのです。 日本ではまだ民主党政権だったときですが、この会議のニュースには気付かずにいました。 先進諸国...
記事のページを見る
☆★穏やかな朝もある
<穏やかな冬の夜明け> 昨日は前日の低気圧の強風が去って、朝から穏やかな天候でした。この季節になると、アスファルトの上をジョギングできることは貴重です。 冬至まであと10日ほどですから、ずいぶん日の出が遅くなっています。東の空がようやく白み始めた頃に家を出ると、水たまりのできた水田に空の茜色が映っていました。 <日の出直後の東の空> 今週末に「スクールインタープリター養成講座」を控...
記事のページを見る
☆★元日、長井葉山に一緒に登りませんか?!
<朝日を受ける長井葉山> 毎年元日、友人たちと長井葉山に登っています。私は今度が20回目になります。 よかったら一緒に登りませんか? ただし、この時期の葉山はたいてい「しっかりした雪山」です。スノーシューやかんじきを履いても腰まで雪にもぐり、ラッセルが厳しいですので、初心者の方では無理です。天候に恵まれ、年末寒波がなければ、比較的たやすく登れることはまれにありますが・・・。 大晦日も、私...
記事のページを見る
☆★薬師丸ひろ子『時の扉』~デビュー35周年記念アルバム
<『時の扉』ジャケット> 前作の朝ドラ『あまちゃん』で女優の「鈴鹿ひろみ」を好演した薬師丸ひろ子さんが新しいCDを出したというので、早速購入しました。 ドラマの中では音痴という設定だったのに、最後の最後でどんでん返し。素晴らしい『潮騒のメモリー』を披露してくれたのですが、天性の透き通る歌声は若い時と変わらずでした。 アルバムタイトルは『時の扉』(EMIレコードTYCT69030)。選曲がな...
記事のページを見る
☆★冬の野山に飛び出そう!~スノーシュー・ハイキングのご案内
葉っぱ塾スノーシュー・ハイキング2014 スノーシューは、北米で発達した「雪面を歩く」用具です。日本の「かんじき」にあたるものといえばわかりやすいかもしれません。 初めての方でも特別な技術は必要なく、楽しく雪の上の散歩を楽しむことができます。 「葉っぱ塾」では、初心者向けには長井葉山のふもと、長井縄文村で、中級者向けには白鷹山の中腹にある県民の森で、今年もスノーシュー・プログラムを計画してい...
記事のページを見る
☆★雪の朝の風景~12月8日
<雪の朝の歩道橋> 昨日は、未明からの雨が昼過ぎに雪に変わりました。その雪が宵の口まで降って、今朝起きてみると、天候が回復していました。 雪の日の翌日、天候が良い時にしか見られない風景というのがあります。今朝はそれに期待して、ジョギングしてきました。 最上川の支流、野川にかかる「谷地橋」には、そばに歩道橋があります。私より早くすでに歩いた人がいました。 <いつもの柿の木> 今朝の...
記事のページを見る
☆★小さな光の運び手に~葉祥明さんからのメッセージ
<サインが入ったポストカード> 今朝(7日)起きて、前日深夜に「秘密保護法」が参議院を通ったことを知りました。多くの人々がこの法律の弊害を指摘し、慎重な審議を求め、また成立に反対していたことを、あざ笑うかのような手法での成立でした。 国会での審議が大詰めを迎えようとしていた数日前、「葉っぱ塾」設立時の恩人と尊敬する葉祥明さんからポストカードをいただいていました。 こちらの活動をいろいろな面...
記事のページを見る
☆★「この程度の国民にこの程度の国会」と言われぬために
<ネット中継で見た強行採決の場面> 昨日は早朝酒田に向けて家を出発し、年に一度のカレンダー届けなどに懐かしい方々の家を回ってきました。 そのほっこりした気分が、午後のインターネット中継で、「秘密保全法案」の審議の強行採決の場面を見て、台無しになってしまいました。 昨日は、最近はあまり見ていなかったツイッターの情報などもいろいろ拾い読みしていたのですが、その中に、「なぜ国会中継しないのか」と...
記事のページを見る
☆★本日第2信 深夜の参議院~ツイッター記事を拾う
深夜、参議院でひどいことが行われていたと知りました!いくつかの記事をツイッターから拾ってみました。状況を想像してみてください。 こうした暴挙に手を貸した与党議員に、今後議席を与えることがあってはなりません!! ■報道ステーション。朝日の政治部長によれば、ある自民党幹部は、秘密保護法案について次のように発言した。 「審議が長引いて反対の世論が高まる前に成立させないといけない。これは消費税と違...
記事のページを見る
☆★災害ボラセン運営研修会スキルアップ編に参加
<準備された椅子テーブル> 4日はあの大震災からちょうど1000日目だと朝刊の記事にありました。 それだけの日数を経ても、まだまだたくさんの人々が仮設暮らしを強いられ、避難生活を余儀なくされています。災害からの復興への道のりはまだなかばといったところです。 ちょうど1000日目は偶然だったのでしょうが、山形県社会福祉協議会が主催した「災害ボランティアセンター運営研修会(スキルアップ編)」が...
記事のページを見る
☆★近づく「スクールインタープリター養成講座」 イン 山形 冬
<今年8月の山形大学会場での講座実習風景> 前にもご案内をアップしましたが、今月15日(土)に、山形市の「協同の杜JA研修所」を会場に、「スクールインタープリター養成講座」を開催することになりました。要項についてはこちらをご覧ください。 「スクールインタープリターって何?」とはよく尋ねられます。あまり知名度はないかもしれません。 私は一種の「環境教育コーディネーター」であると考えています。...
記事のページを見る
☆★朝焼けと虹の一日
<昨日の日の出前の風景> 昨日は午前中は曇り、午後一時的に雨が降りました。 朝のジョギングは、しばらくぶりに長い距離を時間をかけて走ってきました。 まだ真っ暗なうちに家を出て、少しずつ明るくなってゆく空を見ながら走ると、最上川の方角からハクチョウたちが鳴き交わす声が聞こえてきます。 日の出前の一瞬、空が美しく染まるときがあります。木の葉をすっかり落とした木が、朝焼けの空を背景に、シルエッ...
記事のページを見る
☆★2つの場で読んだ吉野弘『生命は』
<Sさんのご結婚披露宴で> 11月、2つの別々の場で、吉野弘さんの『生命は』を読む機会がありました。 酒田市のご出身である詩人、吉野弘さんは、私が大好きな詩人のお一人です。1996年夏以降、不定期で友人や知人に発信している自分通信「LEAF」にも、吉野さんの詩を何度も引用しましたし、さまざまな場面で作品を紹介もしてきました。 中でも『生命は』という詩は大好きで、私はもうすっかりこの詩を暗記...
記事のページを見る
☆★木曽真奈美さんのCD購入がボランティア支援に!
10月にこの長井市で行われたコンサートに出演くださったピアニストの木曽真奈美さんから、「葉っぱ塾ボランティア募金」へのご協力をいただけることになりました。 木曽さんはロシアの作曲家の作品を得意としておられますが、とりわけムソルグスキー作曲の『展覧会の絵』には思い入れをお持ちです。 ロシアの大平原の果てにあるムソルグスキーの生地を単身で訪ねられた経験もおありと伺っています。 その木曽さんが昨年...
記事のページを見る
☆★自衛隊に「闇」の部隊~憲法違反の秘密暴かれる!
<11月28日「山形新聞」第1面> <同紙27面の記事> 「秘密保全法案」の強行採決で、民主主義国家の根幹が揺さぶられているこの同じときに、28日付けの「山形新聞」に、共同通信社が5年半にわたり取材を続けてきた成果として、自衛隊内部の秘密情報部隊の存在を明らかにした記事が掲載されていました。 28日と29日、「朝日」にはそれに触れた記事が全くないので、共同通信の独占記事ということなので...
記事のページを見る
☆★新しい家族が増えました!~お転婆「ポッケ」
<新しい家族の「ポッケ」> 24日に、わが家に新しい家族が増えました。 大阪に住む長男が、大阪から連れてきてくれました。拾われたときには掌に乗るぐらいの体だったそうですが、今は体重が1kgを少し超えています。 名前は「ポッケ」。メスのトラ猫です。なかなか美人ですが、お転婆です。 先月、母の法事のときに連れて来ようとしたことがあったのですが、お医者さんにはまだ長距離の移動は無理と言われて断...
記事のページを見る
☆★穴だらけ無農薬白菜収穫!!
<収穫した白菜> 9月上旬に苗を植えた白菜を数日前に収穫しました。 畑づくりは素人の私ですが、昨年に続き、まずまず「見られる」ものになりました。 一人では広すぎる畑を4列耕して植えました。全部で48株あったのですが、3株は葉っぱがまとまりませんでした。 植える前に、畑の土に前の年の枯葉と生ごみを混ぜて養生した堆肥を撒き、それを唯一の「栄養」としました。 「白菜は養分を多く要する」と農家...
記事のページを見る
☆★あきらめず「秘密保護法案」を廃案へ!~若手弁護士からのメッセージ
<採決強行を報ずる27日「朝日」第1面> 問題だらけの「秘密保護法案」が26日、衆議院で可決されてしまいました。 昨日はフェイスブックの様々な方々の投稿を見ながら、いまさらながらにこの法案の危険性を感じながら過ごしていました。 25日、福島ではこの法案についての公聴会が開催され、意見を述べた全ての人が「反対」ということだったそうです。その翌日の強行でした。いったいなんのための公聴会だったの...
記事のページを見る
☆★クミコさん特別出演! たかこ・やぎりんバンド年末公演
<暮れのコンサートのチラシ> ※チラシを左クリックし、写真画面が開いたら再度左クリックすると、拡大されます。 ケーナを演奏している弟の八木倫明が、アルパの藤枝貴子さん、ソプラノの中村初恵さんと協演する小さな演奏会が、12月29日、東京初台の近江楽堂で開かれます。定員120人の素晴らしい音響の小ホールです。 このコンサートに、何とあのクミコさん特別出演されることになったと弟から連絡が入りま...
記事のページを見る
☆★今年は豊作! 「葉っぱ塾のリンゴの木」
<たくさん実った「葉っぱ塾」のリンゴの木> 24日(一部は22日)に、「葉っぱ塾のリンゴの木」の収穫作業を終えました。 24日は前夜からの雨が朝のうちまで残り、オーナーでただ一人参加くださった仙台の宍戸さんご夫妻が、平井さんと一緒に小雨の中で作業をしてくださっていました。 朝、別の用事があって遅れた私が到着したときには雨があがっていましたが、もぎ取りの作業はすでに終わり、分別作業にかかって...
記事のページを見る
☆★藤原紀香さん、応援します!!
<「赤旗」日曜版11月24日の第1面> 週末になるとわが家に届けられる『赤旗』の日曜版の最新号の第一面に、女優の藤原紀香さんの大きな写真が載っていました。今号と次号で、大きなインタビュー記事が掲載されるのです。 タイトルからわかるように、今の国会で審議されている「特定秘密保護法案」についての藤原さんの考えが記事の主な柱です。 しばらく前に藤原さんは、ご自身のブログに、この法案に対する自分の...
記事のページを見る
☆★時雨の中でリンゴ収穫最終盤
<早朝、「出勤」するハクチョウたち> 時雨れる日が続きます。雨が降らない日は貴重です。 早朝のジョギングでは、ハクチョウたちの「出勤」に出会うことが多くあります。最上川で夜を過ごし、日中はまだ雪におおわれていない水田地帯で落穂を拾っているのです。 <落穂をついばむハクチョウたち> 22日は、白鷹町のリンゴ農家、平井さんの畑に伺ってきました。24日のリンゴ収穫の打ち合わせと、オーナー...
記事のページを見る
☆★「木星音楽団」の「森の休日」支援コンサート イン 青梅
<チラシ表面> 「来年のことを言うと鬼が笑う」と言われますが、笑われてもいいのでお知らせします。 2月1日に東京の青梅市で、この「葉っぱ塾」を資金面で応援しようというコンサートが開催されることになりました! チラシの写真にカーソルを合わせ、左クリックして写真画面が開いたらもう一度左クリックすると、拡大表示されます。 このコンサートの主催者の方々はこの6月にも同じ趣旨でコンサートを開いてく...
記事のページを見る
☆★「佐平次」という祖先~わが家の家系図のこと
<父が作成していたわが家の家系図> 伯母の小さな小さな葬儀が無事終わりました。参列した人数は11名。ごく近い親族だけにおいでいただきました。 亡くなった伯母にもっとも近いのは仙台に住む伯母の妹と、伯母の弟にあたる私の父です。葬儀の前日は、段取りについての打ち合わせの合間に、めったに顔を合わせることもない数名が、お茶を飲みながら親族のつながりについて話をしていました。 ふと思い立って、父が以...
記事のページを見る
☆★伯母の旅立ち
18日の昼過ぎに伯母(父の姉)が満九十歳の天寿を全うし、旅立ちました。 生涯独身でしたし、ここ数年は認知症であったために施設で暮らしていましたので、葬儀は私が喪主となってささやかに本日(20日)執り行うことになりました。 18日以降、段取りや関係の方々との応対で、バタバタと時間を過ごしておりました。 ☆このブログのHistoryViewはこちら。 ※コメントの書き込みは下の↓Commen...
記事のページを見る
☆★読みましょう「山で起こる低体温症」
<『岳人』11月号の特集ページ> 山の雑誌『岳人』の2013年11月号と12月号に、“山で起こる低体温症”という特集記事が掲載されています。 この記事を書かれた金田正樹先生は、日本山岳ガイド協会の特別委員として、私たち山のガイドのファースト・エイド(FA)の指導を中心となって担っておられる方です。 私は今年の4月に長野県小諸市で開催されたFA講習会に仲間と共に参加し、先生から貴重な講演や実...
記事のページを見る
☆★紅葉と大雲海の長井葉山
<霧の中の紅葉> 17日は、以前から計画していた「晩秋の長井葉山」でした。参加者は、山の講座にも参加してくださっていた山ガールのYさんお一人だけだったのですが、一日中、素晴らしい天候に恵まれた山行となりました。 紅葉前線は麓まで降りてきていて、白兎尾根を登り始めると、私たちは紅葉のステンドグラスを楽しみながら歩くことになりました。 <広がる大雲海> 前日に続き、朝はこの時期特有の盆...
記事のページを見る
☆★冬を前に雪崩講習会に参加
<詳細な講習会資料> 先日は、初雪にしては多めの雪が降り、高い山々は冬山のシーズンへ。そして間もなく県内のスキー場も営業を開始する頃となっています。 そうした時期を迎えて、16日は、ガイド仲間のⅠさんが主宰する団体が企画した「雪崩講習会」に参加してきました。 山のガイドやバックカントリースキー・スノーボードの愛好者40名ほどが集まった講習会で、新庄の防災科学研究所の根元さんが、雪崩が起こる...
記事のページを見る
☆★詩の絵本『最初の質問』
11月上旬に印刷した、自分通信の「LEAF」第163号に引用した詩『最初の質問』(講談社)は、天童市内の書店でその絵本を見つけていっぺんに好きになってしまいました。 表紙を見て、「あ!いせひでこさんの絵だ!」とピンときたことも大きかったかもしれません。 「LEAF」をお送りした何人かの方から「いい詩だった」とお便りやファクシミリをいただいたのも、珍しいことでした。 そんなことで、きょうはこの...
記事のページを見る
☆★雪と紅葉のコラボレーション~小国町の風景
<朝日に輝く雪の山> 14日、天候が良くなるとの予報に、急に山行きを決め、小国町の倉手山に向かいました。 国道113号線から小玉川集落に向かうにつれて雪が多く残っており、高い山々が朝日に照らされる頃、国民宿舎「梅花皮(かいらぎ)荘」入口に着きました。 <飯豊の主稜線を望む> 「梅花皮荘」入口から奥の「飯豊山荘」に通ずる林道は、除雪はされていましたが、「一般車両通行止め」の掲示があり...
記事のページを見る
☆★「小さな芽」を育てる人たちへのメッセージ
<立派な表示をしていただき恐縮> 13日は県教育委員会が主催する「幼児共育フォーラム」という研修会に、「自然」の分科会の講師としてお招きをいただいていました。 昨年の秋に、やはり県が主催した「森のようちえん」という事業に参加くださった寒河江市内の幼稚園のN先生が、私を紹介してくださったのです。 N先生の幼稚園にはこの春の保護者の研修会にもお招きを受け、お話をする機会をいただいていました。人...
記事のページを見る
☆★フィリピン台風被害へ緊急支援必要!!
<12日の新聞の記事> 8日にフィリピンを襲った台風30号が、大きな被害をもたらしているとの報道がなされています。写真報道を参照してください。 被災者の数が1000万人に近いとか、犠牲者は1万人を超えるとも聞こえてきています。想像を絶する大災害です。 大きな災害を経験したことのある人なら、こんなときに何が必要か、どんな支援がありがたいかがおわかりなのではないでしょうか。 私たちの国に比べ...
記事のページを見る
☆★晩秋の被災地へ~雪の帰り道
<今泉街道、笹ノ田峠付近の紅葉> 11日は、およそ2か月半ぶりの陸前高田でした。朝から荒れ模様かと思って起きたら、拍子抜けするほど穏やかでした。 ようやく空が白み始めたころに出発しました。一関インターで高速を降り、今泉街道を東へと向かう途中、少し空が明るくなり、青空がのぞくようになりました。途中で越える笹ノ田峠の紅葉は最後の輝きを放っているように見えました。 <陸前高田の旧市街地> ...
記事のページを見る
☆★新米だ! にぎやかに田んぼ収穫祭!
<この秋もムキタケが豊作!> 6月上旬に田植えをし、10月上旬に稲刈りをした「葉っぱ塾の田んぼ」の収穫祭を10日に行いました。 前日は素晴らしい好天だったのですが、この日は皮肉にも集合時刻の9時少し前から雨が降り出しました。 みんなで山にキノコ狩りに行くはずだったのですが、山には3人だけ代表して入り、他の皆さんには柿の渋抜きや食用菊のじく取りなどをしていただきました。 昨年に続きムキタケ...
記事のページを見る
☆★世界にたった一つのアクセサリー完成!
<完成した参加者の作品!(武田さん撮影)> 4日に「葉っぱ塾」で呼びかけてガラスのアクセサリーづくり指導いただいた武田えり子さんから、「出来上がりましたよ」とメールとお電話をいただきました。 私たちが並べたガラスのピースに熱を加え、一度融かしたり金具を取り付けたりしていただいて、数日かかったというわけです。 女性陣の付き添いで行っただけのつもりが、私も作品を作りたくなって、キーホルダーにし...
記事のページを見る
☆★冬の訪れ、冬への備え
<8日朝の大きな虹> 7日はもう「立冬」だったのですね。扇風機を片付けたのがついこの間のような気がしていました。入れ替わるようにストーブが登場しました。 昨日の朝まで強風と雨でしたが、明るくなる頃から雨雲が切れ切れになり、雲の間から朝の光が差し込んできました。 太陽と反対の方角に出る虹が、西の山の上に大アーチをかけていました。本格的な冬が来る前の時雨の季節には、虹をよく見ます。 天気予報...
記事のページを見る
☆★「森の休日2014」へ向けてスタート
<朝霧の夜明け> 夜通し強い風が吹いていました。今の時期、冬の季節風のはしりということになるのですが、たわわに実ったリンゴのことが気にかかります。 昨夜は山形市内で、あるコンサートが開かれ招待券をいただいていましたので、出かけてきました。 「森の休日」の活動のきっかけをつくってくださった方々が、「日本ソーシャルセラピストアカデミー」という一般社団法人を立ち上げた節目のイベントでした。 震...
記事のページを見る
☆★順調に生育する葉っぱ塾のリンゴたち
<全体に実の数が多いリンゴの木> 「葉っぱ塾リンゴの木」オーナーのみなさん、お元気ですか? 今年はこのブログにリンゴのことをアップすることが少なかったこと、お詫び申し上げます。 数日前に平井さんのリンゴ畑に行ってきました。その後平井さんのお宅を訪ね、お話を伺ってきました。今年のリンゴはなかなか良いです! リンゴは寒冷地を好む作物ですので、猛暑は大敵です。花の咲く時期の寒さ、その後の日照り...
記事のページを見る
☆★晩秋の長井葉山、参加者募集!
<紅葉進む長井葉山> 葉っぱ塾晩秋の長井葉山2013 11月中旬の長井葉山は、紅葉が麓まで下りています。山頂一帯は紅葉も終わり、ブナの森は落葉してすっかり明るくなっていると思います。もしかしたら、大朝日岳や祝瓶山は雪をかぶっているかもしれません。あまり歩かれていない勧進代コースそして昭和堰をたどって晩秋の山々や、山から眺める里の風景を楽しみませんか? 【期日】11月17日(日)※悪天中止 ...
記事のページを見る
☆★楽しい体験~ガラスアクセサリーづくり!
<こんな素敵なネックレス、できるかな?> 「葉っぱ塾」ではガラスのアクセサリーを作ってみませんか、と呼びかけていたのですが、4日午後、東山形の武田えり子さんの工房に9名でお邪魔してきました。 武田さんのところには、福島の子どもたちと一緒にステンドグラスづくり体験に訪れたこともありましたし、その後、「おのくん」の里親をたくさん紹介していただいたりして、交流が続いています。 最初に見本を見せて...
記事のページを見る
☆★明るい紅葉のブナの森での2日間~「森の休日2013」第12回報告
<紅葉の森に囲まれたAsahi自然観> 11月2日から3日は、今年最後の「森の休日」でした。 福島の子どもたちとそのご家族を招いての週末保養のこの取り組みは、今年12回目、昨年からの通算では22回目でした。 朝の気温が平地でも2℃台と冷え込んだのですが、それは空が晴れ渡っていたということ。紅葉も真っ盛りのAsahi自然観に、福島から3家族がおいでくださいました。 <好天の下での外遊び...
記事のページを見る
☆★楽しんだカボチャ・ランタン~「森の休日2013」
<「葉っぱ塾」チームのカボチャ・ランタン> 今年最後の「森の休日」を終えて、先ほど帰宅しました。詳しい報告は明日にしますが、昨日参加した「ハチ蜜の森キャンドル」主催の「カボチャ・ランタン」に、福島の方々をはじめ「葉っぱ塾チーム」が5作品エントリーしました! 素晴らしい紅葉の森に、小人さんのカボチャの家が並びました。夢のような素敵な時間を過ごすことができました。子どもたちの心にきっと焼きついた...
記事のページを見る
☆★「スクールインタープリター養成講座 in 山形 2013冬」開講!
<講座の実習風景> 「葉っぱ塾」では今年2回目の「スクールインタープリター養成講座」を開催することになりました。 小学校や幼稚園教員、保育士さん、さらにはそれを目指す学生向けには最適の講座です。子どもたちの体験活動プログラムづくりや、その理念について学んでみませんか? スクール・インタープリター養成入門講座in山形 2013冬 (環境省・文部科学省登録講座) 2009年以来山形県...
記事のページを見る
☆★学生に語る体験活動の大切さ~東北文教大学で
<28日の長井葉山の様子> 28日はとても天気の良い一日で、山日和だったのですが、前々から東北文教大学のS先生からお招きを受けていました。 昼過ぎに山形市内に向けて家を出て間もなく、長井葉山を見渡せるところで車を止めて山を見上げました。紅葉前線が山の中腹にまで下りてきているのがはっきりとわかりました。 東北文教大学のS先生とは、県が主催する昨年の秋の「森のようちえん」という事業に私が講師役...
記事のページを見る
☆★2か月ぶりの小野仮設~「おのくん」二人わが家で待機中
<集会所前に「おのくんカー」!> この2か月なかなか行けなかった東松島に行ってきました。 小野駅前仮設の集会所に着くと、いきなり派手な「おのくんカー」がお出迎え!相変わらず、いろいろな方が「おのくん」と関わっておられるようで嬉しくなりました。 <進む仙石線復旧作業> 「葉っぱ塾」に届けられた「ボランティア支援募金」の一部を使って購入した「おのくん」用の靴下や綿、それに集会所で使うお...
記事のページを見る
☆★保育園での秋の活動終了!
<園からお宮様へ向かう子どもたち> 29日は、ここ3年ほど通っている山形市内のT保育園の秋の活動にお招きを受けていました。車で園に到着すると、年少児、年中児さんたちはもう近くのお宮様に向かう準備ができていました。 お宮様には大きな木がたくさんあって、一部は公園にもなっています。この時期は落ち葉がたくさんある場所です。 <こんなにあった、黄色い葉っぱ!> お宮さんに着くと、ヤギおじさ...
記事のページを見る
☆★続ける! 小さな支援~葉祥明「言葉」カレンダー購入のお願い
<葉祥明「言葉」カレンダー2014表紙> 毎年お届けしているカレンダーの季節になりました! 「葉っぱ塾」の活動を始めるきっかけを作ってくださった葉祥明(よう・しょうめい)さんの「言葉カレンダー」が届きました。 葉祥明さんや葉祥明美術館のご理解とご協力をいただき、この購入代金の一部を「NGO難民を助ける会」にお送りしています。 定価¥1260のこのカレンダーを¥1500で購入してください。...
記事のページを見る
☆★紅葉の森、雨時々晴れ間!~「森の休日2013」第11回報告
<紅葉の森をバックに記念撮影> 今年11回目の「森の休日」を26日から27日にかけて行いました。 会場のAsahi自然観は、2週間前と比べると、紅葉が見違えるほど進み、多彩な色彩が私たちを迎えてくれました。 心配された台風27号が東寄りに進んだために、直接の影響はありませんでしたが、不安定な空の下での二日間でした。 幸い1日目の午後から夕食の時間帯は雨が降らず、紅葉の森の見学や外遊びが予...
記事のページを見る
☆★紅葉のAsahi自然観、雨の朝
今年11回目の「森の休日」でAsahi自然観に来ています。福島からは4家族10名の参加をいただいています。 台風の影響はなく、昨日の午後は雨が降らなかったのですが、キャンプファイアーをしようとした頃から雨が降り出しました。 二週間前に比べるとずいぶん紅葉が進んでいます。 朝のうちに、できなかったキャンプファイアーの片付けを済ませることにしましょう。雨が止むことを願いながら。
記事のページを見る
☆★紅葉進む里に、冬の使者
<色づいたヤマウルシ> 前回の「森の休日」から10日余りが過ぎ、この週末の第11回の開催の準備のため、Asahi自然観に行ってきました。 小雨が降って肌寒い天候でしたが、10日の間にずいぶん紅葉が進んでいました。 この時期はヤマウルシがひときわ鮮やかです。大きなものも小さなものも黄色~橙色~赤と多彩な色合いで目立っています。 まだ紅葉の真っ盛りとまではいきませんが、ブナも今年はなかなかよ...
記事のページを見る
☆★手作りガラスアクセサリー体験、参加者募集!
<素敵な手作りガラスのアクセサリー> 「葉っぱ塾」では、いろいろな面でお世話になっている「FACTガラススタヂオ」の武田えり子さんのご厚意で、ガラスのアクセサリー作り体験を行います。 休日の午後、ご参加はいかがですか? ■日時11月4日(祝)13時~15時30分 ■会場FACTガラススタヂオ 山形市東山形1-5-5 ℡023-633-8895 ■参加費2000円 (特別のご配慮をいた...
記事のページを見る
☆★若者が育てた「心の花」~3年後のコンサートへ第一歩
<文化会館脇の公園の桜並木の紅葉> コンサートの翌朝は、曇り空からときどき青空ものぞく穏やかな空となりました。 ホテルにお泊りの木曽真奈美さんと、スタィンウエイ会最高顧問でいらっしゃる鈴木達也さんを赤湯駅にお送りするのが私のお役目となっていました。 前日はあわただしくて目が行かなかったのですが、ホテルの真向いの文化会館脇にある公園の桜並木の葉っぱがすっかり紅葉していました。里の本格的な紅葉...
記事のページを見る
☆★若者たちの心に種を蒔く~3年間の集大成のスタィンウエイコンサート終了!
<本番直前までリハーサルされる木曽さん> 一つのコンサートを「創る」という作業は、その当日を迎えてしまえば99%は終わっています。 コンサートをお聴きくださるたくさんの聴衆の方々にとっては「その日」が100%であることとの大きな違いです。 「その日」を無事に終え、一晩明けた今、私の心の中ではもう3年後のコンサートに向けてのスタートを切ったという思いがあります。 そんなふうに考えれば、昨日...
記事のページを見る
☆★縁を紡ぐピアノ~長井高校スタィンウエイ・ピアノコンサート、本日!
<21日の日の出の風景> 母校、長井高校にある1923年製のスタィンウエイのピアノを活用しての、3年に一度のコンサートがいよいよ本日(22日)です。 出演者のお一人、ピアニストの木曽真奈美さんは、21日午後の新幹線で長井に入られるということで、21日の朝は「いよいよこの日が来たなあ」という感慨をもって迎えました。 ほぼ24時間降り続いた雨が朝方空が白み始めるころには止んで、回復傾向の夜明け...
記事のページを見る
☆★「遊行庵」と「なごみ庵」~おすすめのお店2つ
<「遊行庵」の天そば> 20日は未明から冷たい雨が降り、一日中降っていました。24時間以上も降り続いて、ようやくあがったようです。 その20日、母の23回忌ということで、ささやかな集まりをもちました。一般的には「法事」といわれるわけですが、22年もたっていることや、お寺との縁が切れていること、母がクリスチャンであったことなどから、母とごく近い関係の方だけにお声をかけての会としました。 東京...
記事のページを見る
☆★紅葉見頃の長井葉山稜線
10月19日、ちょうど1か月ぶりに長井葉山に行ってきました。下界から見ると、標高1000m以上が色づいているのがわかりましたが、まさに稜線上は今がちょうどよい紅葉。来週末までもつかもしれません。 勧進代ルートの林道ゲートに車をとめて歩き出し、勧進代尾根→追分→昭和堰→奥の院→山荘→オケサ堀ルート→追分→勧進代尾根と回ってきました。 忙しくなる今日から数日のエネルギーを心に蓄えてきました。紅葉の...
記事のページを見る
☆★「居待月」の夜のコンサート~長井高校スタィンウエイピアノで!
<10月18日夕方の「待宵月」> きょう19日は「十五夜」です。旧暦では「長月十五日」ということになります。 昨日は昼前に東京から戻り、来週火曜日(22日)に迫った長井高校のスタィンウエイのピアノを活用してのコンサートの準備をしていました。 夕方長井高校に打ち合わせに行った帰り道、東の空から昇り始めた「十四夜の月」がくっきりと空に浮かんでいました。 まだ完全に暗くならないうちに出てくるこ...
記事のページを見る
☆★木星音楽団コンサート、温かな出会い~人はつながってゆく
<東京文化会館ロビー風景> 17日は、弟がメンバーの一人である「木星音楽団」のコンサートが上野の東京文化会館小ホールで行われました。 まだ4人のメンバーでスタートして1年にも満たないグループですが、先日初めてのCDが完成し、お披露目のコンサートになりました。私もお手伝いがてら久々に上京しました。 全く知名度もないこのグループの演奏会に、直前の予想を上回る方々がご来場くださいました。「葉っぱ...
記事のページを見る
☆★輝く子どもたちの個性~落ち葉でつくる「ケーキ」
☆台風28号は、とりわけ太平洋側の各地に被害をもたらしてゆきました伊豆大島や関東の都県でたくさんの方が災害の犠牲になられたこと、謹んでおくやみ申し上げます。 台風が太平洋岸を進んだことで、こちらはさほど大きな被害にはならなかったのですが、陸前高田の「希望の庭」の吉田さんからは、テントが壊され、外の片づけも必要になったとメールがありました。相当な強風だったようです。 <色とりどりの葉っぱや実...
記事のページを見る
☆★台風接近、ハクチョウ初鳴き
<県民の森駐車場周辺の紅葉> 15日の朝は、前日の好天が続いて穏やかな霧の朝でした。庭の落ち葉を片付けていると、わが家の上空をハクチョウが3羽ほど鳴き交わしながら通過してゆきました。今年初めて聞くハクチョウの声でした。 前日の抜けるような青空とは違い、午前9時ごろには高曇り、そしてこの日夕方からは台風26号の雨雲がかかって雨が降り始めました。 朝食後、「県民の森」に車を走らせました。きょう...
記事のページを見る
☆★順調に育つわが家のハクサイ
<9月上旬、植えて間もないころ> 今年も少しだけ畑を作りましたが、夏が終わるころ、昨年に続いてハクサイの苗を買ってきて植えてみました。 昨年は植えてからしばらくの間は残暑が続き、毎夕、水やりを続けましたが、今年は植えて数日たって雨が降り、その後も時々雨だったものですから、ほとんど水やりもせずに過ごしました。 また、昨年大発生したヨトウムシも、今年はいません。農薬を使わないので、これはとても...
記事のページを見る
☆★秋の味覚いっぱいの「森の休日」~「森の休日2013」第10回報告
<落ち葉が舞い始めた「空気神社」で> 今年10回目の「森の休日」を12日~13日に開催しました。 前日に寒冷前線が通過し、その雨がまだ時々降るという初日。「空気神社」はブナの落ち葉が舞い始めていました。 この日は、伊達市から参加のSさんファミリーは山形市内で開催された「国際ドキュメンタリー映画祭」に参加され、まだこの写真には写っていません。家族が出演された映画がこの日上映されたのです。 ...
記事のページを見る
☆★青空回復、りんご園訪問中!
<ただいまリンゴ収穫中!> 昨日から、今年10回目の「森の休日」です。 朝まで雨でしたが、天気が回復しています。 朝、ブナの森で一遊びしてから、朝日町の清野リンゴ園にお招きを受け、みんなでお邪魔しています。 おいしい芋煮をいただき、今は「ぷりずむ・くぷれ」のコンサートです。風が強いので、演奏する方は大変です。 リンゴ園からは大朝日岳が一望できます! ※コメントの書き込みは下の↓Com...
記事のページを見る
☆★新しい朝が明けるように~「木星音楽団」初CD完成!
<11日の朝焼けの空> 10月に入って気温が高めの日が続いていました。しかし、昨日の朝焼けの空が天気の境目だったようで、夕方から夜にかけて寒冷前線が通過し、雨になりました。 日の出はもう6時近くになりました。5日が月の暦では「長月一日」、8日は二十四節気の「寒露」でした。 11日の夕方、弟からメールがあって、「木星音楽団」の初めてのCDが完成したとのことでした。このグループは、弟がケーナを...
記事のページを見る
☆★身近にできる自然体験活動~山形県の「森のようちえん」事業に招かれて
<活動に取り組む園児> 昨年度も依頼のあった県の「森のようちえん」の事業に、今年度も10日に、呼ばれていました。 山形市内の「はらっぱ保育園」は、西蔵王の高原に分園をもっていて、年中と年長の子どもたちは、毎日バスでこの自然豊かな分園に通ってきます。 昨年度は2回、この子どもたちと一緒に活動をしたのですが、顔を合わせてみると「あ、ヤギおじさんだ!」と覚えてくれていて、もう一目会ったときから「...
記事のページを見る
☆★美しい朝と『茶色の朝』~秘密保護法のこと
<一瞬の朝焼け> 朝の一瞬の神々しい風景。台風24号が日本海に入り、東北をうかがっていた10月9日の早朝のものです。 台風を回る大きな空気の流れが南の暖気を運び込み、ここ数日、十月とは思えないほどの気温の高さです。 美しい色彩に彩られる季節を迎えているのですが、このところ、『茶色の朝』という本のことが思い出されて、本棚から引っ張り出して再読しています。 2003年12月に第1刷が大月書店...
記事のページを見る
☆★秋の自然体験にスクールインタープリター活躍!
<本日の活動の説明中> 南陽市の幼稚園・保育園での秋の自然体験活動のシリーズが始まりました。 最初の回(4日)はMさんお一人で行っていただきましたが、8日は60名近い子どもたちが参加するということで、スクールインタープリターが4名伺いました。 幼稚園の近くの小高い山に「双松(そうしょう)公園」という場所があって、そこがこの日の会場となりました。 年中組さんはOさんやEさんと一緒に「木の実...
記事のページを見る
☆★我が子が他人の子だったら・・・~福山雅治主演『そして父になる』
<パンフレット表紙> ずっと我が子だと疑うこともなく育ててきた子どもが、実は他人の子どもだった! 赤ちゃん取り違え事件をテーマにした映画を観てきました。取り違えられた子どもを演じた二人の少年の演技が実に素晴らしかった。数日たった今でもその余韻に浸っています。 一方の子どもはエリートサラリーマンの一人っ子として育てられ、もう一方は、田舎の小さな電気屋の三人兄妹の長男として育てられました。 ...
記事のページを見る
☆★田んぼオーナーの稲刈り終了!
<予想外の青空が広がった> 田植えをしてからおよそ4か月。「葉っぱ塾の田んぼ」は6日、稲刈りを行いました。 前日に小雨の予報だったのに雨が降らなかったばかりか、この日は「曇り」の予報にもかかわらず青空が広がりました。 <稲の束ね方を学ぶ> 毎年、最初は刈ったイネの束ね方を教えていただきます。前年の稲刈りが終わるころにようやく身についたかのように思っても、一年ぶりだとなかなか思うよう...
記事のページを見る
☆★半年余りの眠りから覚めるスローな「マイ味噌」
<半年寝かせた味噌樽を明ける!> 今年3月中旬、「葉っぱ塾」では初めての企画として「マイ味噌づくり」を行いました。その時の様子はこちらをご覧ください。 「農家れすとらんなごみ庵」の菅野(かんの)さんにお願いし、ご指導をいただいたのです。その際に知ったのですが、味噌の原料となる大豆にどのようなものを使用するのかで、市場の価格が大きく違うそうです。 スーパーの棚を見てみると、同じ量のものでも、...
記事のページを見る
☆★紅葉進む朝日連峰稜線
ヒメサユリの時期以降、様々な用事が重なり、夏は全く行くことができなかった大朝日岳に、4日行ってきました。写真とその報告です。 7月の豪雨で朝日連峰に入る道がズタズタになりましたが、まだ復旧は途上です。この日の登山口である古寺鉱泉に行くには、西川町大井沢から入ることができるほか、朝日町のAsahi自然観を通り抜けて未舗装の林道をたどるしかありません。大江町柳川からの道、朝日町立木から木川ダムを通る...
記事のページを見る
☆★田んぼオーナー制度の深い意味合い
<刈り取り進む黄金色の田んぼ> 田んぼの稲刈りはもう最盛期を過ぎたようですが、「葉っぱ塾」の田んぼの稲刈りは今度の日曜日、6日です。 「田んぼオーナー」に取り組んで6回目の秋ですが、それ以前、私自身それほどコメ作りに関心があったとは言えません。 しかし、自分で植え、自分で刈り取りをしてみると、米に対する思いが、それ以前と全く異なってきました。大部分は農家の方にお願いしているわけですが、日々...
記事のページを見る
☆★友人から届いた葉祥明さんの詩集
<友人からいただいた葉祥明さんの詩集> ☆友人から素敵な本が届けられました。みなさんにもおすそ分け。 あなたがもっと 幸せになれるよう ことばの贈り物をささげます 自分をもっと楽しもう 急がず あわてず ゆっくりゆっくり 美しいものに心を向けて・・・ 果てしなく広がる空 流れる雲 そして海と大地 星や月 草花虫や小鳥 風にそよぐ木々 わたしたちは そんな美...
記事のページを見る
☆★響け!長井高校のスタィンウエイ~木曽真奈美さんを迎えて
<木曽真奈美さんを迎えてくれた後輩たち> 29日、ピアニストの木曽真奈美さんが長井においでになりました! 母校の県立長井高校にあった1923年製のスタィンウエイのピアノがリニューアルされて学校に戻ってきて10年になりますが、そのピアノを使って3年に1回、コンサートを開催してきました。その4回目が今年10月に開催されます。 この日はチラシやポスターの完成に合わせてコンサート実行委員会が開催さ...
記事のページを見る
☆★黒伏山周回ルート下見山行
<東根市内から見る黒伏山(右)と白森(左)> 9月中旬に、東根市にある黒伏山(くろぶしやま)のガイドを依頼されたので、引き受けて間をおかず、28日早朝、現地へと向かいました。 明け方まで降っていた、寒冷前線通過に伴う雨も上がり、天候はどんどん回復。しかも乾いた涼しい空気を感じながら東根市内に入ると、これから歩く山塊が見えてきました。 <黒伏山の「南壁」> 黒伏山は標高が1227mと...
記事のページを見る
☆★「わたしと憲法」シリーズ始まる~『週刊金曜日』
<米倉さんの談話記事> 定期購読している『週刊金曜日』という雑誌の2013年8月23日号から新たに、「わたしと憲法」というシリーズが始まりました。 その第1回は、俳優の米倉斉加年さんでした。1934年福岡生まれということですから、敗戦の年には11歳。いわゆる戦中派ということになります。 プロフィール写真のキャプションに、疎開先で弟を栄養失調で亡くされ、そのことを題材に『おとなになれなかっ...
記事のページを見る
☆★夏の終わりの陸前高田、東松島~浜省を聞きながら
<「希望の庭」の上に広がるさわやかな夏空> 26日は朝5時半に家を出発し、陸前高田と東松島を訪ねる長距離ドライブへ! 出発して間もなくの国道の温度計は「16℃」を示していました。エアコンなど不要の涼しさの中、浜田省吾のアルバム『JBoy』を聞きながら、快調に北へと向かいました。 明るくなってゆく空は、この夏で一番かと思わせるすっきりした青空。それは向かった陸前高田にも広がっていました。 ...
記事のページを見る
☆★色づき始めたリンゴたち~「葉っぱ塾リンゴの木オーナー」
<わずかに色づき始めた「ふじ」> 「りんご情報」をしばらくお届けしていませんでした。 「葉っぱ塾リンゴの木オーナー」の木を選んだのが5月のGWのころでした。花の咲く頃なかなか気温が上がらずに心配したのがついこの間のようです。 6月はほとんど雨が降らず、逆に7月に入って雨ばかりと、極端な気候の推移に気をもんでいましたが、リンゴたちは、元気に成長していました。 お世話になっている白鷹町の平井...
記事のページを見る
☆★雨のち霧のち風のち晴れ~月山ガイド山行報告
<霧の中での休憩> 24日、東京M旅行社の月山ツアーのガイドでした。前日は蔵王を歩き、蔵王の宿に泊まられたゲストの皆さんとは、姥沢の駐車場で午前6時過ぎに合流。 夜中から明け方まで降っていた雨は、このときは小やみになっており、雨具はつけないでの出発でした。 登山リフト運行前ですので、姥沢からずっと歩くことになりますが、この途中には月山特有の湧水が豊富で、そういうところにしか咲かないオタカラ...
記事のページを見る
☆★月山の「牛首」、雪渓縮小
<アサギマダラを見つけました!> 23日は起きてコーヒー1杯を飲んですぐに、月山へと向かいました。 週末の「葉っぱ塾」の大朝日岳を中止にしたところに、急なことでしたが、24日の月山のガイドのオッファーがありました。雪渓の様子だけでも確認しておこうと出かけたのです。 登山リフトが動くずっと前に着きましたから、姥沢の駐車場から山道を歩きました。歩き始めは小雨でしたが、雨具を着るほどではなく、間...
記事のページを見る
☆★偉大な記録支えた努力の継続
<有名になったIchmeter> 昨日の「4000本」を見るために珍しくテレビの前に座って注視していましたが、記念すべき1本は、第1打席でした! 高校野球もプロ野球も、最近はほとんど見なくなりましたが、彼のひたむきさが大好きです。 「4000本の安打を打つには、8000回以上悔しい思いをしてきた」と彼は語ったそうですが、それらを支えるための、まさに血のにじむようなトレーニングをずっと継続し...
記事のページを見る
☆★本日第2信 「森の休日2013」秋編満員迫る!
<お絵かきで遊ぶ子どもたち> 「森の休日2013」インAsahi自然観秋編 【概要】放射線量の高い地域で存分に外遊びできない子どもたちとそのご家族のために、ゆったりした「森の時間」を過ごしていただくことを目的として開催します。子どもさんたちと遊ぶスタッフも大勢参加しますので安心です。親御さんたちはのんびり骨休めしてください。全国の有志から寄せられた「葉っぱ塾ボランティア支援募金」を活用して...
記事のページを見る
☆★開花、出穂、田の草採り~葉っぱ塾の田んぼ
<8月20日の葉っぱ塾の田んぼ> 20日夕方、「葉っぱ塾の田んぼ」を訪ねてみました。前回はまだ出穂前でしたが、この日はほとんど穂が出そろっていました。 <イネの花> また、近づいてみると、小さな白いイネの花が咲いています。近くの別の農家の田んぼではすでに花の時期が過ぎ、穂が垂れ始めているところもありますが、「晩成型」の「葉っぱ塾の田んぼ」は、いつものように遅めに育っています。 ただ...
記事のページを見る
☆★【拡散希望】音の宝箱~木星音楽団東京文化会館公演
<木星音楽団10月コンサートのチラシ> 弟でケーナ奏者の八木倫明(やぎりんめい)が、デュオ・ケーナルパとは別のユニットでも活動を始めていますが、その一つ、「木星音楽団」の演奏会が10月17日(木)午後7時から、東京文化会館小ホールで開催されます。 「木星音楽団」なんて、きっと聞いたことはないと思います。テレビに出たわけでもなく、まだCDも販売されていません(現在制作中!)。 楽器の編成が、...
記事のページを見る
☆★福島の保育園に水を運ぶ
<福島の保育園に運んだ水> 世の中ではお盆の休暇が終わり、残暑の中での日常の活動が始まったようです。 早朝、福島にミネラル・ウォーターを運びました。「南陽市豪雨災害ボラセン」に差し入れられていたものを、事情をお話しして分けていただいて保管していたものです。 「森の休日」に参加くださったお子さんが通うこの保育園は、福島市の西部にあり、市内でも比較的線量が低かったところです。それでも、外遊びや...
記事のページを見る
☆★一編の詩がぼくにくれたやさしい時間
<水内さんから届いた2冊の詩集> 私は詩人ではありませんが、詩を読むのは大好きです。 世の中にはたくさんの詩があるわけですが、「素晴らしい!」と思える詩に出会うのは、そう簡単なことではありません。 しかし、水内喜久雄さんのお仕事は、多くの人々に素晴らしい詩と出会う機会を提供していることになるのではないでしょうか。 世の中にあふれているたくさんの詩の中から、水内さんが「これは!」と感じられ...
記事のページを見る
☆★父の米寿の祝い
<涼しげな色のアサガオ~なごみ庵で> 1925(大正14)年生まれの父は、今年で満88歳。本来であれば昨年にするべきだった「米寿」の祝いを、子どもたちの提案で、昨日行いました。 何度もお邪魔している「なごみ庵」に昼食の宴席をお願いしていました。 昼前に着いた「なごみ庵」の軒下に、涼しげな青い色のアサガオが咲いていました。 <簾越しに見るなごみ庵の庭> 大阪に住む長男は参加できませ...
記事のページを見る
☆★鍵を探しに長井葉山へ
<日の出は5時少し前> 日の出の時刻がもう5時に近づいているのですね。日中の猛暑は容赦がありませんが、朝晩はかなり涼しくなっています。 16日は、長井葉山に向かいました。前回は7月20日。勧進代の方々の山道の刈り払い作業に同行したのですが、そのときに車の鍵を落としてしまったのです。 今はスペアキーで対応しているのですが、「落としたとすれば、鉾立清水で」という思いがあって、それを探しがてら、...
記事のページを見る
☆★長井葉山の麓に残る豪雨の爪あと
<土砂で埋まったスギの植林地> 同級生のNさんから長井葉山の麓が先月の豪雨でかなりひどい状況になっていると聞いていました。15日早朝、大鮎貝沢の様子を見てきました。 ここは毎年5月、「季節の山菜を味わうハイキング」を実施しているところです。広域農道から500mぐらいは何とか車が入ることができました。整備のための車や重機が入っている形跡もあり、それで何とか通行できたのだと思います。 入ってま...
記事のページを見る
☆★8月15日、「平和」への思いあらたに
<ホウノキに群がるアブラゼミ> 8月15日です。第二次世界大戦に無条件降伏し、敗戦国となって68年がたちます。8月はこの他にも、6日が広島の、9日が長崎の、それぞれ原爆の日です。 8月7日の新聞に、広島の平和祈念式典での首相あいさつと広島市長の平和宣言の全文が掲載されていましたが、どうみても官僚の作文としか思えない前者に比べ、市長の宣言文は重さを感じます。 「世界の為政者のみなさん、いつま...
記事のページを見る
☆★本日第2信 南陽市で「スクールインタープリター養成講座」開催!
<今月4日、山形大学会場での講座風景> 8月4日の山形大学会場に続き、9月8日に南陽市で「スクールインタープリター養成講座」を開催いたします。お申し込みをお待ちしています。 スクール・インタープリター養成入門講座in山形2013 (環境省・文部科学省登録講座) 2009年以来山形県内で毎年開催している「(社)IPNET-Jスクール・インタープリター養成入門講座」を、今年も開催すること...
記事のページを見る
☆★「縄文の女神」に「昆虫展」~お盆は長井が面白い!
<タイムトンネルで縄文の世界へ!> 「森の休日」に参加くださったご縁で交流が続いている伊達市在住のSさんご家族が、長井市が企画した「田舎暮らし体験」に応募され、11日から3日間滞在していました。 「森の休日」の若いスタッフたちが何人か、子どもたちの遊び相手をつとめてくださっていましたが、最終日は私も午前中だけお付き合いしました。 <国宝「縄文の女神」(レプリカ)> 市内草岡にある「...
記事のページを見る